100万ドルの夜景をさらに彩るド派手な花火

一度に何十発も打ち上げられるので迫力満点!独特の色彩にも注目を!(写真提供:香港政府観光局)

一度に何十発も打ち上げられるので迫力満点!独特の色彩にも注目を!(写真提供:香港政府観光局)

香港は中華圏なので年越しといえばメインは旧正月ですが、国際都市なので新暦の新年も華やかに盛り上がります。毎年異なる演出で打ち上げられる花火はその目玉で、テーマは12月中旬ごろに発表されます。

従来のパターンでは、花火が始まるのは年越しの1時間前から。15分おきに流れ星のように少しずつ上がり始め、新年を迎える瞬間、ヴィクトリア湾、高層ビル、陸上のそれぞれから一斉に打ち上げられ、摩天楼群を覆い尽くさんばかりの色とりどりの花火に息を呑みます。花火の色にはそれぞれに意味があり、シルバー=キャリア(仕事)、ゴールド=幸運、緑=健康、赤=愛なのだとか。

観覧のベストポジション&気をつけたいこと

プロムナード

パノラマビューで花火を楽しむならやっぱり尖沙咀のプロムナードが一番。時計台が目印です

毎年打ち上げのメイン会場とはるのは香港コンベンション&エキシビションセンター(HKCEC)前。それを眺めるならやはり対岸である尖沙咀(チムサーチョイ)のプロムナードやカルチャーセンター前が定番。人で溢れかえる場所なので、プロムナードならできるだけ海岸側に、カルチャーセンターなら外の階段に陣取るのがポイントです。迫力を求めるなら、香港島へ。打ち上げ会場が目前のゴールデン・バウヒニア・スクエア(香港コンベンション&エキシビションセンターの海側にある広場)やセントラルピア No9、10あたりがベストポジションです。

午後11時にはすでに人でごった返すので、少なくともその1時間前には向かいたいところ。その際には、防寒準備も忘れずに。12月の香港は海風が冷たいので冬用のコートがあると安心。人の熱気で暑くなるので着脱しやすいものがベターです。

<DATA>
■尖沙咀プロムナード、カルチャーセンター
アクセス:尖沙咀スターフェリー乗り場からすぐ

■香港コンベンション&エキシビションセンター
アクセス:湾仔スターフェリー乗り場から徒歩約5分


ベストなアングルでゆったりと見たいなら

インターコンチネンタル香港のロビーラウンジ。これほど完璧なアングルで花火を見られるホテルははかなかありません

インターコンチネンタル香港のロビーラウンジ。これほど完璧なアングルで花火を見られるホテルははかなかありません

人混みにもまれることなくベストなアングルで花火を鑑賞するなら、ラグジュアリーなホテルへ行くのがおすすめ。ハーバービューを謳うホテルなら軒並み花火を鑑賞できますが、ベストアングルでとなると、インターコンチネンタル香港のロビーラウンジ一択でしょう。通常でもまるで絵はがきのように完璧な夜景が見られるのが魅力のこのホテル。パノラマビューの窓越しに、大迫力の花火が目前に迫ります。

<DATA>
■InterContinental Hong Kong
住所:18 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon(Googleマップ
TEL:(852)2721 1211
アクセス:MTR尖沙咀C1出口、徒歩5分

オールナイトで盛り上がるなら

LKF

香港随一のバー・エリア、ランクヮイフォンは朝までパーティー状態!

盛大な花火を見てアドレナリンが全開になったら、ホテルには戻らずそのままたくさんの人たちとオールナイトで新年をお祝いしてはいかがでしょう? 香港でオールナイト・パーティーといえば中環(セントラル)のランクヮイフォンがお約束。軒を連ねるバーから流れてくる大音量の音楽にのりながら、エリア全体がクラブのように盛り上がります。いろいろな国籍の人と「Happy New Year!!」と言い合いながら盛り上がれるのも、香港ならではの楽しみのひとつです。


年越し前後のお楽しみ

12月28日まで開催している「香港パルス3Dライトショー」も見逃せない!(写真提供:香港政府観光局)

12月28日まで開催している「香港パルス3Dライトショー」も見逃せない!(写真提供:香港政府観光局)

もし、年越し4日前に香港入りできるなら、さらに楽しいイベントが体験できます。それは、尖沙咀(チムサーチョイ)のカルチャーセンターで行われる香港パルス 3D ライトショー。2014年から始まった冬のエンターテインメントで、2017年は12月1日(金)から12月28日(木)まで開催。ショーは約8分間で1日4回。各回ごとに言語が異なります。ちなみに昨年は、午後8時20分からは英語、45分からは広東語、9時15分からは再び英語で45分からは北京語で、今年も同じスケジュールだと推測されます。音と光がシンクロする光のショーは年々進化するので今年も期待大です。
ショッピングモールやホテルなどが一斉にネオンをまとう「ウィンター・イルミネーション」

ショッピングモールやホテルなどが一斉にネオンをまとう「ウィンター・イルミネーション」

また、先述の通り、香港人にとってのメインは旧正月なので、新年が明けても街は通常営業していてグルメもショッピングも観光もいつもどおり楽しめるのもうれしいところ。(厳密に言うと、1月1日は元旦休みですが、他の祝日と同じ扱いでオープンする店は少なくありません。)まさに、香港では年越しイベントの良いとこ取りができるのです。

関連記事
香港の夜景が楽しめる、気分が上がるおすすめバー5選
眠らない街、香港のナイトスポット

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。