5つのシーン別、婚活デートコーデとテクニックとは?

1

アパレル業界出身で、結婚相談所を立ち上げた、All About 恋愛ガイドの植草美幸さん。成婚率60~80%の実績をもとに、婚活ファッションの指導も行なっている。


今の時代、結婚の前に「恋愛」するのが当たり前。そのためには、お互いを知るためにデートを重ねなくてはいけません。でも、その段階にたどり着けない人、もしくは、その段階で恋愛対象から外れてしまう人が多いんです。

そこで、現役婚活アドバイザーとして会員へのファッション指導も行なっているAllAbout 恋愛ガイド植草美幸が、結婚につながるデートコーデとそのテクニックを指導します。

さて今回、体験者のミワコさん(30歳・独身・会社員)とやってきたのは、「NATURAL BEAUTY 西武池袋本店」です。

2

「お給料日にさっそく会社帰りに寄って、まずは1コーデから買い揃えるのよ!」


20~30代向けの価格設定ながら、アナウンサーの夏目三久さんがニュース番組の衣装で着用されていたり、30~40代向けのファッション誌にも掲載されたりと、幅広い年代の女性に知性と品を添えてくれるブランドです。実際、私もウエストリボンつきのワンピースを私服で愛用していますよ。

さっそく、ミワコさんの私服チェックです。あなたも今、こんな感じの服を着ていませんか?
3

「家からお店までの道のりで、運命の人に出会っていたらどうするつもりなの!?」


「服装は、いつも基本カジュアル。トレンドのニューバランスのスニーカーで、ノームコア風に。ニットは、メンズっぽいサイズ感がお気に入りです!」(ミワコさん)

はい、とってもおしゃれですね……ですけど! 「カジュアル」「トレンド」、「メンズっぽい」という婚活ファッションのNGキーワードがさっそく出まくりです!

4

「おしゃれにキメればいいってもんじゃないのが、婚活モテファッションの難しさなのよ!」


流行ファッションでキメたい女性の気持ちはとってもよく分かりますが、男性が求める女らしさと、いまどきのおしゃれ感を絶妙にミックスするのが「結婚できる女」なんです。

10

「白とピンクは鉄板のモテカラー。一瞬の出会いも無駄にしないよう、常に着用してほしいくらいです」


さぁ、男性のクローゼットにありそうな洋服は今すぐやめて、ワンピやスカートなど女子の特権的なアイテムをそろえなさい! さっそく、私が見立ててさしあげます。


「映画デート」では、二の腕と涙のチラ見せ攻撃

6

「はい、イキナリ出します、ピンク系のマカロンカラー!」カーディガン1万9000円、トップス1万6000円、スカート2万4000円、サンダル2万4000円/NATURAL BEAUTY


1着目は、甘盛りディテール満載の花柄ピンクのセットアップに、白のカーディガンを羽織って顔周りも明るく演出したコーディネートです。やわらかいピンクの色合いは、第一印象までやさしく見せてくれます。

「最初は自分には可愛すぎるかな……と思ったけど、着てみると意外と大人っぽく見えて、スタイルがよく見える気がします!」(ミワコさん)

その通り! ふんわりしたシルエットやウエストのリボンは、誰が見ても上品でかわいく見える上、スタイルアップにも効果的。 どれも婚活モテファッションの必須条件ですから、お付き合いの浅い時期から、早速取り入れていただきたいですね。

この服装で、どんなデートをすべきでしょうか。

初めてのデートなら、鑑賞後の感想を言い合うだけで話が途切れない「映画デート」がおすすめ。そして、となり同士で座ったときに、急接近するのが二の腕です! 今の季節、外ではカーディガンやスプリングコートを着ることも多いと思いますが、室内に入ったら即座に脱いで、肌をあらわにしてくださいね。

7

「チラリズムも計算づくで楽しむのが女の醍醐味よ!」


なぜなら、カーデを脱いだらきゃしゃな腕が……というドッキリはあらゆる男性にも効果大。ところかまわず露出しまくると、お嫁さん候補から落選しかねませんから、透け感や二の腕あたりのチラ見せでほどよく取り入れるのが正解なんです。

そして、隣でゆれる肩のフリル、身頃のレースの透け感もまさに女性ならでは。近くで見るとよくわかる、そのキュートなディテールにグッとくるはず。

「えーん」

「ウソ泣きでもいいから、“えーん”って、ほらやってみて!!」


映画のあとは涙のひとつでも流して、「怖かったぁ~」「感動しちゃったぁ~」と言って甘えるのも忘れずに!!  ちなみに、映画は有無を言わさずホラーを選択すること。ラブストーリーはエンドロールで現実に引き戻されて、かえって恋愛モードになりにくいのでご注意を。


さらに! 着まわしで少ない手持ちで印象チェンジ

8

「腕の部分だけ透けている甘い罠!」トップス1万6000円、スカート2万4000円、ネックレス1万2000円、サンダル2万4000円/NATURAL BEAUTY


結婚したいなら、気になる男性とのデートはどんどん積極的に出かけていって欲しいもの。そこで重要なのがデート服の「着まわし」です。

先ほどのセットアップはライトなデートに大変おすすめですが、上下セットで何度も着ていると「また同じ服装?」と思われやすいので、トップスを着まわしてバリエーションを広げましょう。

「ピンクのフレアスカートなのでシンプルなトップスを合わせても可愛いですね。薄手の長袖なので1年中着られるし、使い勝手もよさそうで気に入りました」(ミワコさん)

23

「髪をサラ~ッとなびかせて、香水の香りをフンワリとまとえば、彼の五感をノックアウトできますよ!」


こういった「とろみ素材」のブラウスは、しわになりにくく、きちんと感と女らしさのいいとこ取りができるアイテムです。そしてこの「透け感」、男性ウケも抜群。ふわふわ、ヒラヒラ、テロテロ……など思わず“さわってみたい”と思わせる=男性の本能に訴えかける素材はどんどんチョイスして。

ギャザーつきの襟元は、胸のラインをふんわりと見せてくれて、ゆれるネックレスは男の狩猟本能を刺激。チャームがゆれるたびに、デコルテに視線が集まれば恋の予感も高まること間違いなし! 


「海辺デート」は、フレアワンピで風のいたずらを味方に!

13

「まるで海辺の妖精、と言わせてみせましょう!」ワンピース3万5000円、パンプス2万4000円/NATURAL BEAUTY


暖かくなると、江ノ島あたりの海辺のデートなんかもステキです。そんなときは、清潔感あふれるマリンテイストのチェックワンピースをセレクトしましょう。

たとえば、こんなデートはどうかしら。

新宿から小田急線に乗って、「手作りサンドイッチを作ってきたの」なんて言って、ロマンスカーの中で食べましょうね。フルーツも入れて「栄養を考えたんだよ!」なんて言ったら彼はもう、あなたとの結婚生活の妄想がとまりませんから!!

「植草さんもすごい妄想力ですね……! ギンガムチェックとリボンって子どもっぽくなりそうなイメージですが、着てみるとリゾートっぽいし、可愛いです!」(ミワコさん)

14

「あたりまえですが、リボンってほどけるんですね。これでひとつ、彼を頼れる場面が増えるなら、お安い御用!」


このワンピースには、ウエストにテロテロ素材のリボンがついていますから、すぐにほどけちゃうんです。「待って~、またほどけちゃった。結べな~い!」なんて清楚で可憐なワナ、いじらしいと思いませんか?

さらに、ウエストからフレアになったスカートは、風のいたずらにヒラヒラとそよいじゃいます。「大丈夫?」なんて彼に言わせながらも、心のなかでは「風よ吹け吹け~」って感じです。「おいおい、海にそんな服着てくるなよ~」なんて言いつつ、彼だってノリノリのはず!

15

「隙のある女に弱いのが男という生き物なのよ」


砂浜を歩くときや電車のなかでは、カーデを肩がけ。かよわく肩をすぼめるその仕草を見てもらいましょう。もちろん、スルリと肩から落ちるカーデを、彼に直してもらうのも忘れずに!


「お散歩デート」は全身白で“あなた色に染めて”アピール

11

「もし、ベンチやシートに座るときは、彼のジャケットをすかさず敷いてもらいなさい(笑)」トップス1万8000円、スカート1万8000円、ネックレス1万円、パンプス2万4000円/NATURAL BEAUTY
 

春の陽気に誘われて、お花見や公園でのお散歩デートにでかけるなら、白のスカーチョのセットアップがオススメです。

「ガウチョやスカーチョは私服でも持ってます! 体型カバーできるし、仕事にも着ていけるし、なによりラクなので……」(ミワコさん)

お仕事用や着ていてラク……などは本来、婚活モテファッションとしてはNGワードですが、今回のようなデートシーンでは、レジャーシートやベンチに座ることを想定すると「スカートに見えてパンツ」というのは機能的と言わざるを得ません。

白は清楚でピュアな印象で、嫌いな男性はいないと言えるカラー。膨張しそうで敬遠しがちという人は、締め色のロングネックレスでタテのラインを作るとすっきり感が出ます。トップスのペプラムシルエットがウエストラインを細く高く見せてくれ、スタイルアップも叶います。

22

「“あなた色に染めて”と言った理由はただの冗談ではなく、小物で印象がどんどん変えられるからなんです!」。ストール1万3000円、ツイードジャケット3万4000円、バッグ3万3000円/NATURAL BEAUTY


そして、小物によってかなり印象が変わるのもポイント。まさに“あなた色に染めて”というわけです。ネックレスをストールに変えたり、ジャケットを重ね着するだけでかなり印象が変わるのがわかります。意外とどんなアイテムにも合いますよ。


結婚につながるデート服を選ぶ、本当の目的は……?

20

「ここで、いまどきの結婚事情についても、ひとことよろしいかしら」


ここまで読んで、「どうして私が恋愛のために自分を変えなくてはいけないの?」と思った女性もいるかもしれません。これには、いまどきの結婚事情が関係しています。

今の男性は、経済的な不安と自由を奪われる不安から結婚に消極的。だからこそ、結婚したい女性のほうから、「自分はあなたの自由を搾取する魔物ではなく、あなたの不安を解き放ってくれる女神だ」とわかるきっかけを与えるべきなんです。

「自分らしい格好を好きになってくれる人がいい」、「好きな人が女性らしい格好を好むとは限らない」……そういった気持ちもよくわかります。でも、「結婚相手が見つからない」、「彼氏すら何年もいない」と悩む女性が、わざわざ間口を狭めるのはなぜ? ズバリ、最大公約数の男性を狙えるのは、いつの時代も「ひと目で女らしさが伝わる服装」なのです。

大人のファッションは、周囲や相手に対する思いやりです。「自分が好きだから」だけではなく、周囲からどう見られるか考えたり、シーンに合わせるのが本当のファッションなのです。

続いて、デートシーンに合わせて買い足したいアイテムも、あと2つご紹介します。


「観劇デート」に対応する、襟なしジャケットは買い!

18

「入卒式のママさんみたい? いいえ、コレがコンサバの超王道スタイルよ!」ツイードジャケット3万4000円、ブラウス1万6000円、ツイードスカート1万9000円/NATURAL BEAUTY


最近、私が30代の大人カップルにオススメしているのが「観劇デート」です。映画よりもチケットが高めですが、ミュージカル、アクロバット、歌舞伎、演劇、舞台など「生の魅力」をダイレクトに楽しめるから。

「確かに、劇場や舞台には行ったことがないので、どういう服を着ていけばいいかわからないかも。とりあえずジャケット……と思っても、仕事用っぽいテーラードジャケットくらいしか持っていないので、30歳になったらお出かけ用のスーツって必要ですね」(ミワコさん)

劇場や格式の高いレストランなどに行く際は、女性であってもジャケットを用意しておくのが大人のマナー。とはいえ、彼女が言っていた通り、テーラードジャケットは男性的なイメージが強すぎて婚活に不向き。襟なしのツイードジャケットのスーツは、カーデ感覚で着られるのに、男性ウケは抜群ですよ。

19

「“私、舞台を見るのって初めてなんです!”なんて、彼にささやいてみて」

もちろん、先ほどの白のガウチョセットアップの着まわしで提案したコーデも、観劇に対応可能。バリエーションにぜひ加えてみてください。

映画館に行ったことがない30代女性はほぼいないと思いますが、観劇は「初めて!」の人も少なくないはず。そして、ふたり一緒に「現場の雰囲気」「始まる前のソワソワ感」を楽しめるので、あえてお互いなじみのないものを鑑賞してみるのも面白いかもしれません。

それと、こういったコーディネートに、パソコンや書類が入るA4サイズを合わせがちなのが働き女子の落とし穴。仕事を連想させてゲンナリされるだけでなく、荷物の取捨選択ができないルーズな女だと思われてしまいます。


「街歩きデート」は、重ね着も美しいワンピ風コートをセレクト

16

「待ち合わせ中も、ボーっと突っ立っていてはダメ!」コート4万8000円、ワンピース2万9000円、パンプス2万4000円/NATURAL BEAUTY


屋外で過ごす時間が長いデートの場合は、コートを着た状態でも可愛いスタイリングかどうかにも気を配ってもらいたいもの。
そこで買い足したいのは、薄手のスプリングコートです。

「やわらかい素材の“テロンチ”、欲しかったんです! マニッシュなトレンチコートも好きだけど、これなら、やわらかい印象になりますね」(ミワコ)

このコーディネートの場合、待ち合わせのポーズにも気を配りたいですね。足はクロスするのはモデルも実践する美脚テクニック。脚同士を少し重ねて、手前の脚は斜めに見せることで脚長効果が出て、O脚や太さなどのコンプレックスもカバーできます。

21

「凛とした待ち姿からのギャップで、彼に気づいたら満面の笑顔よ。そして、コートを脱いだら、もはや定番の“寒~い”→“大丈夫?”のやりとりを忘れずに」


コートの前を開けて着てみると、ベージュのグラデーションコーデに早変わり。異素材のアイテムを組み合わせることで変化がつき、ナチュラルなカラーリングはあなた自身を引き立たせます。

ワンピースを脱いだらシンプルなワンピース1枚。ここで、彼に「寒くない?」って言わせないと女性失格です!


「外見は中身の入り口」、知ってもらいたいなら変わりなさい!

17

「女性らしい服を着てみると、“私ってかよわい女の子だったんだ”って思えるでしょう?」


「自分ではボーイッシュな服を好んでいるつもりはなかったんですが、ふだん女性らしい服を着ていなかったことに気づきました。あと、スタイルがよく見えるものが多くて、“意外と私、こういうのが似合うのかも……”と思う服も多かったです」(ミワコさん)

そう、女性らしいコーディネートを身にまとい、「私は清楚で品のある女性で、いつでも結婚する準備ができています」――こんなメッセージを視覚から「男の本能」に訴えかけてください。

見た目は「中身の入り口」です。まずは、「結婚できる女性のコスプレ」だと思って試してください。メイクやファッションはたった1日で変えられます。ちょっとした出費と、簡単なきっかけで出会いが広がることがあります。

「試してみようかな」……と思ったあなた、私が結婚させてあげてもよろしくってよ。

■スタッフ
写真撮影/山口ヒロユキ

■撮影協力
NATURAL BEAUTY西武池袋本店(東京都豊島区南池袋1丁目28−1 3F)

■商品のお問い合わせ先
NATURAL BEAUTY(ナチュラルビューティー) TEL 03-6748-0342

※2016年3月から入荷する商品を掲載しています。お問い合わせの時期、商品によっては、終売になるものがあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。