リサイクルショップの活用は、お財布にも地球にも優しいです。というのも、不用品をゴミに出さずに済むうえにお金がもらえ、掘り出し物を安く手に入れられるから。今回はいろんなものが揃っている総合リサイクルショップへの賢い売り方、賢い買い方をお伝えします。


リサイクルショップを使うメリット

リサイクルショップには、こんなメリットがあります。

○お財布へのメリット
shopping

リサイクルショップではお財布に優しい、お得な買い物ができます。

リサイクルショップで売られているものは新品の時に比べ、かなり安くなっています。ショップで修理、お店によってはクリーニングまでしているものがあるので、使い心地も問題なし。掘り出し物もたくさんあります。リサイクルショップは、お財布に優しい、お得な買い物ができる場なのです。


○地球へのメリット

reuse

REUSEは、リサイクルの前にすべき、大切なエコ活動です。

リサイクルショップでものを買って使うことは、ゴミを出さないことにつながるリユース(再利用)なので、地球に優しいです。ベア・ジョンソン著、服部雄一郎訳『ゼロ・ウェイスト・ホーム ごみを出さないシンプルな暮らし』という本には、リサイクルショップで洋服を買うメリットについてこんなことが書いてあります。

 

いちばん環境にやさしい製品は、言うまでもなく「既にあるもの」です。環境によいという謳い文句に乗せられて新しい製品を買うまでに、まずはリユースすること。
私に言わせれば、いわゆる環境配慮型の商品は、既に作られたものをすべて使いきり、着古してしまったとき、初めてよい選択肢となるのです。
自分の不要なもの誰かに渡す、そして、誰かが不要になったものを使い続ける。その中継地点となる場が、リサイクルショップなのです。


総合リサイクルショップとは

リサイクルショップ、と一言に言っても様々な形態があります。今回は、中でも総合リサイクルショップと呼ばれるお店を紹介します。

総合リサイクルショップとは、古着、アウトドア用品、スポーツ用品、子育て用品、家具、インテリアグッズ、家電、楽器、おもちゃなど様々な中古品を扱うお店です。

国内で代表的なのはオフハウスセカンドストリートWonderGOOトレジャーファクトリーなど。ガイドが住んでいる地域の近くにはオフハウス、セカンドストリート、WonderGOOがあるのですが、それぞれのお店の得意分野を自分なりに考え、欲しいものに応じて最初に行くお店を変えています。
2nd

セカンドストリートのウェブサイト。ネットショップもあります。

offhouse

オフハウスのウェブサイト。こちらもネットショップがあります。


次は売り方、買い方のコツをご紹介します。


売り方のコツ

リサイクルショップにモノを売るのは、慣れれば簡単です。

  1. 最初に家の中の不用品を1つのバッグに集めます。この際、洗濯したり、拭き取ったりして、最低限の汚れはとっておきましょう。
  2. 不用品を入れたバッグをリサイクルショップの買取カウンターに持って行き、紙に自分の名前や連絡先を書きます。リサイクルショップの店員さんが査定している間は、店内を見て回ったり、お店によっては店の外に出られます。
  3. 買取カウンターから呼ばれたら、提示されたそれぞれのものの値段を確認。買い取ってもらいたいものを選びます。買い取ってもらう際には運転免許証やパスポートの提示が必要になるので、お忘れなく。

「こんなもの、買ってもらえるのかな?」というものでも意外と買い取ってもらえます。ガイドが今までに売ったものとだいたいの価格を下記にご紹介します。

・3年ほど使ったカリモクの本棚(1000円)&3年ほど使った食器棚(1000円)
オフハウスの方に電話予約し、自宅まで来ていただいて査定をしていただき、その場で買い取っていただく出張査定を利用しました。ゴミにせずに済んだのでよかったです。

・ギター(3000円ほど)
大学時代に友人から譲り受けたギター。友人宅でも誰も弾いていなかったそうなのですが、ガイドも挑戦したものの挫折。ただのオブジェになっていたのでWonderGOOで売ったら「良いメーカーのものだったので」と思っていたより高値で買い取ってもらえました。

・5年ほど使ったベビーカー(1000円ほど)
国内メーカーのものでおそらく2万円ほどだったと思うのですが、2人の子どもたちの赤ちゃん~4歳ごろまで使った年季の入ったベビーカーでした。でもニーズが高いから、ということでWonderGOOでこの値段で買い取っていただけました。

・服
服は売るものとしては定番です。ガイドは2~3か月に1回クローゼットを確認して不要な服を売りに行っています。服の状態をしっかりチェックされるので、そんなに高くは売れない印象です。少しでも高く売りたい場合は、その時期に求められるこれからの季節ものの衣服を選んだり、リサイクルショップで買取強化時期に買い取り額10%アップなどのキャンペーンを実施するので、その時を狙いましょう。

なお、ガイドの今までの経験では、アウトドアメーカーの服やリュック、有名ブランドの定番の服(例:ラコステのポロシャツ)などは比較的高く買い取っていただける感触です。

なお、ガイドはよくセカンドストリートに売りに行くのですが、ここでは「エコ買取」というサービスがあり、もう店頭では売れないような服も1円で買い取り、リサイクルに出してくださるので、とても助かっています。

2nd-2

セカンドストリートでは、買取強化ブランドが提示されており、分かりやすいです。


・鉛筆立て、文房具、景品でもらった携帯の充電器(新品だが不要)…等
総合リサイクルショップは品ぞろえが豊富なので、買い取ってもらえるものは多岐にわたります。ガイドは今まで上記のような「これはガラクタ扱いで無理かな…」というものも買っていただけました。ただし1個あたりの金額は低いときは10円など、あまり買取価格には期待しないほうがよいかもしれません。


買い方のコツ

ガイドが考える買い方のコツは、以下の2つです。

1)欲しい物リストを作っておく
memo

スケジュール帳や携帯にメモしておきましょう。

リサイクルショップは通常より安い価格のものが多いので、目移りして、衝動買いしたくなるかもしれません。でも、結局使わなかったらゴミ箱行きになり、もったいないです。あらかじめ欲しい物を考え、メモしておきましょう。

2)じっくり、あきらめないで探す
お店によって陳列は異なりますが、新品を売っているお店に比べると、欲しい物が見つけにくいのは事実。しかも全て一点ものです。じっくり、あきらめず、掘り出し物と出会える感覚を楽しみながら買い物してください。ガイドは最初のお店になければ、他のお店も探すようにしています。

ガイドが買って特によかったものは、息子のフォーマルスーツ(合計1000円程度)、未使用のイヴサンローランのストッキング(数百円)、未使用の無印良品のスパッツ(500円程度)、息子のウルトラマンフィギュア(1体300円)、未使用のシール(1枚10円)、娘の未使用のチャンピオンのジャージズボン(800円程度)、H&Mのデニム・サイズ130(200円)、ROPE' PICNICのセーター(500円程度)などです。服の場合、店によってはセール時期もあります。
senrihin

手前が1枚10円だったシール、奥が1体300円だったウルトラマンフィギュアと怪獣です。


リサイクルショップは掘り出し物の宝庫。自分で売りに行き、待っている間に宝探し気分で掘り出し物を探し、ぜひ、楽しみながら活用してみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。