メキシコの玄関口、メキシコシティってどんなところ?

メキシコシティのオプショナルツアー

歴史を今に残す大都会 メキシコシティ

日本とメキシコを結ぶ直行便が到着するのは、メキシコの首都「メキシコシティ」。その人口は2千万人を超え、中南米を代表する世界的な大都市として知られています。人気リゾート地「カンクン」のような青い海はありませんが、古きよきメキシコの面影を残す歴史地区や、さまざまな遺跡で発掘された出土品を一挙に集める国立人類学博物館、メキシコ全土の民芸品が集まる巨大市場など、メキシコの多様な文化・歴史に触れることができる街です。また、少し足を伸ばせば、サン・ミゲル・デ・アジェンデや、グアナファトなどといった世界遺産都市へ訪れることも可能。メキシコが好きな人、メキシコを知りたい人にとっては堪らない場所と言えるでしょう。

メキシコシティで叶える、日本じゃできない体験 5選

2017年2月15日、待ちに待ったANAの直行便デイリー運航がスタート。さらに、アエロメヒコ航空も3月2日より従来の週5便から週7便へ増便。これで成田⇔メキシコシティ間はなんと毎日2便に! ぐーんと近くなったメキシコの玄関口・メキシコシティで楽しめる特別な体験をピックアップしてご紹介します。

■世界遺産テオティワカンの巨大ピラミッドに登る
メキシコシティのオプショナルツアー

テオティワカン遺跡のピラミッドから見下ろす壮大な眺め

メキシコ各地に点在する遺跡の数々。その代表格の一つとして知られているのが世界遺産テオティワカン遺跡です。なんと言っても目玉は、世界で3番目に大きいピラミッドである「太陽のピラミッド」。大きさなんと、高さ65m・底辺222×225m! 頂上に登れば、「月のピラミッド」や真っすぐ伸びる「死者の道」、神殿などを見渡すことができます。どこまでも続く広大な平野、そこに堂々と佇む圧巻の遺跡群は必見。


■本場ルチャリブレを生観戦
メキシコシティのオプショナルツアー

ルチャリブレ、白熱のバトルを見逃すな!

多くの日本人レスラーが修行に訪れるメキシコ。「ルチャリブレ」と呼ばれるメキシカンプロレスが世界的に有名です。メキシコシティにはルチャリブレを観戦できる競技場があり、地元メキシコ人もこぞって集まる人気のスポット。覆面マスクを被ったレスラー達が繰り広げる空中殺法など多彩な技の数々、熱気と興奮に包まれる会場…。初めてでも、スペイン語が分からなくても、皆で盛り上がれるアツ~い本場ルチャリブレを観に行こう!


■メキシコ版ヴェネツィア!? カラフルな小舟に乗って水上散歩
メキシコシティのオプショナルツアー

ソチミルコで可愛いトラヒネラに乗船

メキシコシティ中心部から車で約1時間のところにあるソチミルコ。のんびりとした雰囲気が漂う町で、世界遺産にも登録されている人気観光地です。ここでの楽しみ方といえば運河クルーズ。「トラヒネラ」と呼ばれるカラフルな手漕ぎの小舟に乗り、ゆっくりと水路を進んでいきます。途中マリアッチ楽団を乗せた舟や、民芸品・食べ物を売る舟に出くわしたり。日本では味わえない異国の風景をしばし堪能してみては。

■ゴージャスな宮殿でメキシコ民族舞踊を堪能
メキシコシティのオプショナルツアー

美しい民族衣装にも注目

メキシコシティ滞在の夜に彩りを添えたいなら、大理石造りの豪華な劇場「ベジャスアルテス宮殿」へ足を運んでみましょう。ここでは、メキシコ各地に伝わる民族舞踊を定期的に公演しています。鮮やかな民族衣装に身を包んだダンサーたちが魅せる、情熱的で力強い踊りや歌の数々。見ごたえたっぷりのパフォーマンスに終始釘付けとなること間違いなし。公演日は限られているので、事前にしっかりチェックしておきましょう。


■まだまだ物足りないあなたへ…あの話題の『人形島』はいかが?

メキシコシティのオプショナルツアー

怖い、けど行ってみたい?ソチミルコの『人形島』

実はソチミルコにはもう一つ、隠れた話題のスポットがあるのをご存知でしょうか? それは、日本のTVでも紹介された『人形島』です。島のあちこちに古びた人形がたくさん吊るされている、なんとも不気味な島。その無数の人形たちは、少女が川に転落して亡くなってしまうのを目撃したサンタナという男性が、その少女のために50年かけて集めたものだそう。その異様な光景を、自らの目で確かめてみたい方はぜひ……。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。