美脇を目指そう! あなたは脇の下を見せられますか?

自信の持てる「美脇」は女性達の憧れ

自信の持てる「美脇」は女性達の憧れ

ノースリーブや肩出しファッションが女性たちの間で定番となり、季節を問わず二の腕やワキが見えるシーンが増えていますが、「ワキを見られることには相当な抵抗が……」という声が多くあるのも事実。

そこで今回は、意識調査の結果をもとに「ワキを見られるのが嫌な理由」や「ワキ悩みの解消法」等について、詳しく解説していきたいと思います。
   

女性が他人に見られたくない部位1位は「ワキ」!

株式会社マンダムが調査した美容意識に関するアンケートによると、夏場や露出の多い服を着る際に人から見られると気になる部位は、「1位がワキで64.0%」「2位が二の腕で52.0%」「3位がデコルテで38.5%」という結果となりました。

また、「ワキを見られるとき、主に誰からの視線が気になりますか?」という問いには、「1位が男性(他人)で69.1%」「2位が男性(友人・知人)で61.7%」「3位が彼氏、好きな人で54.4%」となり、なかでも20代女性は強く他人の男性の目を気にしているようです。

以上の結果から、20代から40代の全ての年代で「ワキは見られると気になる部位のナンバー1」となり、2位以下も二の腕、デコルテと続き、女性たちが視線を気にしているのは下半身よりも上半身であることが分かりました。

腕を上げない限りワキは見えない場所ですし、また、ふいにチラッと見えたりする場所であることも、見られることが非常に気になる部位なのかもしれません。
 

ワキを見られることに抵抗がある女性は約9割!

ワキを見られるくらいなら●●のほうがマシ!

ワキを見られるくらいなら●●のほうがマシ!

株式会社マンダムによる「人にワキを見られることに抵抗はありますか?」というアンケートに対しては、「抵抗がある」と回答する女性が多く88.4%を占める結果に。

「ワキを見られるくらいなら(電車)でつり革につかまらない」「猛暑日でも半袖のほうがマシ」といった、ワキを見られたくない女性のホンネからは「とにかく嫌だ!」という必死さが伝わってくるのが分かりました。

同様に、株式会社リベルタが実施した女子のクールビズに関する意識調査でも、女性の約8割が「ワキに自信がない」と回答。ただ注目すべきは、 2 人に1人は仕事でもプライベートでも肩だしファッションをしたいと回答。

特に今年の夏は、オフショルダー、ワンショルダー、ノースリーブ等のファッションが流行していますので、ワキのケアをしっかり行い、自信も持って涼し気なお洒落を楽しんでほしいものです。
 

悩みの1位は「黒ずみ」。気になるのは「毛」よりも「肌状態」

株式会社マンダム調査によるワキを見られることに抵抗がある理由としては、「1位が黒ずみで45.1%」「2位が毛穴が目立つで42.0%」「3位が埋没毛など処理しきれない毛の黒いプツプツで26.5%」という結果に。

また、株式会社リベルタの意識調査でも「女性のワキにドン引きした経験があるか」という質問に対し34%があると回答。なかでも「ワキの下が青黒いのにノースリーブを着てワキ全開ではしゃいでいた」「黒ずみ・毛穴・剃った後」などワキのムダ毛処理や黒ずみに対して厳しい意見が多く、「黒ずんでいたら嫌だと思う体のパーツはどこですか」という質問に対しても、「1位がワキで36.5%」「2位が毛穴で29%」「3位がひじで16%」という結果になりました。

ガイドの経験からも、つり革につかまる他人のワキに目が行ってしまい黒ずみが気になる……ということがしばしばありますので、やはりワキの黒ずみに悩む女性は多いように感じます。
  

ワキが黒ずむ原因とは?

ワキが黒ずむ原因とは?

ワキが黒ずむ原因とは?

ワキについての悩みは、ムダ毛や汗、ニオイはもちろん、毛穴目立ちや黒ずみなど肌状態についてのものが多いのが現状。そんなワキ悩みの1位「黒ずみ」の原因は主に2つあります。

1つめは、メラニン色素の沈着です。これは、メラノサイトという細胞が、肌への刺激に対して起こる防衛反応。摩擦やカミソリなどの強い刺激で肌に負担をかけることにより、肌を守るために太い毛が生えたり黒ずみが発生するなど、メラニン色素が沈着すると考えられます。

2つめは、皮脂や古い角質の汚れやつまりです。特にワキはムレやすいにもかかわらず、汗をかいたてもすぐには拭くことができない場所。そのため、汗と一緒に分泌された皮脂が毛穴につまり、垢や汚れが溜まりやすくなってしまいます。垢=古い角質なので、溜まった古い角質はワキの黒ずみの大きな原因となります。

そこで次からは、ワキの黒ずみの解消法を紹介していきましょう。
 

ワキの黒ずみ予防&解消法

■メラニン色素沈着予防&解消
ワキ毛の自己処理をする場合は、クリームを使用したり、処理後に化粧水や乳液でケアするなど、刺激を少なくしましょう。また、肌への負担を抑えるという意味でも、医療機関での脱毛がオススメです。

また、窮屈な下着は摩擦を多くしてしまうので避けるようにし、ワキ汗をゴシゴシ拭くなどワキに余計な刺激を与えない心がけもポイントとなります。

■皮脂や古い角質の汚れやつまり予防&解消
汗をかいてむれた状態のままにせず、速やかに汗拭きシート等で拭きとることが皮脂や古い角質除去につながります。

また、お風呂タイムではしっかり洗い、洗った後には化粧水などでの保湿ケアも行いましょう。ワキの黒ずみ用の美容液やクリームも市販されているので、利用してみるのも良いですし、顔に使っているものを使ってもOKです。ただし、ワキは肌が薄くデリートなので、優しいものを探しましょう。
 

ワキの黒ずみをピーリング&ホワイトコーティング

白ワキ姫

白ワキ姫

白ワキ姫』(販売元:株式会社リベルタ 18g 1250円・税別)は、ワキの黒ズミを 30 秒でピーリング&ホワイトコーティングするもの。

気になる部分になじませて10秒ほどおくとクレイ成分が汚れを吸着、20秒ほど円を描くように指で優しくマッサージするとAHA・フルーツ酸が角質を除去し、ポロポロとカスのようなものが出てきます。それを手で軽く払い落とせばピーリングとファンデーション効果で見違えるほど綺麗な白いワキに。さらに、6種のヒアルロン酸やスクラランによる潤い効果も期待できます。


正しいワキケアをきちんと行い、見られてもOKな「美ワキ」でお洒落を楽しみましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。