【シミの原因4】まさか!スマホのブルーライトもシミの原因に

スマホを見る女性

寝る前のスマホは要注意

多くの人が無意識のうちにやってしまっている習慣、それはスマートフォンやパソコンを見ること。スマホやPCから出るブルーライトを至近距離で浴び続けると、メラニン色素が過剰に生成され、肌細胞に悪影響を与えてしまうといいます。しかもブルーライトには太陽光に似た性質があるために、寝る前にスマートフォンをだらだらと見ると不眠につながり、質の良い睡眠ができなくなります。


くすみはシミ予備軍のサイン

特別な装置を使わなくても気付けるシミ予備軍、それはくすみです。肌がくすんでいると感じている時は、シミができやすい肌状態にあるというサインでもあります。シミはその部分だけ代謝不足になっていたり、血行が悪くなっているわけではありません。肌は全てつながっているので、全体的に水分不足であったり、角質が乱れているということになります。くすみが目立ち始めたら、まず肌の状態が良くないことを自覚しましょう。


毎日のシミ・くすみ対策

肌ケアが大事

肌と対話して、変化に敏感でいよう

一度できてしまったシミは、洋服のシミ落としのようにすぐに消せるわけではありません。だからシミの一番の対策は、シミができる前に予防するということです。まずは日常生活を見直して、改善点を探っていきましょう。

■自分なりの生活リズムを整えること
身体の細胞が活発に活動して生まれ変わるのは、1日の中でも夜だといわれています。体は眠っている間に疲れを回復し、新しい細胞を作るという活動をしています。「美肌のためには夜22時に眠ること」というのもよく聞く話ですが、そうはいっても仕事があったり、育児があったりするとなかなか難しいのが現実です。だから自分なりの生活のリズムを整えて、疲れを引きずらないことが大事になってきます。

■サボってしまったツケは必ずやってくる
毎日の生活で大事なのは、サボらないこと。「今日は日焼け止め忘れちゃった」「昨夜はメイクしたまま寝ちゃった」というサボりは、シミを作る近道に。肌の最大の敵である紫外線を浴びたら、当然シミになりやすくなり、メイクをそのままにしておけばメラノサイトを刺激します。

悲しいことに、肌ダメージの蓄積は気を抜けば抜いただけ溜まってしまうのです。そしてこのツケは、忘れた頃に確実にやってくるのです。


基礎代謝を上げて、肌のターンオーバーを助ける

シミは紫外線や刺激によってできやすくなりますが、基礎代謝がしっかりできていれば、メラニンは剥がれていきます。そもそも基礎代謝は、肌だけではなく体全体の問題なのです。例えば肩が凝って疲れている時、顔だけ血色が良いということはないですよね? 逆に、身体の調子が良い時やストレスがない時は、肌コンディションも良いはずです。

大事なことは、メラニンを排出できる肌の基礎体力(=身体の基礎体力)を付けること。狂ってしまった体内サイクルを正常に戻し、余分なものを排出できる力を備えていることが、シミを作りにくい肌づくりといえます。シミやくすみが目立つ時はしっかり生活習慣を見直して、健康で美しい肌になる努力をしていきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。