バレたくないのが本音だから、婚活しないで婚活?

婚活

婚活はできればバレたくないのが本音!


お見合いパーティー、結婚相談所や情報サービス会社の使用、マッチング系アプリへの登録など、結婚相手を見つけるための活動を指す「婚活」は、もはや一般的な言葉となり、実践する人も増え、意味も多様化してきました。でも、実際、あなたも思ったことはありませんか?

・「婚活しています!」というのは「いかにも」な感じで、なんだか恥ずかしい。
・恋愛に「がんばっちゃってる」みたいだし、それって「イタイ」と思われていないか心配。
・「どこで知り合ったの?」と聞かれて、「婚活で!」とは答えたくない。だから、友達の紹介とごまかしている。


――そんな人は今でも決して少なくありません。

この20年、周囲の人々や恋愛市場を観察し続けていますが、実際「多くの人が、婚活せずに結婚している」のが事実です。多くの人は、日々の出会いと友情を楽しみながら、そこで生まれた恋を昇華させ、そのまま結婚へとフェードインしているのです。

だからこそ、「できれば、婚活しているいことがバレずに、さりげなく出会い、そして結婚してしまいたい」、という心理やニーズは確かにあるのです。


彼らは、結婚するつもりがないのに結婚した?

結婚

楽しみながら結婚できる方法がある!

さて、婚活をしなかった彼らの中に、婚活の意識が完全になかったのかというとその答えはNOです。ここでいう、婚活の意識とは「結婚を前提に交際したいという気持ち」です。

彼らは「結婚を睨んだ恋愛の機会」と「楽しいアフターファイブ」を同時に得ようとしていたと言えます。

友達や知人と友情を育みながら、結婚相手になり得る多数の出会いから、結婚相手を得ていたのです。「それができればやっている」と言いたくなるかもしれませんが、決して難しいことではありません。

さっそく私が見て来た「いわゆる“婚活”をしないで、婚活をする方法」についてご紹介をします。「“婚活バレ”せずに出会いたい!」というあなたのヒントになれば幸いです。


イベントの幹事になる

飲み会や異業種交流会など、お互いの知り合い同士が集まるイベントを企画しましょう。幹事になるとイベントに人を誘うので積極的に人との接点をつくるようになります。さらに、イベントではじめて会った人とも、幹事という「職務」の範疇で積極的に連絡先を交換することができるのです。

また、同時に異性友達も増えるので「恋愛関係ではない異性」から男の本音、あるいは女性の本音を知ることができ、それによって、結果的に異性の本音が分かり、恋人やパートナー、あるいは恋人候補ともスムーズにコミュニケーションがとれるようになります。

出会いの数の多さと、人間関係力の強化。この2つによる「出会い」「恋愛」「結婚」の機会の創出の機会が増えるのです。



定期的に友達の誕生日の幹事をする

誕生会――それはもっとも参加しやすいカジュアルな「交流会」です。

目的がはっきりしている分、参加する方も気軽です。また、お祝いムードなので雰囲気も良く、はじめての人同士でも仲良くなりやすいものです。

この誕生会の幹事は「奉仕をしながら出会える」というメリットがあります。喜んでもらいながらあなたは新しい出会いを手にすることができるのです。「誰かのために」が「自分のため」にもなるのがポイントです。友情を大切にする暖かみのある人、というイメージもつきやすく、いいことづくめです。


友人の結婚式の幹事チームに立候補する

結婚のゴールイメージの感動を「共感」しあいながら「出会える」のが「結婚式の二次会」の幹事チームに参加するメリットです。

幹事チーム内の親睦を深めるために「幹事会」のMTG後の食事会などをさりげなく提案します。同じ共同体や顔見知りだから相手の身元も明らか。仲間内なので、丁寧で安全な出会い・恋愛関係が育めます。新郎新婦の友人の出し物の連絡サポートにつくことによって、幹事会以外の出会いにも期待できます。祝福と奉仕の精神で出会いを楽しみましょう。


出会いの多いスタンディングバーで女子会・男子会をする

s

友達グループから、いつの間にか恋愛へ。

街のどこかには必ず「出会いの場」となる店が存在します。東京、大阪など大都市以外でもそのような場所は存在します。そのような場所に毎週末顔を出すことを習慣化しましょう。

店名は出せませんがガイドが知る某スタンディングバーでは一晩に10人以上とライン交換ができることは珍しくありません。もちろん身なりや佇まいを整えるという最低条件はあります。そのような場所の情報をいち早く得て、仲間と出向くことです。

ただし、若者が集うナンパスポットではありません。30代~50代が集う場所です。このような自然に出会える場所を見つけ「女子会」「男子会」を開きましょう。ガイドに直接質問頂ければ店名をお教えすることは可能です。



気になったビジネス関係者で「パワーランチ」をする

ビジネスタイムに気になった異性を「ランチ」に誘いましょう。そこでビジネストークを展開しながら親睦を深めます。

なぜ「ランチ」なのか? オフィスでの商談よりもプライベートの会話になりやすいからです。しかもディナーに誘うよりも気軽にオフィス外に誘い出すことができます。仕事が忙しい方でも出会いの機会をつくることができます。


さあ、いかがでしたか? 婚活せずに婚活に成功する方法はこのほかにも数多く存在します。ぜひ楽しみながら、そして複数のコミュニティーと同時並行的に関わることをお薦めします。

恋の予感がする友達が5人できたころから、だんだんと自分を信じられるようになります。10人になると、もううまくいく予感しかしなくなります。

さあ、まずは行動あるのみです!

【関連リンク】
適齢期の女性が探す「優良物件男」はどこにいるの?

潮凪洋介の男ゴコロがわかる恋愛体質改善メールマガジン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。