【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「手放したくない」と思われる女性の4つ条件

手放したくない女性の条件とは

手放したくない女性の条件とは


30代になると独身だった友達が急に結婚し始め、「私もそろそろ結婚しなければ」と焦り始める時期です。

とはいえ、30代に突入してからすぐに結婚する人の多くは、20代のころから数年にわたって交際期間があったりと、すでに比較的長い期間付き合っているケースが多い傾向です。

一方、「現在すでに30代で、しばらく彼氏なし」という状況だと、妊娠・出産のことも考えると長く付き合っている時間もない、運命の人と出会ってすぐに結婚したい、電撃結婚を狙っている……という女性が少なくありません。

そのためには男性から「結婚するならこの子だ!」と出会ってすぐに結婚を決意させる必要があるのです。「この子にしようかな」「あの子もいいな」と大勢の彼女候補、結婚相手候補の1人になっていては時間が過ぎるばかりです。

つまり、出会ってすぐに「絶対に手放したくない!」と思われる女性になることが重要なのです。一体それはどのような女性なのでしょうか。

男性は、「この子と一緒に生活したら幸せになれそうだ」と思ったら結婚を決意するのは早いでものです。男性の心を掴んで離さない、手放したくないと思われる女性の傾向についてお伝えします。


1.言いなりにならない女性

・彼のことが好きすぎるあまり、尽くしてしまう女性
・好きな人ができると一途になりすぎて、何をしていても頭の中が彼一色になってしまう女性
・彼からの会いたいコールにすぐに応えてしまう女性


このような傾向にある人は、結果「都合の良い女」になってしまいます。

仕事で疲れていて本当は早く寝たいけれど、夜遅くに「これから家に行っていい?」と連絡が来たら、無理してでも受け入れたりしていませんか? 「お腹すいたから今からご飯作って」という彼のわがままに応えてはいませんか?

これでは男性の思う壺です。

もちろん好きな人の気持ちに応えてあげたい、彼のために何かしてあげたいと思うことは素敵なことです。しかし、それの度が過ぎた時に「都合に良い女」になってしまうのです。

どんなに夜遅くても受け入れてくれる、何でも要望を叶えてくれる。そんな女性は、決して本命候補にはなりません。あくまでも火遊び、つまり遊び相手止まりということです。

「明日は朝早いからまたにして」
「今日は無理。もう少し早めに連絡してもらえる?」
などと自分の意思をしっかり持つことが大切です。

男性は思い通りにならないと、「なんとか振り向かせたい」「俺のことを考えて欲しい」と思うものです。決して言いなりにならず、むしろ男性をコントロールするぐらいの気持ちで応対することが、手放したくない女性になる第一歩です。


2.仕事に一生懸命な女性

仕事に一生懸命であることは良い女の条件です

仕事に一生懸命であることは良い女の条件です


バリバリのキャリアウーマンは婚期を逃すと聞いたことがあるかもしれませんが、それは違います。

仕事ばかりで異性との出会いに積極的でなかったり、会社と家の往復で毎日が終わってしまうということであればそうかもしれませんが、仕事に一生懸命であることは良いことです。

・自分の仕事に誇りを持ち、頑張っている女性
・何となく会社に行き、やりたくない仕事を無理やりさせられて不満げな女性
――どちらが魅力的ですか?


圧倒的に前者です。仕事をきちんとこなす聡明な女性は、家庭でもしっかり家を守ってくれそう、経済観念がしっかりしていそう、家事もテキパキこなしてくれそうと婚活においてもプラスのイメージとなります。昨今は、共働き夫婦も増えていますし、夫ひとりで家族の家計を支えるのはリスクが高いという考え方もあります。

仕事後のプライベートにばかり力を注いでいたり、毎日キャピキャピ遊んで暮らしているほうが可愛いとされるのは20代までと思っていた方が良いでしょう。

30代になれば仕事にプライドを持つこと、それが良い女の条件なのです。


3.過去の恋愛も受け止めてくれる女性

30代の男女ともなると、過去の恋愛話の1つや2つ、会話の中に出てくるでしょう。とはいえ、大好きな彼の元カノの話は、聞いていて気持ちがいいものではないかもしれません。

そんな時に「前の彼女の話なんて聞きたくない」「元カノと私どっちがいいの?」などと、昔の恋愛話に蓋をしようとしたり、元カノに嫉妬したりする女性は「幼稚だな」「器が小さいな」と思われていまいます。

過去は過去です。昔の話も「今までの経験があったからこそ、今のあなたがいるのね」と言えるくらいの女性に、男性は自分が受け入れられていると感じてクラッとくるものです。

「元カノの話は聞きたくない」というのが本音だったとしても、ここは懐の大きな女性を演じきることが、男性の心を射止めるテクニックなのです。


4.一緒に生活することを彷彿させる女性

彼の胃袋をつかむ1品はありますか?

彼の胃袋をつかむ1品はありますか?


結婚とは今まで他人だった男女が一緒に生活をすることです。「この子と一緒に生活したいな」と思われるか、そうでないかが結婚の決め手になります。

必ずしも結婚する前から料理上手になる必要もないし、洗濯や掃除が完璧である必要もありませんが、やはり家庭的な一面をのぞかせるのは効果があります。

どんな料理でもこなせるようにしてくださいと言っているわけではありません。彼の胃袋をつかむ「究極の1品」があれば、彼の気持ちもつかむことができます。

そして、それは難しい料理である必要もありません。味噌汁でも何でも良いので、これを食べるとあなたを思い出す1品があると良いでしょう。

また、あなたの着ている服やハンカチなどの物にしわがなく清潔であるかどうかも重要です。こういったところも、「一緒に生活したら俺の服も洗濯してくれるかな、アイロンがけしてくれるかな」と考えさせることができるポイントとなるのです。


短期間の交際で電撃結婚したいなら

いかがでしたか? 30代に入って彼氏ができずに焦っている、電撃結婚を狙いたい、好きな男性を最短距離で射止めたいと思っているあなた。

今回紹介した「手放したくない女性」の条件に近づくことで、いっきに「結婚」が現実味を帯びてきます。ぜひ実践してみてください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。