やみくもに新しい相手と出会えばいいわけではない!

30代、恋愛の悩みがすこし変わってきた?

30代、恋愛の悩みがすこし変わってきた?

30代に入ると、20代の時とは違う結婚に対する焦りを感じるのではないでしょうか? 恋人がいない人はもちろんですが、特定の人がいてもいざ結婚となると、いつするのか? 本当にこの人でいいのか? ――など、悩みはつきません。

そうこうしている間に、職場関係の出会いや友人からの紹介など、20代のころは当たり前だったチャンスが少なくなってきます。そこで新たな出会いのために勇気を出して、結婚相談所やオンラインのマッチングサービスに登録してみたり、婚活パーティーに出かけてみる――このようにたくさんの相手候補と出会い、結婚に向けてアクティブな行動を取り始めたにもかかわらず、なかなか実を結ばずに落ち込んだり、将来に対して不安になったりすることもあるでしょう。

しかし、ただ不安がっていても仕方ありません。結婚したいと思ったら、まずは自分に足りないものを知ること。これで、生涯のパートナーと出会うチャンスが加速します! 逆に言えば、足りないものがわからないままでは、単に多数の相手と会うだけではうまくいきません。

今までセミナーなどを通じて、たくさんの独身女性の話を聞いた結果、女性に限らず、「結婚できない30代」には、あるものが足りないと感じることが多いのです。30代のあなたがベストパートナーと出会い、恋愛や結婚に至るために補うべきポイントは何か? 一緒に考えていきましょう。


出会いがあっても、結婚に至らない理由

「この人と本当に結婚するの?」と覚悟できずにいるのでは。

「この人と本当に結婚するの?」と覚悟できずにいるのでは。

30代の独身者が結婚に至るパートナーと出会うまでに足りない3つのものがあります。それは一体何だと思いますか?

まず1つ目の足りないものは「覚悟」です。

覚悟というと、やや重い言葉に感じますが、要は本当に「結婚して幸せになると決意」が自分自身にできないのです。

なぜなら、ここ数年恋人がいない、もしくは、過去に付き合った経験がない人にとって、「結婚は怖い」もの。結婚したいけれど、やはりどこかで、「この人と一生を過ごすなんて想像できない」と恐れを感じているのです。新たな異性と出会うための行動とは裏腹に、本当は結婚したくない自分がいる。いざ結婚という未知の世界に踏み込むより、現状の生活にとどまっていたほうが安心なのです。

だから、いろいろ理由をつけては現状を変えないように結婚しないという選択を知らずにしている可能性があります。そんなふうに気持ちがブレているので、いくら出会ってもあまり効果が出ないのです。


あなたが結婚を先送りしてしまう理由

続いて2つ目の足りないものは「決断」です。

例えば、住んでいた家から今すぐ出ていくことになった場合、お金がなくてもなんとか引っ越し先を決めるでしょう。仕事をやめることになったら、なんとか就職先を探すかもしれません。このように日常生活を脅すような死活問題が迫ったら、きっとあなたは、今ある条件の中で最も適した選択をすることでしょう。

つまり、あなたにとって、恋愛や結婚が、「今の生活に今すぐ必要な問題」ではないから、決断せずに先送りしてしまうのです。

もちろん、「結婚という選択をしない決断」もあります。結婚したら必ず幸せになれるわけではありません。だからこそ、しっかり考えて欲しいのは、自分が幸せになるためになにが必要なのかを考えることです。


あなたが不安なサイクルにはまる理由

不安だから相手の条件や肩書に依存し、負のサイクルから抜け出せない

不安だから相手の条件や肩書に依存し、負のサイクルから抜け出せない

最後に足りないもの、それは「自信」です。

自信とは、自分を信じる力です。他人から見て、交際相手に不自由しなさそうで、仕事ができて自信に満ち溢れている人間であっても、本当の意味で「自分を信じる力」が不足していれば、やはり生涯のパートナーには選ばれにくいものです。

自信がないと自分がどこに向かっていいのかわからず、いつも未来に対して不安を感じてしまいます。そこで、結婚相手に自分の未来を託して、不安を解消しようと考える――その結果、より完璧な条件を取り揃えた「完成した結婚相手」を追い求めようとする傾向が強くなるのです。でも、完璧で完成された人なんていないので、結局、不安なサイクルから抜け出せません。

そこから抜け出すためには、自分が行くべき道を知っているかどうかです。

それがわかっていれば、新たに出会った男性でも瞬時にこの人だと見抜き、生涯のパートナーか否かを見抜けるはずです。

そのためにも、自分は何のために結婚して、そのパートナーとどうやってこれからの人生を過ごしたいのか、そこまで自分で考え、決断する必要があるのです。


30代から持つべき、ベストパートナーの定義

結婚したいなら

30代から、ベストパートナーと結婚するには

以上が30代の結婚できない人が足りないものです。

30代以降のあなたにとってのベストパートナーの定義とは、自分の創りあげたい未来を一緒にサポートしあえる関係です。

恋愛から結婚へ至る関係になるには、もう1ステップ必要になりますが、まずは、生涯のパートナーとともにどんな未来を創りだしたいのかを考え理解して行動すべきです。

自分がどんな未来に向かえばいいのかがわかっていれば、出会うべき相手が特定されていき、行くべき場所が見えてきて、やみくもに出会いを探すよりもグッと確立が高くなります。パーティやアプリ上の価値観や世界観バラバラの不特定多数の集団から、架空の結婚相手の条件リストを片手に探しまわるだけでは、時間ばかり経過してしまいます。さらに、相手を条件で比較するようなクセがつくと、どんどん幸せになりにくい体質になっていきます。

30代という自立した年齢に入ったら、相手の仕事、年収、ルックス、学歴などの条件に惑わされるのは終わりにしましょう。結婚して幸せになる覚悟、相手を選ぶ決断力、自分を信じる力を持って、これからの人生をどうしたいのか、自分自身にしっかり問いかけてみてください。



▼ガイドからの最新のお知らせ
次回11月、久野浩司の少人数向け<マリッジコーチングセミナー>開催
久野浩司の最新セミナー情報はブログでも発信中!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。