各科目の偏差値を月ごとに見直してみてください。伸び悩んでいるか、下がっている科目はないでしょうか。

各科目の偏差値を月ごとに見直してみてください。伸び悩んでいるか、下がっている科目はないでしょうか。

受験直前の冬休みは苦手科目、分野を克服する最後のチャンスです。冬休みに入る前にどの科目のどの分野を重点的に勉強すべきか、自分の苦手科目・分野を正確に特定する10の方法を紹介します。

その1 夏以降に受けた模試の成績表の「偏差値」を科目別に確認し直す

夏以降に受けた模試の成績表はまとめて整理されているでしょうか。各科目の偏差値を月ごとに見直してみてください。伸び悩んでいるか、下がっている科目はないでしょうか。あればその科目を重点的に勉強すべきだということがわかります。

その2 夏以降に受けた模試の成績表の「得点」を各科目の「大問ごと」に確認し直す

模試の成績表の「得点」を各科目の「大問ごと」に確認してみてください。得意科目であっても、あまりできていない単元が見つかるはずです。得意科目であれば積極的にとりかかりやすいはず。得意科目をさらに安定させましょう。

その3 夏以降に受けた模試の成績表の「受験者正答率」が高い問題で、自分ができなかった問題を確認する

模試の成績表の「受験者正答率」が高い問題で、自分ができなかった問題が、苦手なタイプの問題といえます。受験者正答率が高いということは難問ではありません。比較的短時間で克服することが可能な問題です。

その4 学校の2学期定期テストの答案を見直し、どんな問題ができなかったかを把握し直す

模試以外に、学校の2学期定期テストの答案も見直してみましょう。マニアックな問題はさておき、知識事項や基本的な問題でできていなかったものがあれば、優先してできるようにしておきましょう。

その5 志望校の過去問を解いて採点し、「科目ごと」「大問ごと」に得点を確認する

たとえ模試の成績が今ひとつであっても、志望校の過去問に強くなれば合格は可能です。志望校の過去問を制限時間内に解いて採点し、「科目ごと」「大問ごと」の得点を記録してください。志望校の入試問題においてどの科目のどの分野が弱いかが明らかになります。

その6 志望校の過去問を解いて採点し、どんなタイプの問題が解けないか確認する

入試問題の傾向は毎年、大きな変更はありません。志望校の過去問を解いて採点し、どんなタイプの問題が解けないか確認してみてください。入試までに苦手なタイプの問題をどう克服すればよいかが明確になります。

その7 今まで受けた各種テストを見直し、どんなケアレスミスが多いのか傾向を把握する

入試において軽視できないのがケアレスミスです。ケアレスミスはなくそうと意識するだけではなくなりません。今までどんな問題でどんなミスをしてきたのかを目をそらさずに把握します。そのうえで、そのミスをなくすにはどう対処すればよいか、対策を立てましょう。

その8 苦手科目が「いつから」苦手になったのか1,2年の教科書と照らし合わせて確認する

苦手科目は克服可能です。その苦手科目が「いつから」苦手になったのか、1,2年の教科書と照らし合わせて確認してみてください。苦手になった単元までさかのぼって勉強することで、わかるようになってきます。入試が近づくと焦りますが、「急がば回れ」です。1,2年の復習は、最初は時間がかかりますが、ある時点を越えると理解が加速していきます。苦手科目をある程度克服するだけで、総合得点を大きく伸ばすことができます。

その9 つまずいた単元名を教科書や参考書、問題集などで確認する

苦手科目が「いつから」苦手になったのか、1,2年の教科書と照らし合わせて確認する過程で、つまずいた単元がわかったらその単元をメモしておきましょう。そしてその単元を教科書だけでなく、参考書や問題集も活用して勉強し直してください。当時は理解ができなかったとしても、今なら理解ができることも多いはずです。

その10 作文や記述を学校の先生や塾の講師に添削してもらう

入試で配点の高い作文や記述も軽視できません。ただ、これらは解答を見てもできているのかそうでないかがわかりづらいです。作文や記述は学校の先生や塾の講師に添削してもらうで、どの程度の点数になるのかがわかります。あまり点数が取れないようであれば対策が必要です。添削ついでにアドバイスを求めてください。

さて、いかがでしたでしょうか。受験直前の冬休みは苦手科目、分野を克服する最後のチャンスです。この冬は苦手科目、分野を特定して、ぜひ効率の良い勉強をしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。