今、スポーツミックスが熱い

“スポーツミックス” スタイルの人気が続いています。最近の大きな潮流として、快適で着心地が良く、リラックスして着られるアイテムが支持を得ていますが、スポーティなアイテムはまさにそんなトレンドに合致。スポーツ系アイテムをコーディネートに取り入れるミックススタイルが人気なのも当然と言えば当然です。

ただし、闇雲にミックスすれば良いというわけではありません。ヨガパンツを取り入れる着こなしが代表的な “アスレジャー” は、モデル体型の女性なら似合いますが、そうではない体型の人や男性にとってはかなりハードルの高い着こなしです。

また、いかにもスポーツ専用というアイテムを選んでしまうと、本気で運動をする時のような印象になってしまったり、カジュアル過ぎる印象になってしまったりことも少なくありません。

つまり、アイテム選びが重要なポイント。そこで今回は、比較的スタイリングに取り入れやすく、幅広いスタイルに対応し、簡単に大人っぽくまとまる “いま買うべき” スポーツ系アイテムを紹介します。

シンプルなコーチジャケット

Champion

〈チャンピオン〉コーチジャケット


NIKE

〈ナイキ〉コーチジャケット


今シーズンのトレンドアイテムとなっているのがコーチジャケット。もともとはアメリカンフットボールのコーチが着用していたアウターが起源と言われています。その後、ストリートスタイルのアイテムをとして人気を集めたわけですが、今季はストリートテイストが復権していることもあって旬なアイテムとなっています。

大人っぽく着こなすなら、ストリート系ブランドではなく、スポーツブランドのコーチジャケットを選ぶのが大切なポイント。無地やワンポイントといったシンプルなデザインを選ぶと落ち着いた雰囲気にまとまります。

また、撥水性の高い素材を使ったアイテムも多いので、梅雨時のアウターとしても重宝します。

軽快なマウンテンジャケット

THE NORTH FACE

〈ザ・ノース・フェイス〉ベンチャージャケット


Columbia

〈コロンビア〉ストームジャケット


コーチジャケットと同じように雨除けとしても使用でき、悪天候に強いという面ではいっそう頼りになるのがマウンテンジャケット。トレッキングはアウトドアスポーツなので、そのためのジャケットはスポーツ系アイテムという分類になります。

アウトドアテイストの強いマウンテンパーカよりもシンプルかつ軽めの作りというイメージで、敢えてマウンテン“ジャケット”としています。

機能面とコストパフォーマンスを考えると、本格派アウドドアブランドからシンプルなデザインを探し出すのが得策です。

スリムなスウェットパンツ

WEGO

〈ウィゴー〉スウェットジョガーパンツ


Champion

〈チャンピオン〉スウェットパンツ


ルームウェアとしても定着しているスウェットパンツですが、アメリカで軍学校の訓練用ウェアとして生まれ、その後に一般の学校でもトレーニング用などとして広まりました。つまり、出自はスポーツ用のパンツです。

ちなみに生地の “スウェット” はもともと “汗” という意味で、吸汗性が高いのも納得。伸縮性も高いので着用感は気持ち良く、アクティブに活動したい日に向いています。

王道カラーはヘザーグレー (霜降りグレー)。グレーのスラックスのように、どんなトップスにも似合います。もちろん、ブラックやネイビーといった定番カラーも汎用性は抜群です。

ラフになり過ぎないよう、スリムなシルエットを選べば、こなれたスポーツミックススタイルのベースとなってくれます。

モノトーンの撥水スニーカー

NEW BALANCE

〈ニューバランス〉ゴアテックス スニーカー「MW880 GD2 GI2」


THE NORTH FACE

〈ザ・ノース・フェイス〉ヌプシ トランクション ライト モック


スポーツミックスが定着した大きな要因と考えられるのがスニーカーのブーム。デザインや素材、カラーなどが豊富なスニーカーは、個性を投影することができるアイテムの代表格です。

そしてこの時期にお勧めしたいのは、雨に強いタイプ。撥水素材、ウォータープルーフ加工、防水仕様などを採用したスニーカーは雨の日でも大活躍してくれます。

グリップ性に優れたタイプが多いので濡れた路面でも滑りにくく、レインブーツよりも軽量なので活用しない手はありません。

また、モノトーンさえ選べばコーディネートしやすくて便利。普段のコーディネートにも合いやすく、大人っぽいスポーツミックススタイルが簡単に築けます。

【関連記事】
・次の人気はこれ!エラスティックスニーカーの魅力とは
・クールビズのポロシャツ着こなしマナー、どこまでOKか
・アスレジャー、ユニクロの新業態UNIQLO MOVEで進撃か


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。