どうしても男性に甘えられない現代女性に朗報!?

バリキャリ女性は落とし穴がいっぱい!(C)Alarzy

素直になれない現代女性たちを救う唯一の方法があります。

恋愛できない、結婚できない女性の多くが、好意を寄せている男性がいても、彼の前で素直に“女性らしくできない”という悩みを抱えています。とくに、バリバリ仕事に生きている独身バリキャリ女性のみなさん!

実は、簡単にその悩みを解決する方法があるんです。それは、ズバリ、「ツンデレ」!

でも、「ツンデレキャラを演じるなんて、やってられないわ!」と思った、そこのあなた、もったいないです! 男性と肩を並べて働くために仕事に打ち込んできたバリキャリ女性、自分のこだわりを貫いて来た大人の女性だからこそ、ギャップが際立ち、効果的なのですから、ぜひ実践してほしいテクニックなんです。

今日は、ガイドの結婚相談所からめでたくご成婚した実録ケースも交えご紹介していきますので、しっかり真似して自信を持って「ツンデレ」になり、男性をメロメロにしちゃいましょうね!

K大学卒、40歳・女性、バリキャリ女子 Aさんの場合

Aさんは会社の経営者で、なんと年収は1200万円。まさにバリキャリ中のバリキャリですが、どうしても結婚だけができず、ガイドの結婚相談所の門をたたいたのでした。仕事では怖いものナシでしたが、婚活においては、まさに「悪戦苦闘」そのもの。なぜなら、次のような態度が原因でした。

・「仕事の顔」で男性と会ってしまい、恋愛モードになれない。
・デート中でもなんでも1人でこなしてしまい、男性に引かれる。
・週2回は徹夜で仕事をして、恋愛はそっちのけ。


これらがどうしても直せなかったAさんとのカウンセリングは難航の一途。そして、たどり着いたのが抜け出せない「仕事の顔」をうまく利用した「ギャップを演出」ということでした。つまり「ツンデレ」ですね。

彼女は「いや、ツンデレなんて無理、恥ずかしいです!」とかなんとか言っていましたが、結婚したいならこれしかないとばかりに彼女を説得しました。

彼に会うときだけ、“素の女の子”に戻る方法

仕事から身も心も開放されて!(C)Christiaan Botha

女たちよ、仕事から身も心も開放されて!

じゃあ、「ツンデレ」になるには、どうしたらいいのよ? と思いますよね。

Aさんの生きがいが仕事であり、仕事中に「仕事の顔」になるのは、変えようがありません。でも、仕事が終わって、彼に会うときだけ、“素の女の子”に戻る。これだけで、ギャップが出て、「ツンデレ」を演出することができます。

彼と会うときだけは、頭の中から“仕事”を完全に消去してください。彼と会っているときに頭の中が仕事でいっぱいだと……ちょっとしたことで眉間にしわがよったり、突然イライラしたり、気付かないうちに踏ん反り返って偉そうになってしまったり……。仕事の交渉の場では必要かもしれませんが、婚活においては、そんなの何の得にもなりませんよ。

そもそも、バリキャリである以上、仕事はもちろん、ちゃんとプライベートも充実させなければ本当の意味でのバリキャリとは呼べません! ですから、仕事後はキッチリ切り替えて、仕事を頭の中から完全消去しましょう。

とはいえ、長年背負ってきた「重い鎧」を脱ぐのは簡単ではないと思いますので、Aさんには、バリキャリ女性が「普通の女の子」に戻れる、植草流の「ツンデレ呪文」を実践してもらいました。

あなたも、彼に会う前に、一緒に読み上げてみてください。

「わたしは弱い女、わたしは弱い女。
仕事の時は頑張っているけど……1人の時は弱い女。
頑張っているわたしは嫌々作っているだけ。
本当のわたしは弱い女。
男が放っとけないような、か弱い女。
支えたくなるようなかわいい女……」


そう、ずばり、思い込み大作戦です。かなりヤケクソの荒治療(笑)に見えますが、意外や意外、効果テキメンなんです。こういった自己暗示は、心のケアや自己啓発にも使われている方法ですからね。

実際Aさんは、持ち前のまじめな性格で、言いつけ通り、1日3回仕事帰りに、呪文を唱え続け、見事オンオフの取れるバランスのいいかわいげのあるバリキャリ女性に変貌しましたよ。

彼には、あなたの「仕事の顔」は想像させるだけでいい

バランスのいいバリキャリはプライベートは女になっているのもよ(C)enthusiast_rocks

バランスのいいデキる「バリキャリ」は、プライベートでは「素の女の子」になっているものよ。

こうなると、Aさんは、一気にモテ期到来でした。Aさんと話した、相手男性の頭の中はこんな感じです。

「経営者というくらいだから、ふだんは肩肘を張ってがんばっているのだろうけど、自分の前ではデレデレの甘えん坊さんなんだな……」

仕事中の姿を見たことがないのに、勝手にAさんのプロフィールと今の姿のギャップから、男性は「自分は特別かもしれない……」と解釈するんですね~。こうなったら、もう相手を落としたも同然!

Aさんだって、本当は交際相手のことが大好きなわけですから、「ツンデレ」が「ツンデレデレデレデレ」になりますし、たま~に現われる仕事の顔……つまり「ツン」も魅力的に映ったり、また頼もしくも感じたり。

そうしてお互いの信頼関係が深まり、愛されている実感を持てるようになると、バリキャリ女性たちは「これぞ乙女」という振る舞いができるようになるんですね~。こうしてAさんは、ツンデレを「演じる」ことが当たり前になり、それが「素の自分」……つまり、彼には「デレデレな乙女」になることができ、見事にご成婚できたわけです。

何度も言っていますが、結婚するには、自分自身が真剣に「恋愛する」必要があり、相手にも「恋させる」必要があります! 恋愛ナシでいきなり結婚なんて、できません! つまり、恋愛力がなければ結婚力は上がらないんです。

そして、「ツンデレ」こそかわいい女の代表。すなわち、素直でかわいげがある「ツンデレ」であるといっても過言ではない!ということです。

ガイド自身、「お見合いで恋愛結婚しよう」をモットーにしています。恋愛して、女性は女性らしくかわいくなって、男性は男性らしくたくましくなって……、これから始まる結婚生活を、2人で手を取り合って生き抜いてもらう為に、恋愛は大切なプロセスとなります! そのために女性たちは「ツンデレ」を身につけ、最大限に生かし、「恋の駆け引き」の勝者となってほしいのです。

もし、詳しく聞きたいなら、私が直接教えてあげてもよろしくってよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。