離婚理由が分からない男たち……原因が思い当たらない

離婚理由が分からない男たち

途方に暮れる夫たちが後を絶たない理由は……?

このところ、妻から離婚をつきつけられて愕然としているという男たちの話を、いくつか立て続けに聞いた。

彼らにしてみれば、「いったい、なぜこういうことになったのかわからない」ということになるのだが、妻たちにはそれなりに理由があるのだろう。家庭をもち、子どもを育んできたパートナーなのに、どうして話し合いすらできないほど、心の距離が遠くなってしまったのだろう。

都内在住の会社員タイゾウさん(39歳)。半年前に、妻が9歳と7歳の子どもを連れて実家に戻ってしまったのだという。妻の実家はタイゾウさんの自宅から歩いて10分ではあるのだが、ある日帰宅したら、家の中は真っ暗で明らかに様子が違っていたらしい。
突然の離婚届……どうすればいいのか?

突然の離婚届……そんなとき、男たちはどうすればいいのか?

「何が起こったのかわからなかった。リビングのテーブルの上に離婚届けが置いてあった。すぐに妻の実家を訪ねましたよ。そうしたら義母が出てきて、『ごめんなさいね、どうしても会いたくないって』と。最初はちょっとした反乱だと思っていたのですが、妻からはいっさい連絡がない。週末、また訪ねると、子どもたちは歓迎してくれたけど、妻は目を合わせようともしない」

そのうち、義父母も彼に対して態度がよそよそしくなっていった。妻が何かを吹き込んでいるのだろう。娘の言うことだから親も信じるに違いない。

「このままだと子どもたちと会えなくなるかもしれない。それが恐怖でした。そのことを義父母に話し、とにかく妻ときちんと話し合いたいと言ったら、あちらはなぜか弁護士を立ててきて。僕が妻をバカにしたとか精神的な虐待があったとか……いろいろ言われたけど、身に覚えがないんですよ」

仕事三昧だったから、平日は家族と一緒に夕飯を食べられないことも多々あった。ときには妻の話を遮って、「今日じゃないといけない? その話」と言ったこともある。だが、妻が真剣に相談があると言ったときや子どものことに関しては、自分も精一杯対処してきたつもりだった。

「弁護士から聞いた話では、結局、僕は彼女を女性としてどころか人として見てない、尊重してないということなんです。そんなつもりはまったくないから、何がなんだかわかりませんでした」

現在も話は膠着状態。妻は養育費さえ払ってくれればいいから、すんなり離婚してほしいと言っているが、タイゾウさんは受け入れることができずにいる。
 

「子どもにさえ会えれば……」と仕方なく離婚届けにサイン

子供とも。

離婚はやむを得なくても、子どもにだけは会いたいという夫たちの悲痛な言葉。

このように、「何が原因で離婚を突きつけられているのかわからない」という男性が増えている。妻が話し合いに応じてくれない、子どもにも会わせてくれない。このままではどうにもならないので、子どもと会えることを条件に離婚に応じてしまう男性たちもいるようだ。

「僕もそうです。結婚して13年たった去年、急に妻から『離婚したい』と言われました。妻はそのまま息子を連れて実家に戻ってしまった。調停も不調に終わりかけたんですが、もう離婚はやむを得ない。それよりとにかく息子に会いたい。息子からもサッカーの試合に出るから来てほしいというメールが来るんです。息子に会えるなら離婚してもいい、とばかりに離婚届けにサインしてしまいました」

そう話してくれたのは、トシヒロさん(41歳)だ。離婚理由は、彼自身もわからないまま。ただ、とにかく子どもを人質にとられていることが、彼を焦らせた。
いきなり離婚の裏には、婚外恋愛が理由の場合ももちろんある。

いきなり離婚の裏には、婚外恋愛が理由の場合ももちろんある。

「僕に離婚する理由はないし、家庭はうまくいっていると思い込んでいた。ただ、今になってわかったことですが、どうやら妻は不倫をしていたらしいです。それで僕のことがイヤになって離婚へと突っ走った。だけど相手の男も既婚だから、妻が離婚したらすぐに去って行ったようですよ。妻との共通の友人から聞いた話です」

現在、トシヒロさんは週に1度は息子と過ごしている。大人びた息子は、淡々と母親の状態を伝えてくるが、妻はかなり傷心状態のようだ。妻の両親も彼女を責めることがあるらしい。

「なんだか妻がかわいそうだなと思います。やり直す気があるなら、きちんと話し合ってみたい。ただ、彼女が負い目をもったまま復縁してもうまくいかないでしょうし。僕は、息子にとっていちばんいい選択ができればと思いますが」
唖然とするだけでどうしようもない、悲しい夫たち。

唖然とするだけでどうしようもない、夫たちは、どこか悲しげ。

――妻からの「いきなり離婚」の背景には、いろいろな事実や心理が隠れているのかもしれない。夫は無自覚であっても、妻としては一緒にやっていけないと感じる限界だった可能性もあるし、妻自身の「婚外恋愛」をしていた可能性もある。

いずれにしても、夫からみると「子どもが人質にとられている」という恐怖感は大きい。そのために離婚やむなしと考える男性たちの気持ちが、どこかせつない。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。