【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

なかなか人を好きになれない!

恋愛したけれど人を好きになれない

どうしても人を好きになれない!?

「恋をしたいのに、なかなか人を好きになれない!」「あれ?どうすれば人を好きになれるんだっけ?」……なんて思っていませんか?

そんな人が試してみるといいことを紹介します。
 

その1:まず、色々な人に会ってみる!

人はなんだかんだ言っても、素敵な人が目の前にいたら、心が惹かれるものです。
だから、まずは色々な人と会うようにしましょう。

出会う方法は、お食事会(合コン)やパーティー、趣味のつながり、異業種交流会などがありますが、趣味が共通していると仲良くなりやすいものなので、例えば、Facebookのグループで、異性も参加しやすそうな趣味関連のものに参加して、リアルな交流会に出席してみるのも1つの方法です。

また、好きな著名人の講演会や講座に1人で参加をしたら、隣の席に座っていた男性と仲良くなる、なんてこともあるので、そういった会を探してみてもいいかもしれません。

他に、「好みのタイプに会うための近道」もあります。
それは、自分が素敵だと思う(恋愛対象ではない)男友達(※男性だったら、女友達)に、お食事会を開いてもらったり、個別で紹介してもらったりすることです。

「類は友を呼ぶ」と言うように、似たようなタイプの人たちが結びつくことが多いもの。「この人の友達なら、素敵な人が多いだろうな」と思える人に頼んでみましょうね。

また、色々な人と出会うにあたり、気を付けた方がいいこともあります。
 

その2:結婚の可能性・将来性ばかり考えないで接してみる

恋愛感情に発展する可能性ばかり気にしない

「とりあえず友達から!」くらいの軽い気持ちで

「今から付き合う人は、結婚する人だ!」なんて思いながら、人と出会おうとすると、人を見る目が厳しくなります。
さらに、条件ばかり見ていると、相手の本質を見られなくなってしまいます。

ハッキリ言ってしまえば、いくら学歴が素晴らしくても、自分で物を考えられない人もいるし、大手企業に勤めていたとしても、仕事ができない人はいます。逆に頭が良くて、仕事ができても、心が冷淡な人だっています。

だから、そんな条件ばかりにとらわれないで、まずは相手の顔(表情)をよく見て、雰囲気を感じて、相手の人柄を観察してみましょう。
そして、話してみて、もしフィーリングが合うなら、恋人候補の1人としておきましょう。

人は何だかんだ言って、一緒にいて楽しくない相手との関係は長続きしません。だから、まずは気が合う人か否かというのは、非常に重要なポイントなのです。

ただ、仮に気が合っても恋人になれないこともあります。でも、そこまで相性が良いのであれば、少なくとも友達にはなれるかもしれません。
もし友達になれたら、その人とタイプが似た友達を紹介してもらうことだってできるのです。可能性は広がりますよね?

また、「気は合うけど、見た目がタイプではないから、ちょっと……」と懸念してしまう人もいます。
でも、すぐに付き合わなくてもいいのだから、少し様子を見てみてはどうでしょうか?意外と顔は、見慣れてくるものです(笑)。

生理的に受け付けないわけでなければ、初めは好みではないルックスであっても、関係が深まり、愛情が芽生えてくると、だんだん可愛らしく見えてくることだってあるのです。

ただ、中には、自分の容姿にコンプレックスがあって、美男美女しか受け入れられないという人、また素敵な人と付き合って、人に羨ましがられたい人もいます。
そういう人は、パートナーを見つけるよりも前に、まずは自分自身のコンプレックスを解消した方が、より幸せを掴みやすくなるでしょう。
 

はじめから恋愛対象か否かの決断をしない

出会いの段階では、すぐに「この人だ」と決める必要はありません。「この人となら、また会ってみたいな」と思える程度でいいのです。

その後、何度かデートを重ね、お互いのことを知り、心も惹かれてきたら、付き合えばいいだけのこと。そのときには、相手が自分の理想通りでなくても、ある程度は目をつぶれるようになっているでしょうしね。

逆を言えば、相手に惹かれてもいないのに、はじめから自分の理想とは違うところも相手の欠点も受け入れられるかと言えば、難しいです。

だからこそ、はじめから恋愛対象か否かの決断を出そうとはしないことです。「友達になったら、面白いぞ」くらいの気軽な気持ちで、次の約束をしてみましょうね。

今まで紹介した、「その1」「その2」を試してみても、なかなか恋が始まらない人もいます。そんなときはどうしたらいいでしょうか? 
 

その3:縁とタイミングを待つ

どんな相手が自分にふさわしいのか考えてみる

ワクワクした行動の延長に、運命の出会いがある!

恋愛に限らず、友達でも仕事でも、人と人とが出会い、結びつくのには、なんだかんだ言って、縁とタイミングが重要です。

逆を言えば、わざわざ会おうと思わなくても、本当に出会うべき人がいるのであれば、出会ってしまうものなのです。

「出会うタイミング」というのもあります。
お互いがそれぞれの人生で経験し、学んできたことによって、このタイミングだからこそ、価値観が合い、惹かれ合うということもあるのです。

巷には恋愛テクニックの情報は色々とありますが、結局はいくら魅力を磨こうとも、「運命の人ではない相手に好かれて、関係が深まればいい」というわけでもありません。

モテる人ほど、本当に相手が自分にとってふさわしい相手(運命の人)かどうかも分からず、本当の意味で“魂で惹かれ合う人”ではない相手とばかり恋愛し、人生の寄り道をしてしまうこともあります。

そんな恋愛は、人生においてあまり意味はないかもしれませんよ?
 

恋がしたいのではなく結婚をあせる心理

今、好きな人がいないのに、恋をしたがっている人は、どうしてでしょうか?
実は多くの人が「恋をしないと、ヤバイ。このまま結婚できなければ、不幸になる」と不安がっています。

スピリチュアル的なことで言うと、不安の感情がきっかけとなる行動は、基本、素敵なものは掴めません。
逆に、「心が惹かれる。ワクワクする」といった楽しい感情に基づく行動は、幸せな結果に結びつきやすいのです。


だから、今、好きな人がいない人は、「ヤバイ」という気持ちよりも、もっと楽しい気持ちで行動できることを選ぶのが大切です。

例えば、合コンに誘われたとしても、気分が乗らないのであれば、そこに参加するよりも、その時間は映画館でワクワクする作品を観た方が、もしかしたら恋が見つかることもあるかもしれません。稀に、映画館でそれぞれ1人で来た男女が、席が隣りだったのをきっかけに、親しくなることもありますしね。

本当に掴むべき運とタイミングを得るために大切なのは、「ワクワクする」ことをし続けることです。

そのタイミングは、一般的に言われる婚期よりは遅いかもしれません。でも、その分、その人は、「今は人生においてやるべきことがある(=だから、恋の縁が来ていない)」とも言えるのです。

縁とタイミングは、神のみぞ知る、と言っても過言ではありません。それは、自分に魅力があるか否かなどといった、表面的な問題ではないのです。

それで言えば、たとえ性格に問題があったとしても、運命の人と出会い、惹かれ合い、結婚がすんなりできることだってあります。

もちろん魅力がある人の方が恋のチャンスは多いですが、だからと言って、恋愛や結婚がすんなりできるかというと、それはまた別の話なのです。

今、人を好きになれないのには、原因がある

今、あなたがなかなか人を好きになれないのには、何かしら理由があります。
それは単に、好きになれる人と出会っていないのかもしれない。条件ばかりを見て、頭でばかり恋をしようとしているからかもしれない。もしくは、もっと大きな意味で、縁とタイミングがきていないからかもしれません。

だから、試せることは試して、それでも縁がこないときは、恋以外のことでワクワクすることを楽しみましょう。
それが、運命の人を引き寄せるきっかけになるかもしれませんよ?


【関連記事】


[お知らせ]
・幸せになりたい女性に向けた、厳選したイイ記事を紹介するキュレーションサイト「HAPPY WOMAN NEWS」で、毎日、オススメ記事をUP!

・自分を愛し、人を愛せる人になれる36のポイントを収録!電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方 ~自分を愛するということ~」(299円)が発売中!

・今回のコラムも解説!公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」をぜひ、併せてご覧下さい!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週土曜日23時に更新!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。