ねじるだけで簡単!いまどきの「ローポニテ」ヘアアレンジ

ゆるーいこなれ感がおしゃれなひとつ結びアレンジ。すっきりみえるのに、適度な緩さがこなれ感のポイント!ねじりとおくれ毛にコツがあります。簡単なので是非デイリーアレンジとして取り入れてみて下さいね。

Hair make  KAORI

Hair make KAORI


 

ベースのスタイル

肩上ボブのパーマスタイル。前髪はアゴライン。クセのある髪の場合はそのまま、ストレートヘアの方は顔周りだけでも巻いておくとキレイに仕上がります。

似合うスタイル

顔型: すべてOK
髪質: すべてOK
クセ: なし~ややあり
毛量: 普通~多め
ゆるくパーマのかかったボブ

ゆるくパーマのかかったボブ


 

ヘアアレンジの方法・やり方

表面にも軽く揉み込む

表面にも軽く揉み込む


 
1. セミマットタイプのワックスをもみ込みます。乾燥して広がりやすい髪質の方はオイルとワックスを手のひらで混ぜて使うとまとまりやすいベースができます。逆に、柔らかくてボリュームが出にくい方は硬めのワックスをごく少量つけるようにしてください。

コームを使わず手グシで分けとることで分け目がぼけて、無造作に仕上がります。

コームを使わず手グシで分けとると、分け目がぼけるので無造作に仕上がります。


 
2. サイドの毛を写真のように斜めになるように耳後ろまでざっくり分けとります。

手ぐしでざっくり集めて結ぶ

手ぐしでざっくり集めて結ぶ


 
3. 分けとった髪を一つに結びます。うなじにも後れ毛を残したい場合はこの段階で、後れ毛を残して結んでおきましょう。髪色にあわせたシリコンゴムを使うと目立ちづらくキレイに仕上がります。

手ぐしでざっくりで良い

手ぐしでざっくりでよい


 
4. 1で残しておいた髪をねじります。ねじり始めはハチ上の部分。ここからスタートします!

顔側に引っぱらないように注意

顔側に引っぱらないように注意


 
5. 後ろに向かってねじり始めます。できるだけ、手も後ろ側に軽く引っ張るようにするとキレイに仕上がります。

おくれ毛を残して後ろまでねじる

おくれ毛を残して後ろまでねじる


 
6. 残りの毛を少しづつ足しながらさらにねじり進めていきます。今回は、5回位ねじり足してます。顔周りに後れ毛を残したい場合は少し取っておいてからねじります。

ゴムに近い位置で仮止め

ゴムに近い位置で仮止め

7. ねじり終わったところ。クリップなどで仮留めしておきましょう。今回はうなじの毛も後れ毛として少しだけ残します。

どちらもゴムに近い位置に止めておく

どちらもゴムに近い位置に止めておく


 
8. 反対側も同様に後ろに向かってねじりクリップで仮留めします。
緩まないように根元でキッチリまとめる。

緩まないように根元でキッチリまとめる

9. 飾りゴムを使って、ねじってきた毛束と一つ結びの毛束を一緒に持ち、結んでしまいます。

一度に引き出す毛束の量は少しにして下さい

一度に引き出す毛束の量は少しにして下さい

10.後頭部を崩し、無造作感を作っていきます。このとき片方の手でゴムを押さえ、もう片方の指先でほんの少しづつ引き出します。一度にたくさん引き出してしまうとボリュームが出過ぎてしまうので注意してください。

上手く仕上げるポイント

ルーズ感がうまく出ない場合は、ねじり部分も崩してみてください。このときもゴムの部分をおさえて少しづつ引き出してください。
ゴムの部分を押さえてそっと引っ張り出す

ゴムの部分を押さえてそっと引っ張り出す


 

正面&バック

hair make  KAORI

hair make KAORI


 
hair make  KAORI

hair make KAORI


 


使用したヘアアクセサリー

ちいさな星とリボンがさりげないデイリーにも使える飾りゴム。腕につけてもかわいいですね!
スタイリスト私物

スタイリスト私物


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。