「初期対応」の当日対応可能な時間帯をチェック!

各保険会社の事故対応を評価するうえで重要であり、かつ違いがハッキリわかるものに「初期対応」の時間帯があります。初期対応として多くの保険会社が挙げているのは、事故の相手への連絡、修理工場への連絡、医療機関への連絡、代車の手配などです。事故受付はどの保険会社も24時間365日対応ですが、初期対応はほとんどの保険会社で当日対応を行う時間帯が設けられており、設定された時間帯以降になると初期対応が翌日に持ち越されます。

では、各保険会社の初期対応の対応時間はどうなっているのでしょうか? ホームページに記載されている当日対応が可能な時間帯を下の表にまとめました。
出所:各損害保険会社ホームページより(2017年5月23日確認)。クリックすると拡大されます

出所:各損害保険会社ホームページより(2017年5月23日確認)。クリックすると拡大されます


ダイレクト自動車保険では、たとえば20:00までに事故受付が完了した場合、その日のうちに初期対応を行うというように、即日対応を約束している保険会社が多くなっています。代理店型自動車保険では、夜間・休日も初期対応を実施するとしていても、当日対応を行う時間帯を明確にしていない保険会社が意外と多く存在するのがわかります。ダイレクト自動車保険と代理店型自動車保険という分類ではなく、個々の保険会社による違いをしっかり比較する必要があるでしょう。
 

代理店型自動車保険であれば、担当者が現場に来てくれる?

ほとんどの保険会社は、応急作業や修理工場へのレッカーけん引などのロードサービスが必要な場合、ロードサービスのスタッフが24時間対応で現場に急行してくれます。また、ごく一部の保険会社に限られますが、提携先警備会社の隊員が事故現場に駆けつけてくれるサービスを提供しているところもあります。しかし、事故が起こったとき「契約している保険会社の社員が事故現場に来てくれる」と思っていたら、それは勘違い。代理店型自動車保険であっても、保険会社の社員が現場に駆けつけることは通常ありません。

代理店型自動車保険に加入しているのであれば、保険代理店の担当者が事故現場に来てくれることもあるかもしれませんが、保険会社として約束しているサービスではなく、常に期待できることではないと理解しておいたほうがいいでしょう。
 

保険会社ごとの違いをしっかり把握しよう

自動車保険を提供する各保険会社は、事故対応においても様々な改善や新しいサービスの提供を行っています。代理店型とダイレクト自動車保険という四角四面の枠組みで判断せず、保険会社ごとの違いをしっかり把握することが納得できる保険選びにつながるでしょう。
※本件ガイドが提供する記事は、特定の保険商品の募集を目的としたものではありません。また、掲載される情報の著作権は株式会社オールアバウトが有し、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されています。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※2022/8/1~2022/8/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。