Play a Life

11月16~21日=すみだパークスタジオ倉
『Play a life』青猫チームの稽古より。(C)Marino Matsushima

『Play a life』青猫チームの稽古より。(C)Marino Matsushima

【見どころ】

男女の愛と“今を生きること”を描いて昨年初演、好評を博したTip Tapのオリジナル・ミュージカルが、新キャストで再登場。教育実習生との交流を通して自分自身と向き合う高校教師と、その妻のある秘密とは……?

来年は『キューティ・ブロンド』を演出予定の上田一豪さんが、以前から抱いていた思いを反映させて執筆し、小澤時史さんの音楽とともに繊細に織り上げた作品。今回は黒猫チーム(上野聖太さん、麻尋えりかさん、吉田萌美さん)、青猫チーム(広瀬友祐さん、塩月綾香さん、嘉悦恵都さん)、白猫チーム(原慎一郎さん、木村花代さん、田中里佳さん)のトリプルキャストでの上演となります。男性の人生観、恋愛観を深く掘り下げた作品とあって、特に女性の観客にとっては“男心”を知る絶好の機会(!?)かもしれません。

【青猫チーム 広瀬友祐さんミニ・インタビュー】
広瀬友祐undefined85年東京都出身。『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『1789』『エリザベート』等に出演。来春は『ロミオ&ジュリエット』でティボルト役に抜擢。小池修一郎さん演出作品が続くが「いい意味で裏切って、ご期待以上のものをお見せしたいです。一つ一つの積み重ねから理想の表現者に近付いていけたら」と言う。(C)Marino Matsushima

広瀬友祐 85年東京都出身。『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『1789』『エリザベート』等に出演。来春は『ロミオ&ジュリエット』でティボルト役に抜擢。小池修一郎さん演出作品が続くが「いい意味で裏切って、ご期待以上のものをお見せしたいです。一つ一つの積み重ねから理想の表現者に近付いていけたら」と言う。(C)Marino Matsushima

――広瀬さんは近年『1789』や『エリザベート』など、大劇場公演が続いていますが、今回、小劇場でのミュージカルに出演を決めた理由は?

「Tip Tapの公演には14年にも『Count Down My Life』で出演させていただきましたが、もともと僕は小劇場が好きで、下北沢の駅前劇場の芝居などよく観ていました。本作のテーマは自分自身は体験していないことだし、そもそも結婚もしていないので“夫”役が出来るか不安もありましたが、だからこそ“無”から生み出してみたい、とチャレンジを決めました」

――稽古が始まって2週間程とのことですが、現時点で手ごたえは?

「正直、今は一番苦しい時期かと思います。大まかな流れは出来てきましたが、芝居はなまもので日々発見がある。初日までに一番見つけづらいものを探し出そうと、細かい作業を積み重ねている段階です」

――演じる“夫”役の恋愛観や人生観について、どう感じていらっしゃいますか?
『Play a life』青猫チームの稽古より。小劇場の距離感を意識した広瀬さんの演技は至ってナチュラル。大劇場での演技とはまた違った色気が漂います。(C)Marino Matsushima

『Play a life』青猫チームの稽古より。小劇場の距離感を意識した広瀬さんの演技は至ってナチュラル。大劇場での演技とはまた違った色気が漂います。(C)Marino Matsushima

「これだけ人を思える(愛せる)ものなのか、と彼の気持ちの強さに驚きますね。僕は小さい人間なので(笑)、ここまでのことはできないと思います。でも自分にはないものだからこそ、そう感じさせないように表現したい。この作品はおそらくご覧になる方によって、感情移入するキャラクターが違うと思うんですよ。どういう感想がいただけるか、僕自身も楽しみですね」

――今回は3組の競演となりますが、それぞれどんなカラーがありますか?

「やはりそれぞれかなり異なりますね。黒猫チームはリアルで大人の雰囲気だし、白猫チームはパワフルなのに繊細。それに対して僕らの青猫チームは若い感じ、かな? 僕の好きな言葉に“出会うために生きる”というものがあって、出会いが全てだと思うんですね。今回の作品や共演者たちにも出会った以上は感謝と責任をもって、自分ができる精一杯、取り組みたいと思っています」

【観劇レポート】
『Play a life』青猫チーム。写真提供:Tip Tap

『Play a life』青猫チーム。写真提供:Tip Tap

開演時刻の前から舞台に佇み、それぞれの役の“日常”を垣間見せる3人。時間が来ると教育実習生役の嘉悦恵都さん(青猫チーム・以下同)が、本作のテーマソング的なナンバー「今を生きる」を歌い始め、夫役の広瀬友祐さん、妻役の塩月綾香さんも加わります。明るく、爽やかなメロディ(作曲・小澤時史さん)を柔らかく歌い上げる3人。小劇場ならではの、アットホームにして息遣いがダイレクトに伝わる歌唱が、心地よい幕開けです。

世界史の教育実習で指導担当となったのは、映画好きの男性教師。どこかマイペースな彼との交流の中で、実習生は彼とその「妻」の秘密を知る。放っておけない実習生は或る行動に出るのだが…。
『Play a life』青猫チーム。写真提供:Tip Tap

『Play a life』青猫チーム。写真提供:Tip Tap

男女の愛の永遠を「男性目線」で描いた本作は、「夫」役の在り方によって全く趣が異なりそうですが、昨年の初演の小林遼介さんがエネルギッシュに舞台を牽引していたのに対し、今回の広瀬さんはふんわり、ナチュラルな存在感。確かに音符をとらえて歌っているにも関わらず「歌っている」ことを全く感じさせないその歌唱が、ミュージカルの作為性をきれいに浄化しています。『1789』等、大劇場での活躍が目立つ広瀬さんですが、今回は小劇場ミュージカルとの相性の良さを証明。日本のオリジナル・ミュージカル界にとっても貴重な存在となってゆきそうです。

*次頁で『わたしは真悟』ほかの作品をご紹介します!