国内線も国際線も、チケットの予約・購入はエアライン各社のWebサイトにアクセスしてのオンライン予約がいまや当たり前。最近は海外の格安航空券についても、リアルタイムでの空席状況の確認やオンライン予約ができるサイトが誕生し、利用者も年々増加する傾向にあります。チケットを安く手に入れて航空旅行を楽しむなら、いまはネットを活用しない手はありません。

photo-1
「e(電子)チケット」の登場は旅のシーンを大きく変えた

航空チケットをWebサイトで購入しよう

photo-2
SAS(スカンジナビア航空)のWebサイト
Webサイトを活用する最大のメリットは、航空会社や旅行会社に足を運ぶ必要がなくなったこと。航空券の検索から予約・購入までを、Webサイト上でわずか10分程度で完結することができます。旅行会社のカウンターを利用したり、電話での予約の場合は、相手の営業時間内でなければ相談も注文もできません。その点、Webサイトの活用は本当に便利。インターネットが使える環境があれば、365日24時間、時間も場所も選ばずにリアルタイムで海外航空券の予約ができます。

ここでは試しに、SAS(スカンジナビア航空)のWebサイトにアクセスしてみましょう。同社のオンライン予約画面では、空席状況などがリアルタイムに確認できます。旅の目的地(国と都市)を選択し、渡航する日付を指定すると、前後3日間で最も安い運賃が表示されました。それぞれの運賃についてもわかりやすく説明されていて、初心者でも戸惑うことはありません。正規割引運賃のチケットなら往復で異なったクラスを指定することも可能で、利用者のスケジュールやライフスタイル、予算などに応じて最適なプランを選ぶことができます。

日本発のフライトだけでなく、ヨーロッパ内──たとえばコペンハーゲンからローマへのフライトなどの予約・購入も日本語でOK。最新のキャンペーン価格などの情報も随時更新されますので、各社のWebサイトはこまめにチェックしてみてください。