メッセンジャーの「いいね!」は変えられる!

Facebookメッセンジャーは、Facebookユーザーなら誰でも利用できるアプリです。パソコン、スマートフォンで利用でき、LINEのようにメール代わりとなるものです。

Facebookメッセンジャーで象徴的なのが、親指を立てた「いいね!」。Facebookでも絵文字としてよく使われます。

この絵文字は、実は用意されている93種類の1つにすぎません。他にも星やビールなど、いろいろな絵文字が用意されています。この記事では、絵文字を変える方法と注意点を紹介します。


絵文字を変える方法

ここではiPhoneのアプリで紹介しますが、iPadやAndroidでも同じ方法で設定できます。メッセージの画面を開き、上部にある相手の名前をタップしてから[絵文字]をタップします。
(左)相手の名前をタップ。(右)[絵文字]をタップ

(左)相手の名前をタップ。(右)[絵文字]をタップ


すると、ワンタップで送る絵文字を選択できます。顔の表情から動物まで、合計93種類あります。
(左)送りたい絵文字を選ぶ。(右)絵文字が変わる。この画面のように星マークは汎用性が高いかも。どの絵文字も、長押しで巨大化できる。

(左)送りたい絵文字を選ぶ。(右)絵文字が変わる。この画面のように星マークは汎用性が高いかも。どの絵文字も、長押しで巨大化できる。


隠し機能がある絵文字も

特定の絵文字には、アニメーションやゲームを楽しめるものがあります。ハートにすると、画面の下からハートがいっぱいあふれ出てきます。
絵文字をハートにすると、送るたびにアニメーションが出る

絵文字をハートにすると、送るたびにアニメーションが出る


また、最近見つかった(機能が追加された?)ものですが、バスケットボールの絵文字をタップするとフリースローゲームが楽しめます。
(左)バスケットボールの絵文字をタップ。(右)フリースローゲームに切り替わる。ゴールに向かって斜めにフリックするのがポイント。10点を超えるとゴールが左右に動いて難易度が上がる

(左)バスケットボールの絵文字をタップ。(右)フリースローゲームに切り替わる。ゴールに向かって斜めにフリックするのがポイント。10点を超えるとゴールが左右に動いて難易度が上がる


吹き出しのカラーも変えられる

絵文字だけでなく、吹き出しの色も変更できます。ユーザー名をタップして表示されるメニューで[カラー]をタップすると、15色の中からカラーを選択できます。吹き出しだけでなく、「いいね!」のカラーも変わります。
(左)15色の中からカラーを選択。(右)吹き出しや「いいね!」、リンクのカラーが変わる

(左)15色の中からカラーを選択。(右)吹き出しや「いいね!」、リンクのカラーが変わる


相手の環境を考えて変えよう

絵文字を変える機能はおもしろいのですが、注意する点が2つあります。

●パソコンでは表示が異なる
まず、パソコン版のFacebookのメッセージ画面では、カラーの変更が反映されません。それどころか、そもそもカラーや絵文字が変更できず、使い勝手は少々悪いと言わざるを得ません。
パソコンのFacebook内のメッセージではカラーの変更が反映されない

パソコンのFacebook内のメッセージではカラーの変更が反映されない


メッセンジャー専用サイト(Messenger.com)では、右上の[i]をクリックすると、カラーや絵文字の変更ができ、スマートフォンに近い表示になります。ただ、絵文字によってはスマートフォンとは少し表示が違うものがあります。
[i]をクリックすると変更メニューが表示される

[i]をクリックすると変更メニューが表示される

スマートフォンでは黄色だった三日月がモノクロになっている

スマートフォンでは黄色だった三日月がモノクロになっている


●相手も同じ画面になる
カラーや絵文字を変更すると、相手の画面も同じカラーになり、ワンタップで使える絵文字も変わってしまいます。人によっては気になるかもしれませんので、元に戻したがりそうな感じだったら素直に元に戻しましょう。

とはいえ、あまり知られていない機能なので、ちょっと驚かせるくらいの意味はあります。親しい友達に試して、話のネタにするところから始めることをおすすめします。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。