鎌倉のお土産に、こだわりのパンを

パティスリーカルヴァの「じゃがいもとキノコのタルティーヌ」

パティスリーカルヴァの「じゃがいもとキノコのタルティーヌ」

鎌倉散策にパンのお土産というと、意外な感じがするかもしれませんね。でも散策を終えて家に帰った後、手軽にいただけるし、持ち運ぶ際も重くないので、特にご自宅用をはじめ身近な方には、パンのお土産はなかなか良いですよ。甘いものが苦手な男性にも、こだわりのパンのお土産なら喜んでもらえそう。すぐにお会いできない方や、大勢に配るお土産なら、日持ちのするお菓子などを選んでくださいね。

今回は、鎌倉の中でおすすめの、以下のパン屋さんをご紹介しましょう。記事の最後にも、パン好きには見逃せない名店のご案内があるので、お見逃しなく!
※本記事の価格はすべて税込です

「ベルグフェルド」 老舗のドイツパン屋さん

ドイツパンで知られる、鎌倉の老舗のパン屋さん。学問の神様・荏柄天神社や、源頼朝墓の近くにお店があります。
ベルグフェルドの外観

ベルグフェルドの外観

たっぷりざらめのかかった、バリッとした歯ごたえの「大耳パイ」(216円)などが特徴的。
大耳パイ

バリッとした歯ごたえが楽しめる大耳パイ

ドイツパンらしいライ麦パンも、ひなびた味わい深さで人気。クルミとレーズン入りのライ麦パン「レーズンライ」は固めのパンにクルミの食感が楽しめます。 1本530円、ハーフ265円。

「リンゴシュネッケン」(183円)は、柔らかい優しい味わいのパンに煮リンゴが乗っています。シャリッとした歯ごたえの、甘酸っぱい煮リンゴの味わいにほっこり。上に砂糖がまぶされ、子どもも喜ぶ味です。
ベルグフェルド店内

さまざまなドイツパンやケーキが並びます

カフェも併設。長谷にもベルグフェルドのカフェがあって、サンドイッチやケーキをいただけるんですよ。

<DATA>
■ベルグフェルド(Bergfeld)本店
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下3-9-24
TEL:0467-24-2706
アクセス:JR鎌倉駅より徒歩20分、京急バス「岐れ道」バス停下車すぐ
定休日:火曜日、第3月曜日
営業時間:bakery 9:00~18:30
cafe  10:00~18:30
ホームページ:http://bergfeld-kamakura.com/

「石窯ガーデンテラス」 浄妙寺境内の石窯で焼き上げるパン

鎌倉五山の第五位に当たる、格式の高いお寺・浄妙寺。境内の坂を登ると、洋館の石窯ガーデンテラスがあります。
石窯ガーデンテラス

洋館にレストランとパン屋さんが併設された石窯ガーデンテラス

レストランの一角に、パン屋さんが。洋館店内で販売されています。店内に入ると、窓から四季折々の花が咲くイングリッシュガーデンを眺められます。

パンは子供から大人まで楽しめる、多様なレパートリー。植木鉢を型にして焼いたというフワフワのクグロフ(756円)。ライ麦のパン生地でつくったフリュイ・セック(1080円)は、レーズンやイチジク、オレンジピール、クルミやアーモンドなどがぎっしり詰まったずっしり贅沢な味わい。ヘーゼルナッツとアーモンドがからめられた、甘いカリカリの焼き菓子・クロッカンも(648円)。
石窯ガーデンテラスの店内

店内ディスプレーもすてき。手前は焼き菓子「クロッカン」

お寺散策に併せ、洋館のすてきなお店も楽しんで。石窯ガーデンテラスのお食事をいただいて、お土産にパンを求めるのもいいですね。浄妙寺は、竹寺・報国寺から徒歩5分ほど。この辺りを散策するときに、訪れたいお店です。

<DATA>
■石窯ガーデンテラス
住所:神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-50
TEL:0467-22-8851
アクセス:浄明寺バス停より徒歩2分、浄妙寺境内
ホームページ:http://www.ishigama.info/
定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日に振替)夏期休業・年末年始休業あり
※2016年は8月3日(水)から9月15日(木)までパンの販売がありません

「ブレッド コード」 もっちり 食パン専門店

江ノ電長谷駅から極楽寺方面に向かう、極楽寺坂切通(ごくらくじざかきりどおし)の手前にある食パン専門店。
ブレッド コード外観

シックな外観のブレッド コード

お店の前を通りかかると、ふっくらと香ばしい、パンの香りに迎えられました。黒を基調とした、落ち着いた店構え。

お店ホームページなどを見ると、焼き上がりの時間が書いてあります。11時ごろ訪れると、食べ歩きのために開発されたという、鎌倉ミニ食パンがちょうど焼き上がったところでした。手のひらサイズの、小さな食パン。バターたっぷりのリッチタイプ(302円)と、プレーンタイプ(270円)から選べます。
鎌倉ミニ食パン

食べ歩きにぴったりの「鎌倉ミニ食パン」

いただいてみると、もっちりフワフワ! リッチタイプでは、芳醇なバターの味を存分に楽しめました。このサイズの食パンにしては高級感がありますが、出来立てを食べると、さすが! 「“焼き立てパンをかみしめる幸せ”ってこういうことよね」と感じられる、心に残る味。

一般的なサイズの食パンは、1本864円、ハーフ432円。リッチタイプは1本950円、ハーフ475円。

お店横の路地の奥には、パンスイーツ専門店café recette(カフェ ルセット)が。ブレッド・コードのパンを用いたサンドイッチなどがいただける、落ち着いた趣のカフェです。

ブレッド・コードのお店の近くには、御霊神社や成就院があります。長谷かいわいを散策するときに、併せて訪れたいお店。お土産を求める際は、ぜひミニ食パンも購入して、食べ歩きを楽しんでみてくださいね。

<DATA>
■ブレッド コード(Bread Code by recette)
住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下22-23
アクセス:江ノ電長谷駅より徒歩約5分
TEL:0467-53-7307
営業時間:11時~17時(※売り切れ次第終了)
定休日:ホームページトップページのお知らせに掲載
ホームページ:http://bread-code.com/

「カルヴァ」 おそうざいパンが充実、スイーツも豊富な大船のパン屋さん

大船駅から徒歩3分のところにあるカルヴァ(CALVA)。クロワッサンや菓子パン、フランスパンなどオーソドックスなパンはもちろん、おそうざいパンが充実しているのが特徴。
カルヴァの店内

パンもスイーツも種類豊富で目移りしそう

パンをはじめケーキなどのスイーツも、上質で定評があります。

じゃがいもとキノコのタルティーヌ(410円)は、ベシャメルソースとじゃがいも・キノコのマリネがたっぷり乗った、贅沢な味わい。シャキッとした歯触りのエリンギ、ピンクペッパーのスパイスも楽しんで。
じゃがいもとキノコのタルティーヌ

じゃがいもとキノコのタルティーヌ

「オリーブ(Pain aux olives)」は、オリーブの独特の味わいやアンチョビが効いた、オリーブ好きにはクセになりそうな味わい。ビールやワインが合いそうな、ライ麦パンです。1個340円、ハーフ173円。

なお、3階は「シェ・ケンタロウ」というフレンチレストランになっており、こちらもすてきなお店でおすすめですよ。

鎌倉散策の際、JRで東京方面からアクセスする際は鎌倉・江の島方面のどちらに行くときも大船を通るので、意外と便利な場所にあります。散策に向かう行きや帰りに立ち寄って、軽食やお土産を求めてみてくださいね。
カルヴァ外観

すてきな洋館風の店構え


<DATA>
■カルヴァ(CALVA)
住所:神奈川県大船1-12-18 エミールビル1F
アクセス:JR大船駅より徒歩約3分
TEL:0467-45-6260
営業時間:8:30~20:00
定休日:火曜日、第1・第3水曜日
ホームページ:http://www.calva.jp/


……これまでご紹介してきたお店のほかにも、おいしいパン屋さんはたくさんあります。

●鎌倉駅からアクセスが良い若宮大路や御成通りにある、素朴な天然酵母パンが人気の「キビヤ(KIBIYA)」。

●極楽寺駅近くの、地元の人に愛される「ブーランジュリー べべ(Boulangerie bébé)」。パンの種類が豊富で、有機こしあんともちが入った「極楽寺あんぱん」やシュークリームが人気だそう。
>http://allabout.co.jp/gm/gc/324175/(パンガイド 清水 美穂子さんのガイド記事にリンクしています)。

●甘酒カンパーニュやごはんパンなど、自家製天然酵母100%の体に優しいパンを販売し、地元の根強いファンも多い「カマクラ 24セッキ(kamakura 24sekki)」。(鎌倉駅から徒歩約20分、2016年は8月26日まで夏季休業中)
ホームページhttp://24sekki.p1.bindsite.jp/

●レトロな昔ながらのカレーパンなどが人気の、大町にある「日進堂


……一口にパン屋さんと言っても、個性豊か。鎌倉散策の折に、ぜひこだわりのパンを求めて、訪れてみてくださいね。心に残る、すてきなおいしい思い出になることでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。