44,980円は高い? 安い?

PS4の図

PS VRはPS4専用のVRシステムです

今までとは別次元のゲーム体験をもたらすPlayStation4(以下PS4)専用バーチャルリアリティシステム、PlayStationVR(以下PS VR)。ソニー・コンピュータエンタテインメントは2016年3月16日サンフランシスコにて、世界的なゲーム開発者による会議「Game Developers Conference 2016以下GDC」にあわせてカンファレンスを開催し、その価格と発売時期を発表しました。

価格は日本円で44,980円(税別)、発売時期は2016年10月としています。元々は2016年上半期を予定していましたので、2016年10月発売という情報はやや残念です。延期については、十分な数を用意する為としています。

さて、この44,980円という価格ですが、どうでしょう、高いでしょうか、それとも安いでしょうか? ガイドは周りからよくこの価格をどう考えるか聞かれることがあります。その時は「かなり高いけど、メチャクチャ安いと思っている」と答えます。

高いけれど、安いんです。その理由について、お話していきたいと思います。

PS VRってなあに?

PSVRの図

なにかとても未来的な被り物をして体験します

これまでもPS VRについては紹介記事を書いておりますが、簡単にどんなものかおさらいしておきたいと思います。VRというのは、ヴァーチャルリアリティの略で、日本語訳すると、仮想現実ですね。コンピューターで作られた偽物の世界を、あたかも本物のように感じることができるようにする技術のことを言います。

PS VRでは視界をすっぽり覆うヘッドマウントディスプレイをPlayStation4に接続して、VRを楽しむことができるシステムです。目の前が四角いディスプレイではなく、まるごと立体視によるゲーム世界に置き換わり、頭の動きを感知するヘッドトラッキング技術によって、ユーザーの顔の動きにカメラが連動して、まるでその場にいるかのような体験を生み出します。

スマートフォンを装着してヘッドマウントディスプレイの代わりにするものや、PCに接続するものもありますが、その中で、PS4という家庭用ゲーム専用機というプラットフォームを利用するPS VRは、ハードウェアやゲームコンテンツにおける安定感や信頼感、そして性能と価格のバランス面において、大きな期待が寄せられています。

そのPS VRが、税別44,980円ということで、これが高いのか、安いのかというお話をしていきたいと思います。