ドラクエだから大丈夫

DQBの図

世界がブロックでできている画面は、まさにマインクラフトを想起させます

PlayStation3、PlayStation4、そしてPS Vita向けにスクウェア・エニックスから発売された「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ(以下DQB)」が発表された時、その画面写真は強く「マインクラフト(以下マイクラ)」を想起させるもので、マイクラのパクリじゃないか、という批判も多くみられました。

All Aboutゲーム業界ニュースでも、確かにマイクラに似ているけれど、マイクラのとっつきにくい部分、遊びにくい部分を、日本のゲーマーでも遊びやすいよう、ドラゴンクエスト流に翻訳してくれたら、もっと遊ぶ人が増えるんじゃないか、というようなご紹介をしました。

【関連記事】
マインクラフトはPS Vitaを救うか?(All Aboutゲーム業界ニュース)

2015年1月28日に発売されたDQBは結局のところどうだったのでしょうか? マイクラに似ているかといえば、相当に似ています。じゃあ、マイクラを真似して、ドラゴンクエストの世界観やキャラクターをのせただけのゲームかと言われれば、全く違います。

マイクラは何をしていいかよくわからなかった、上手な人がすごい仕掛けや建物を作るゲーム実況動画をあげているけど、自分ではできそうもない、そんな人でもDQBなら楽しめるかもしれません。何をしていいかわからない、なんてことはこのゲームではほとんどありません。何故なら、これはドラクエなのですから。

街を作るゲームだ!

マインクラフトの図

マインクラフトの、何をするのも自分任せな感じも楽しいんですが、それが苦手という人もいます

DQBとマイクラの違いは挙げたら数えきれないぐらいにあるのですが、決定的なのは、DQBは街を作るゲームだ、ということです。タイトルにも「アレフガルドを復活せよ」と書かれていますが、闇が空を覆う朽ち果てたアレフガルドをプレイヤーキャラクターであるビルダーが復活させる、というのがメインのストーリーです。

ゲームモードにはこの「ストーリーモード」と、自由にモノづくりを楽しめる「フリービルドモード」がありますが、基本的にストーリーモードをクリアしていかなければ、フリービルドモードの新しいエリアは解放されず、使える素材も増えていきません。つまり、まずはストーリーモードをプレイしてもらうように設計されているのです。

そして実はストーリーモードだけでも、十分にゲームを満喫できるボリュームがあり、たっぷりと遊べます。このアレフガルドを復活させる時に主に何をするかというと、街を作るのです。