ボーナスの預け方を考えよう

ボーナスで活用したい確実な預金方法とは?」では、キャンペーンをうまく活用しましょう、と解説しました。金利の高い定期預金の一例を記載しました。

しかしながら、現状の金利は定期預金でもせいぜい年0.1~0.3%前後。これではほとんど増えないのが実態です。何もしないよりはこうした定期預金で着実にいくほうがよいといえますが、もう少し面白味のある預金はないのでしょうか。そこで、楽しみながら預金できる方法を紹介していきたいと思います。
宝くじ

宝くじ付き預金で一攫千金


宝くじで億万長者!?

例えば、スルガ銀行では、「ジャンボ宝くじ付き定期預金」を取り扱っています。この預金では、預入金額に応じてその時々のジャンボ宝くじが何枚かもらえます。仮に300万円を1年間預金すると、サマージャンボ10枚、年末ジャンボ10枚、ドリームジャンボ10枚、合計で90枚を年間に受け取ることができます。

この宝くじですが、日本一の人気売り場といわれる「西銀座チャンスセンター」で購入され、福徳の神が祭られている三嶋大社に発売日当日に当選祈願されたものだそうです。預入期間は3年、取扱開始の1999年以降、この預金から出た億万長者は11名。10万円以上の当選者は1850名(2018年5月31日時点、スルガ銀行ホームページより)。なんとも夢のある預金ではありませんか。利息がほとんどつかないならば、こうした夢を追い求めるのも悪くありません。インターネット支店で預金可能となっています。

なお、宝くじ付きの定期預金は、静岡銀行,京葉銀行,池田泉州銀行、大阪シティ信用金庫、もみじ銀行,香川銀行、芝信用金庫、中京銀行などでも取り扱っています。

参考:スルガ銀行「ジャンボ宝くじ付き定期預金」

スポーツ応援定期預金を利用する

スポーツチームを応援しながら金利アップを狙いたい方には、スポーツ応援定期預金がお勧めです。その時々によって各金融機関から発売されるため、ここでは一例として、広島県信用組合の「サンフレッチェ広島応援定期預金」をもとに解説します。

サンフレッチェ広島応援定期預金では、チームの順位に応じて適用利率が変わります。2018年の場合、優勝すれば年0.50%(組合員でない方は年0.45%)の利息が適用されます。仮に8位以下であっても年0.10%(組合員でない方は年0.05%)の利息が適用されます。預入期間は1年間、10万円以上1000万円以内を預入金額とします。抽選で当たるプレゼントなどもありますし、この定期預金の総契約額の0.005%相当額がサンフレッチェ広島にチーム強化費として寄贈されます。期間は2018年9月11日までの取り扱いとなります。

応援もできて、しかも金利も上がるかもしれない。プレゼントも当たるかもしれない。こうした定期預金に預けるのも、使い道のないボーナスの預け先としてはよいかもしれませんよ。

参考:広島県信用組合「サンフレッチェ広島応援定期預金」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。