キッチンをリフォームするときには、お掃除をラクにしたい、収納を増やしたいなど実用的なご要望が多いのですが、せっかくなら料理をもっと楽しめる空間をつくりませんか? 今回は、毎日の料理が楽しくなるキッチンづくりのポイントをご紹介しましょう。

キッチンプランは「料理の楽しみ方」で選ぶ

主なキッチンプランには、ダイニングとの間に間仕切りがないオープンプランと、壁や収納棚で仕切る独立プランがあります。

料理は家族や来客と会話をしながら、または一緒に楽しみたいという方には、オープンプランをおすすめします。料理から片付けまで全てを共有できるので、日々の暮らしの中で食や料理を中心とした楽しい時間を過ごすことができますし、思い出をつくりやすくなります。
オープンプランでカウンターの奥行があるキッチン

 

オープンプランでカウンターの奥行があるキッチン

オープンプランでカウンターの奥行があるキッチンは、キッチンを大勢で囲みながら一緒に料理を楽しめます。


一方、料理は一人でじっくり楽しみたいという方は、独立プランがよいでしょう。車好きな方がガレージルームをつくるように、キッチンを「料理を楽しむための趣味空間」としてつくれば、周囲や時間を気にせずにゆっくり楽しめますね。
独立プランのキッチン

 

独立プランのキッチン

集中しやすい独立プランは、料理を一人でじっくり楽しみたい方におすすめ。背面に収納や家電をまとめておけば、料理も片付けも手際よく進められます。


ただし、プランを選ぶ際には、家族の生活スタイルを考慮に入れることも大切です。

例えば、3世代同居など家族が多いご家庭でいつも誰かがリビングでテレビを見ている場合、オープンキッチンで作業をされると調理の音が聞こえたりして落ち着いて過ごせないこともあるでしょう。このようなご家庭は、独立プランの方が料理を好きな時間に楽しみやすくなります。

または、今は奥様だけが料理をしているけれど、定年退職後はご主人も料理を楽しみたいと考えている場合は、複数人が使いやすくキッチン内の状況がダイニングからわかりやすいオープンプランの方がよいと思います。
ご夫婦で料理を楽しむ

定年退職後に料理をしたいと考える男性は多いそう。家族のライフスタイルや希望も考慮してキッチンプランを選びましょう。


よくつくる料理の種類で、カウンターとシンクのサイズを決めて

カウンターやシンクのサイズを選ぶときには、よくつくる料理やこれから楽しみたい料理の種類を意識しましょう。

以前担当したお客様から、「キッチンでパンやパイづくりを楽しみたいから、できるだけ広いカウンターにしたい」というご要望がありました。生地をのばしやすいように、粉が飛び散るのを気にしなくてもいいように、成形したパンを並べられるようにということで、奥行が1m程度ある広めのカウンターをご提案し、採用されました。

「そば打ち」が趣味という方も、できるだけ広く奥行のあるカウンターの方が存分に楽しめそうですね。
広々とした奥行1010mmのカウンター。シンクの向こう側も十分広く、料理中の食材や調理器具を無理なく並べられます。

広々とした奥行1010mmのカウンター。シンクの向こう側も十分広く、料理中の食材や調理器具を無理なく並べられます。


釣りが趣味という方には、シンクの中で魚の下処理がしやすいように、大きいサイズのシンクをおすすめします。今は、様々なサイズや形状のシンクがあるので、カタログやショールームでチェックして選ぶとよいでしょう。
奥までシンク

 

奥までシンク

魚の下処理がしやすく、大きな調理器具もたくさん置ける、奥行54cm・幅79cmの「奥までシンク」。洗剤カゴを前壁に設置すれば、さらに広々と使えるようになります。


キッチンの収納はゆとりをもった計画に

料理が趣味でつくるのが大好き!という方は、調味料や調理器具、食器、買い置き食材など、料理に関する持ち物の量が多くなりがちです。ただ、家族の人数やよくつくる料理の種類により、持ち物の種類は大きく異なります。

例えば、家族の人数が多いご家庭は大きい鍋やフライパンを複数お持ちですし、パンやお菓子をよくつくる方は型や口金など細かい物をたくさん持っています。このような”わが家の持ち物の特徴“を踏まえて収納計画を立てると、物が入らない・あふれてしまうという失敗は防げるようになります。
パンこね台

お菓子をよくつくる方は、小さな調理器具も多いはず。サイズに合わせた収納で、使い勝手のよい収納を目指しましょう。


料理が楽しくなってくるとレシピが増え、よくつくる料理が変わる可能性もあるでしょう。持ち物が増えることを想定し、収納にはゆとりと可変性を持たせておきたいものです。

たくさんの物を片付ける場合には、どこに何があるのかが分かりやすい、全体を見渡せる収納が向いています。

キッチンまわりのスペースに余裕があれば、パントリーを設けるとよいと思います。パントリー内にカウンターを造作して椅子を置けば、家計簿をつける、パソコンを置いてレシピ検索をするなど、ちょっとしたワークコーナーとしても使えます。

調理中はパントリーのドアは無い方が使いやすいので、ダイニングやリビングから中が見えないように、視線が届かない位置に出入口を配したり、開けっ放しでも邪魔にならない引戸を設けましょう。

それほどスペースに余裕がない場合、背面収納などを壁一面の全面収納にすることをおすすめします。棚板を動かせるタイプなら、しまいたい物のサイズ・量に合わせて変更できるので、より使いやすい収納がつくれます。前面には扉がない方が物の出し入れはしやすいのですが、丸見えになるのが嫌なら、開けると中の物を全て把握できる引戸を設けるとよいと思います。
引戸収納

 

引戸収納

大容量の収納力があり、棚板の位置を変えられる引戸収納。ガラス扉の引戸は、中の物を目隠ししつつ、明るく軽やかな印象を与えます。


料理をもっと楽しめる設備機器は?

料理が好きな方は、ビルトインオーブンやコンロなどの加熱調理機をこだわって選ぶケースが多いです。これから料理を楽しみたいと考えるなら、ぜひ参考にしましょう。

●ビルトインオーブン
ご要望が多いビルトインオーブンは、基本的にコンロの下に組み込みます。コンロ下は鍋を入れる大型の引き出しにするケースが多いのですが、オーブンがあるとそこは収納として使えなくなります。取り入れたい方は鍋の収納場所をあらかじめ計画しておきましょう。

●コンロ
コンロは、グリルの幅サイズが大きく、調理機能も充実しているタイプが主流です。近頃は、グリルのサイズにぴったり合うダッチオーブンを、オプションで追加購入できる商品も登場しています。
ワイドグリル

幅が広いグリル付きのIHヒーター。サンマなら5匹同時に焼け、高いグリルの壁が調理中の油の飛び跳ねをガードして庫内の汚れを防ぎます。


●ビルトイン浄水器
ビルトイン浄水器も、こだわって選ばれる方が多い設備機器です。

宅配のウォーターサーバーやペットボトル水を使用されている方が増えていますが、キッチン内に置くと邪魔ですしペットボトルのゴミ出しも大変だと思います。リフォームを機にビルトイン浄水器にすれば、これらは解消できます。浄水をさらに電解する整水器を選べば、メニューや用途に合わせて水を変えられるので、料理のお味がさらに引き立つようになります。
整水器

カートリッジでろ過された浄水を「アルカリ性の水」と「酸性水」に分ける、料理用整水器。目的に合わせて水を選べば、もっと“料理上手”になれるはず!


●食器洗い乾燥機
料理好きの方はリフォーム時に食器洗い乾燥機を取り入れるご家庭が多いのですが、国産メーカーの「パナソニック」や「リンナイ」などの他にも、大容量で一度にたくさんの食器や鍋が洗浄できる外国製品「ミーレ」などをビルトインしたいというご要望もあります。

多くのシステムキッチンでは、ビルトイン可能な食器洗い乾燥機メーカーが限られています。特に外国製品を検討している方は早めに情報収集しておきたいですね。

長い時間を快適にキッチンで過ごす工夫も忘れずに

料理を楽しみ始めると、キッチンにいる時間は長くなるはずです。リフォーム時には、キッチン空間の快適性を高めることを意識しておきましょう。

今のキッチンが寒い北側や西日が強い西側にあるなら、南や東側に移動するだけで快適に感じられるようになると思います。

キッチン空間の室温をイメージすることも大事です。オープンプランなら、ダイニング・リビングにあるエアコンの空調がキッチンまで届くか、独立プランならキッチンにもエアコンが必要か、事前に検討しましょう。

長く過ごす場所なら、扉やシンクは好きな色を選びお気に入りの食器や調理器具は見せて収納するなど、キッチンを自分の好みの空間にまとめることをおすすめします。床や壁とのコーディネートを多少意識する必要はありますが、基本的には自分の好みを優先で決めた方が、“いるだけで楽しい空間”がつくりやすくなります。

今回ご紹介したポイントを参照に、快適かつ自分好みの空間をつくり、毎日の料理をもっと楽しめるようなキッチンを手に入れてください。
トクラスキッチン「Berry」

 

トクラスキッチン「Berry」

トクラスキッチン「Berry」は、鏡面塗装扉114色や天然木の塗装扉など全153色をラインナップ。自分好みの色が必ず見つかるキッチンです。


【関連情報】
ショールーム活用のコツ
トクラス 全国ショールーム一覧

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。