【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
ハイスペック男性と恋に落ちる方法とは。

ハイスペック男性と恋に落ちる方法とは。

高学歴・高収入・高身長のいわゆる「3高」男性が人気だったり、平均的年収・平凡な外見・平穏な性格の「3平」、さらには低姿勢・低依存・低リスク・低燃費と言われる「4低」男性が良いとされたり、時代によって良しとされる理想の男性像は多種多様ですが、やはり合コンや友達に紹介してもらう相手として喜ばれるのは「ハイスペック」と言われる男性ではないでしょうか。

ハイスペックの定義や解釈も様々ですが、ここでは大手企業に勤務、または経営者や医者、弁護士や会計士など社会的地位、経済力のある男性とします。このようなハイスペック男性の彼女や奥さんになることは女性であれば一度は夢見たことがあるものです。

では一体このような男性はどんな女性を本命彼女・奥さん候補として選ぶと思いますか?
・おしとやかで可愛らしい女性
・家事を完璧にこなす女性
・何でも言うことを聞いてくれる女性
確かにこのような謙虚で家庭的で素直な女性は一般的にモテる部類に入りますが、ハイスペック男性が選ぶかどうかの視点で言うと一概にそうとも言えません。

ハイスペック男性と恋に落ちるために必要なこととは---実際に私がハイスペック男性から聞いた話をもとに、その真相に迫ります。

自信に満ち溢れ、精神的に自立した女性

ハイスペック男性は一体どんな女性を好むのか、その真相に迫ります。

ハイスペック男性は一体どんな女性を好むのか、その真相に迫ります。

一見、自分に自信のある女性というのは高飛車で我儘という印象を受けるかもしれませんが、ハイスペック男性に関して言うと自信に満ち溢れた女性はとても魅力的に映ります。

仕事に一生懸命、友達も多く社交的、趣味など打ち込めることがある、こういった女性はいつも内面から自信が溢れて出ています。日々の生活が充実していて自分に自信がある女性は、男性に固執せず、束縛することもありません。

ハイスペック男性は往々にして忙しいものです。「私のことを見て」「私との時間を確保して」とめそめそした女性より、こういった精神的に自立した女性の方が好まれるのです。ただし、プライドの高すぎる女性は嫌われますが、少しくらい気が強い、意思がはっきりしている方が芯の強さを感じ、ハイスペック男性にとっては「良い女」として映るのです。


異性関係の話を爽やかにできる女性

ハイスペック男性は正直モテるので、正式に付き合っている彼女がいなくても、女性に困ったことは少ないものです。いつも女性からちやほやされて、デートの誘いも耐えない、常に「俺はモテるんだ」という意識があるからこそ、女性から他の異性の話をされると「あれ?俺に興味がないのかな?」と違和感を感じるのです。

「この前仕事関係の人からご飯に誘われて行ってみたら、その人が今担当している仕事の話が面白くてさ~」なんて言ってみてください。ハイスペック男性は、こういった異性関係ネタで「俺には無理だな」と諦めるような人はほとんどいません。地位や名誉を自分の物にしている男性こそ、恋愛に関しても「この子を俺のものにしたい」と強く思うものです。それに「俺の仕事だって凄いんだぞ」と自分のことももっと知って欲しいと思うようになるのです。

ただし、「この前合コン言ったら、またデートに誘われちゃった~。困るんだよね~。」などモテますアピールはは出さないように気をつけてください。そういったキャピキャピしたぶりっ子女性には飽き飽きしているので、「またこういった女か」とすぐに切り捨てられてしまうでしょう。

会話力のある女性

多くのハイスペック男性は、日々仕事で難しい商談事をこなしたり、社内でも上司・部下とのコミュニケーションを上手に取っている人がほとんどです。ゆえに、会話力が高いのが特徴的です。そのような男性と同等の会話をするためには、女性もある程度の会話力が必要となります。会話力---それは話の切り返しのうまさが求められます。

ただ「うんうん」「そうなんだ」とニコニコ笑顔で応えるだけの女性には物足りなさを感じます。笑顔で話を聞いてくれるというのは基本中の基本で、それにプラスして、話をいかに展開できるか、明快に切り返しができるかががポイントなのです。

例えば、「今度こういったプロジェクトに関わることになって、忙しくなりそうなんだ」と言われたとします。その場合、「そうなんだ、すごいね~!」「さすがだね!」と褒めて終わるだけにならないように気をつけてください。褒め上手なだけの女性は周りにたくさんいます。そのプロジェクトに関して詳しく聞いてみる、さらには自分のなりの考えも述べられる、忙しくなるということに対して健康の気遣いができる、など一歩踏み込んだ会話をすることが大切です。

ただし、ここでも「いや、私はこう思うよ!」「もっとこうした方がいいよ!」などお節介な助言は必要ありません。あくまでも男性を立てることを前提に、その上でさらに会話を引き出すことが重要です。

男性のお金を当てにしない女性

ハイスペック男性はモテますが、モテるといってもお金目当ての女性が多いのも事実です。この人と付き合ったら、好きな物を買ってもらえそう、豪華な食事をご馳走してもらえそう、払ってもらって当たり前、財布なんて一切出さないというお金目当ての女性はばっさり切られます。男女の関係といえども、お金に媚びない女性がハイスペック男性をはっとさせるのです。

「今日は私が払うね」とか「お会計済ませておいたよ」などさらっと嫌味なく言える女性。「この前ご馳走してもらったお礼に」とさりげなくちょっとしたプレゼントを贈れる女性。こういった女性にハイスペック男性は「かっこいいな」「ちゃんとしてる人だな」と一目置くようになるのです。ただし、男性としての威厳・尊厳を保つことも大事ですので、男性が払うよと言った場合はもちろん払ってもらってください。

いかがでしょうか。
ハイスペック男性と付き合うのは難しそう、ハイスペック男性に選ばれるなんて私には到底無理と思っていたあなた。確かに女性に対してもある程度のスペックを求めるのも事実ですが、あなたの行動・言動を少し変えるだけで、今まで手が届かないと思っていた人を恋人にすることは簡単です。誰もが羨むハイスペック男性と恋に落ちたいというあなた、今回ご紹介した内容をぜひ実践してみてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。