機内に持ち込むと便利なもの

乾燥した機内に長時間いると、どうしても咽を痛めたり、乾燥肌に悩まされる人が多いようです。「長距離フライトではマスクは必需品」という意見は、旅慣れた人に少なくありません。女性の場合は多くが化粧水をバッグに入れているようですが、2007年3月からは100ミリリットルを超える液体物の機内への持ち込みが禁止されていますので、注意してください。液体物を機内に持ち込みたい場合は、100ミリリットル以下の容器に移し、ジッパーの付いた透明プラスチック袋に入れることが義務づけられています。コンタクト使用者や目が弱い人は、普段から使い慣れた目薬を用意しておくといいでしょう。

また、以前ヨーロッパに向かう機内でインタビューした中に、アロマオイルを持ち込んでシーンに応じて使い分けているという人がいました。参考になるかもしれませんので、以下に話を付記しておきます。

「フライト中、空気が乾いてくると、鼻炎の症状に悩まされる人がいます。そういう場合はユーカリが効果的ですね。眠りたくてもなかなか眠りにつけないときはラベンダーなどがいい。機内で配られるおしぼりにほんの数滴をたらし、それを広げて顔を覆ってやると、ずいぶんラクになります。あまり量を多く使うと、香りが周囲にも拡がってしまうので注意が必要ですが」

みなさんも、ぜひ試してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。