お花のコサージュピンで彩る!ショートならではの洗練ヘアアレンジ

髪が短くてもボリュームが出るように、たっぷりとヘアアクセサリーを飾った花嫁ヘアアレンジです。コサージュピンを多数使っているのに、子供っぽくならず上品に見えるのは、ショートヘアならでは。花冠のようにトップに飾るのではなく、低めの位置にアクセを持ってくることで、バックスタイルを大人っぽく、かつエレガントに見せてくれます。

顔まわりの髪はあえて遊ばせて抜け感を作ることで、ゲストが思わず息を飲む洗練されたスタイルが完成。髪を伸ばさなくても、華やかな仕上がりが叶います。
ショートでも華やかな花嫁ヘアアレンジ

hair&make KAORI(anti)


ベースのスタイル

春らしくしっかりとレイヤーの入った、やや前下がりのショートボブ。カラーは7トーンのオリーブアッシュで落ち着いた印象に。コメカミまである前髪は斜めにも流せる、扱いやすい長さです。
前下がりのショートボブ

前下がりのショートボブ


おすすめのタイプ

顔型:すべて
髪量:少ない~多め
髪質:すべて
クセ:すべて

ヘアアレンジの方法・やり方

毛先にくるりと遊びが出るように巻く

毛先にくるりと遊びが出るように巻く

1. 顔まわりの毛を19ミリのコテで、リバースに平面巻きします。

左側の髪を斜めにとり、ねじってピン留め

左側の髪を斜めにとり、ねじってピン留め

2. 左もみあげの毛だけを残し、左のハチ上から右トップの髪をとります。きゅっとねじり、後頭部の地肌に直接差すイメージで下から上に向かってピン留めします。

右サイドのハチラインの髪をとってピンで固定

右サイドのハチラインの髪をとってピンで固定

3. 右サイドのハチラインの髪をとり、2でピン留めした箇所に髪をねじり集めてピンで留めます。このときピンが見えていても、ヘアアクセで隠すので問題なし。

外れないようにピンを刺す

外れないようにピンを刺す

4. コサージュピンを差します。やや中央に傾けた角度で、両サイドから中央に向かってコサージュピンを差し、交差する位置まできたら地面に垂直にピン留め。コサージュが外れないようにピンで固定したらできあがり。

上手く仕上げるポイント

左サイドは耳上から、右サイドは耳下までと、左右でコサージュピンをつける高さを変え、アシンメトリーにすることで洗練度がアップ。画像のように、頭の形に沿って丸くピンを飾れば、頭の形を美しく見せる効果も十分です。これだけ花ピンを飾っても、ショートヘアなら甘くなり過ぎずオシャレに見えます。
コサージュピンをアシンメトリーに飾って

コサージュピンをアシンメトリーに飾って


使用したヘアアクセサリー

特殊加工を施したプリザーブドフラワーで作られたコサージュピンは、すべてがハンドメイドの1点もの。ウエディングアレンジにフラワーモチーフを使うときは、たくさんの色を使うことでハッピーな雰囲気を演出できます。
プリザーブドフラワーのコサージュピン

プリザーブドフラワーのコサージュピン

コサージュピン 1万8000円~/Tic Tic me…

モデル着用アイテム

大人の花嫁にも似合うエレガントスタイル

大人の花嫁にも似合うエレガントスタイル

ネックレス 1万6200円、ブレスレット 9180円/ともにプラス ヴァンドーム(プラス ヴァンドーム そごう横浜店)、イヤリング 5400円/Tic Tic me…、ドレス/私物

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。