運動会に!赤白帽子をかぶった顔むすび弁当

所要時間:20分

カテゴリー:その他お弁当

 

赤白帽子で運動会風の顔むすび

赤帽子は赤ウインナーで、白帽子はチーカマを使って、とても簡単に作ることができます。
顔むすびは男の子と女の子に。キャラ弁の基本的なおにぎりの作り方なので、ぜひマスターしましょう。

運動会のお弁当の材料(子供1人分

男の子と女の子の顔むすび
ご飯 106g
海苔 板海苔1/2枚
にんじん 薄い輪切り1/4枚
カニカマ 1本
少々
赤白帽子
ウインナー 赤ウインナー1本
チーカマ 1本
固定材料
マヨネーズ 少量
スパゲッティ 1本
食材のほかに、旗ピックを使います。

運動会のお弁当の作り方・手順

下準備

1:焼きパスタを作る

スパゲッティをトースターで1~2分焼いて冷ましておきます。

2:にんじんを茹でる

にんじんの薄切りは柔らかくなるまで茹でておきます。

顔パーツを準備する

3:鼻を作る

鼻を作る
茹でたにんじん薄切りを、小さめのストローを使って2つ型抜きします。

4:ほっぺを作る

ほっぺを作る
カニカマの赤い部分を剥き、大きめのストローで4つ型抜きします。

5:目・眉毛・口を作る

目・眉毛・口を作る
目・眉毛・口をハサミや海苔パンチでカットします。

赤白帽子を作る

6:帽子の形に切る

帽子の形に切る
赤ウインナーとチーカマは、端から1.5cmほどのところで輪切りにします。帽子のツバの部分は斜めの薄い輪切りにします。

7:ツバを合わせる

ツバを合わせる
ツバを少しずらして帽子と重ね合わせます。
顔むすびに固定する時に、焼きパスタを帽子の頂点からさします。

顔むすびを作る

8:おにぎりを作る

おにぎりを作る
ラップに塩を薄くふり、50gのご飯をのせて顔の形に握ります。これを2つ作ります。残りの少量のご飯は3等分に分けて、それぞれラップで丸く形を整えます。

9:おにぎりに髪の毛をつける

おにぎりに髪の毛をつける
海苔を半分に切り、50gのおにぎりの頭になる部分にラップの上から巻いて1周分の長さにカットします。前髪となる部分に小さなV字を3つ、反対側の辺には深めのV字を数ヶ所入れます。これを2つ作ります。
深めのV字を入れると丸いおにぎりが包みやすくなります。

10:

50gのおにぎりのラップを外し、海苔の前髪の部分が前になるようにそれぞれ海苔を巻きます。

11:

深いV字の方の海苔をおにぎりの形に合わせて包み、再度ラップをして海苔をおにぎりに馴染ませます。

12:女の子のお団子の髪の毛を作る

女の子のお団子の髪の毛を作る
3等分にしたご飯より2周り大きめに海苔を四角くカットします。4辺の中央にV字の切り込みを入れます。

13:

海苔の中央に3等分にしたご飯の1つをのせます。

14:

海苔でご飯を包み、再度ラップをして海苔をおにぎりに馴染ませます。

15:顔パーツをつける

顔パーツをつける
鼻の位置にマヨネーズを少量つけて、にんじんパーツをのせます。

16:

ほっぺの部分にも同様にマヨネーズをつけて、カニカマパーツをのせます。

17:

目・眉毛・口パーツを貼ります。
男の子は眉毛をキリッと、女の子は優しいイメージで貼ります。

18:

女の子の頭には、焼きパスタでお団子の髪の毛をさして固定します。

19:赤白帽子を固定する

赤白帽子を固定する
赤帽子と白帽子をそれぞれ焼きパスタをさして頭に固定します。

20:手を固定する

手を固定する
3等分にした残りの2つのご飯に焼きパスタをさして、ほっぺの斜め下あたりに固定します。

21:旗ピックを持たせる

旗ピックを持たせる
旗ピックを手のご飯にさして完成です。

ガイドのワンポイントアドバイス

細かい海苔パーツをカットする時は、ハサミではなく海苔を動かすようにすると、上手に切ることができます。また、先の尖った小さいハサミを使うと扱いやすいです。細かい作業は、手を清潔にし、衛生面に注意して行ってください。