「機内持ち込み」に最適なおすすめスーツケース

最近はどこのエアラインは、機内持ち込みのスーツケースに関して厳格な規定を設けています。高さ・幅・奥行きのサイズや重量をチェックイン時にしっかりと確認するというエアラインも少なくありません。

今回は、規定をクリアし、かつ使いやすくて見た目もgoodな8つのスーツケースをピックアップしてみました。スーツケース選びの参考にどうぞ。

<Index>

セレブにも大人気!リモワのサルサエアー

サルサエアー

世界中にファンを持つリモワのサルサエアー


スーツケースのトップブランドといっても差し支えないのがリモワ。セレブを始め、リモワを持つと旅行気分が上がるという固定ファンが多いブランドです。

色バリエーション

色バリエーションも美しい


人気の要因は、リモアが世界で初めてスーツケースに採用したなポリカーボネート素材による軽量さや丈夫さ、スムーズな回転のキャスター、さらに品の良い洗練されたカラーリングでしょう。

ネットポケット

両面にファスナー開閉式のネットポケット付き


機内持ち込みサイズでオススメなのは、リモワのシリーズの中で一番軽い「サルサエアー」。このシリーズの「ウルトラライトキャビン マルチホイール」なら、サイズは高さ55cm x 幅40 x 奥行き20 cmで、重量は1.9 kgながら、容量は33リットルを確保しています。2kgを切ると、手に持ったときの軽さが違いますよ。

2017年には、燃えるような赤( ガーズレッド)がラインナップに加わりました。このスーツケースを持てば、空港内でもさっそうと歩けそう!?


サムソナイト史上最軽量の72H スピナー55

軽さを求めるなら、サムソナイトの「72H(セブンティツーエイチ)スピナー55」もオススメです。

サムソナイト

サムソナイト史上最軽量の軽量1.6kg


シリーズ名の「72 H」とは72時間、つまり、24時間×3日のこと。「2泊3日の旅」をコンセプトに、サムソナイト史上最軽量のソフトキャリーがラインアップされています。

クイックサイドアクセスポケット

すぐに中身を取り出せるクイックサイドアクセスポケット


サイズは、35.5cm×55cm×23cmで、容量は37リットル、それでいて重さは1.6kgしかありません。無駄のないシンプルなデザインなので、誰でも使いやすい。汎用性が広いスーツケースです。


わずか1.5kgの軽量を実現したデルセーダーフィン

約1.5kg

約1.5kgの重さしかないソフトキャリー


機内持ち込みサイズで1.5kgという世界でもトップクラスの軽量を実現しているスーツケースもあります。サンコー鞄の「デルセーダーフィンDDAS-57」です。

約1.5kg

軽くても強度は確保


持つと実感しますが、この軽さは驚異的。特殊な生地を使用しているので、強度はしっかりと確保されています。色はレッド、カーキ、ブラックの3色。やや地味に見えますが、質実剛健のスグレモノです。

一度この軽さに慣れてしまうと、もうほかのスーツケースは持てなくなるかも。一度、売り場で持ってみることをオススメします。

スタイリッシュなハードケース、プロテカ マックスパス H2s

機内持ち込みのスーツケースも、やっぱりハードケースの方がいい。そんな方は、エースの「プロテカ マックスパス H2s」を検討してみてはいかがでしょう。

40リットルの収容量

機内持ち込みサイズで40リットルの収容量を実現


重量こそ3.3 kgありますが、容量が最大級の40リットルもあるので、重さがあまりない洋服などの荷物ならたくさん詰められそうです。
フロントオープンポケット

出し入れに便利なフロントオープンポケット


キズが目立ちにくいシボ加工のボディもクールです。出し入れに便利なフロントオープンポケット、長時間使用しても疲れにくいプルドライブハンドル、滑りやすくて音も静かなキャスターなど、使いやすく便利な機能も盛り沢山。

ベア論ホイール

独自開発のベアロンホイールで走行滑らか


ガンメタリックやワイン、シルバーなど5色のバリエーションはどれもスタイリッシュで、都会的な印象のスーツケースです。

軽くて優しい色合いのプロテカ ラグーナライト Fs

ラグーナライトF

ふわっと軽いラグーナライトF


女性なら、同じエースから発売されている「プロテカ ラグーナライト Fs」も選択肢の1つ。

上品な内装

シンプルで使いやすい上品な内装


機内持ち込みサイズで重さ2.4kg、容量は35リットル。ハードケースでこの重さ、この容量ならじゅうぶんです。

四輪キャスター

安定性と静音性に優れた四輪キャスター


特筆したいのがカラーリングの美しさ。インペリアルグレー、マーメイドピンク、ピーコックブルーの3色ともに繊細で優しい色合いが目を引きます。

内装デザインも上品。先に紹介した「プロテカ マックスパス H2s」同様、多彩な機能を備えていて、使いやすさについては申し分なし。長く使えそうなスーツケースです。

旅行しながら充電してみる!?  TRAVEL SOLAR 

ソーラーシート

太陽光発電ソーラーシートを搭載したスーツケース


旅行にスマホやPCが欠かせなくなった時代。気になるのがバッテリー切れですが、その点、世界で初めてソーラー発電機能のついた「T&S TRAVEL SOLAR トラベルソーラー」なら安心です。

このスーツケースはソーラーシートを搭載しているので、モバイルバッテリーへの充電も楽に行えます。つまり、太陽が顔を出していればどこでも発電可能ということ。モバイルバッテリーをUSBマイクロコネクタに接続すれば、移動中でも充電ができます。
ポケット

ビジネスマンに使いやすい仕様のポケット


14インチノートPCやファイル、資料や筆記用具、小物関係などが収納できるフロントオープンポケットも便利でしょう。
内側

外観、内側ともにデザイン性も高い


サイズは52cm×39.5cm×23.5cm。容量は40リットル。重量は4.0kgとちょっと重くなりますが、ユニークなスーツケースがほしいという方にはオススメですよ。

雨に強いスーツケースならウォーターゼロ

防水性

防水性の高いスーツケース


旅行中に雨が降るといやですよね。行動範囲が狭くなるし、スーツケースを引いて道を歩くのもおっくうです。スーツケース内部に水が染み込むのも困りもの。

もし雨が多い場所や雨が多い季節に旅行を計画しているなら、水の侵入を抑える止水ファスナーを採用して防水性を高めているアジア・ラゲージの「ウォーターゼロ WTZ-1533K」を考えてみてはいかが?

このスーツケースには実用新案を取得した「ドレンシステム」が搭載されているので、スーツケースから入ってきた水は中の荷物には行かず、本体下部より抜ける仕組みになっています。
走行性

計8輪のダブルホイールで走行は楽々


走行性が高いのも、このスーツケースのアドバンテージ。計8輪で支えるダブルホイールなので、段差が多い場所でも安定して走行できます。

サイズは、54.5cm×36cm×24.5cm。重さは2.9kgで、収容量は39リットルあります。マットなボディデザインも格好いい。超現代的なスーツケースではないでしょうか。

LCCでも問題なし サンコー SKYMAX-S

LCC対応

LCCでも問題なく持ち込めるサイズ


最後にオススメするのは、サイズや重量に厳格なLCC向けの機内持ち込みサイズのスーツケース。サンコー鞄の「サンコー LCC機内持ち込み SKYMAX-S」です。

重さは2.3kg。容量が約21L。サイズは、45cm×34cm×20cm。全部合計しても99cmしかありません。これなら、LCCでも座席が100席以下しかない短距離路線でも安心ですね。
コインロッカーもOK

300円のコインロッカーにも入ります


また、このスーツケースの良い点は、コインロッカーにも入れられること。300円のコインロッカーに普通に入る大きさなのです。
密閉内部

完全に密閉できる内部


内部もよくできています。完全に密閉できるフルラウンドジップ内装膜を採用しているので、隙間から荷物がこぼれるという心配がありません。キャスターも静か。サイズ問題でヒヤヒヤしたくないという方は、こうした小さいながらも多彩な機能を備えたスーツケースを選ぶといいでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。