春に楽しみたい桜の盆栽

花物の盆栽の代表格

花ものの盆栽の代表格

春に楽しみたい花もの盆栽の代表に桜の盆栽があります。盆栽では、葉が小ぶりな富士桜(マメザクラ)や比較的病害虫に強い山桜や寒桜などを古くから楽しんできました。盆栽であれば花を間近かで愛でることもでき、室内に飾ってお花見を楽しむこともできます。また、最近では小さな盆栽に向く接ぎ木素材の苗木も作られるようになりました。今回は初心者にもおすすめの桜の盆栽づくりをご紹介します。

用意するもの

道具類

用意する道具類

必要な道具は、根切りバサミ、コテ付きピンセット、箸、針金、鉢底網、苔のほか

 

苗木類

苗木類

桜の苗木(今回は旭山という品種の桜です)の他に
今回は玉咲きの桜草の苗、鉢を用意しました。

用土は、ゴロ土として赤玉土小粒、植え付け用土と
して赤玉土極小粒2:鹿沼土小粒1の混合土を
用意しました。

 

植え付けの手順

鉢底網を固定

鉢底網を針金で固定

はじめに、鉢底の排水口にかぶせるネットと鉢を固定するピンをアルミニウムの針金でつくります。

写真のように、鉢の内側からネットに針金を通して、鉢裏に出てきた針金の足を180度折り曲げて鉢と固定します。

 
ゴロ土

ゴロ土を入れる

鉢の深さの5分の1を目安にゴロ土を入れ、その上から植え込み用土を等量重ねます。







植え込み用土を足す

植え込み用土を上から足す


 

根ほぐしをする

しっかり根ほぐしする

竹箸で桜の根鉢をほぐします。桜の植替えは3月の花の直前または10月が適期です。根をほぐす時は、根元から根の先へ向かって髪をとかすように絡まりあう根をほぐします。

 

上根を切る

上根があれば切る

根元の土も丁寧に落とし、写真のように他の根よりも明らかに上のほうから生える根=上根(うわね)を元から切りましょう。写真ではかなり太い根が上根として見つかりました。



 
長い根を切る

長い根を切る

根がほぐれたら、根の全体の分量の3分の1を残すように根の先を切り、新陳代謝を促します。
初心者の方で根を切ることがためらわれる場合は、3分の2を残すように根の先を切りましょう。


 
株を押さえる

左手で株をしっかり押さえる

根ほぐしができたら、桜と桜草を組み合わせて鉢の中に据え、植え込み用土を流しいれます。
根と鉢の間に多くの隙間がありますので、土を入れたら、再び箸を使って用土を鉢の中につめます。
細かな根と根の間の隙間にも植え込み用土を入れたら、たっぷりと水をやります。
シャワー状に水が出るハス口のついたジョウロで排水口から出る水が透明になるまでたっぷりと水をやりましょう。水をやったら、ピンセットのコテの部分で土を平にならし、苔張りの準備です。

 

苔はり

隙間なく苔はりをしましょう

仕上げに苔をはります。写真は山苔を張っているところ。苔と苔の間に隙間ができないようにパズルをはめるように苔を張ります。

 
寄せ植え

旭山桜と玉咲き桜草の盆栽

旭山桜と玉咲桜草の寄せ植えの盆栽が出来上がりました。これからの開花が楽しみです。

 
桜のミニ盆栽

桜のミニ盆栽

こちらが、花が咲いている旭山桜の盆栽です。ピンク色の花が美しく、手のひらでお花見が楽しめますね。
ぜひ、一鉢桜の盆栽を育ててみてください。咲いた時の喜びは、春の訪れと共に嬉しいものですよ。

【関連記事】
梅の盆栽の育て方と歴史
盆栽の王道、真柏の剪定の仕方
春の盆栽お手入れ 「植替え」のやり方


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の盆栽を見る

Amazonで人気の盆栽を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。