3つの材料で作る、本格的な生チョコレート

所要時間:10分

カテゴリー:スイーツチョコレート

 

電子レンジで溶かすだけ、簡単生チョコレート

一見難しそうにみえる生チョコレート。生クリームと板チョコレートを電子レンジで溶かし、型に入れて固めるだけで、本格的な生チョコレートが失敗なく作れます。今年は手作りのバレンタインに挑戦してみませんか?

とろける生チョコトリュフのレシピはこちら
ホットケーキミックスで作るチョコブラウニーのレシピはこちら

3つの材料でつくる生チョコの材料(生チョコレート8個分

生チョコレート
生クリーム 50cc
チョコレート 板チョコレート2枚
カカオパウダー 適宜

3つの材料でつくる生チョコの作り方・手順

簡単生チョコレート

1:生クリームとチョコレートを溶かす

生クリームとチョコレートを溶かす
耐熱容器に生クリームと手で割った板チョコレートを入れ、600wの電子レンジに50秒かけ、チョコレートを溶かします。

2:チョコレートをよく混ぜる

チョコレートをよく混ぜる
加熱しすぎないように、チョコレートを余熱で溶かしながら、全体がつやがでて滑らかになるまでよく混ぜます。

3:型にいれ、冷やす

型にいれ、冷やす
スプーンでチョコレートをシリコン型にいれ、表面が乾かないようにクッキングペーパーをかぶせ、冷凍庫で約3時間冷やします。

4:カカオパウダーをふる

カカオパウダーをふる
型から取り出し、カカオパウダーを茶こしを使ってふりかけ、全体にまぶします。

ガイドのワンポイントアドバイス

お好みで小さじ1の分量のブランディー、ウィスキー、ラムなどを加えるとより風味のよい生チョコレートが作れます。お酒を加える時は、その分の生クリームを減らしてください。保存は冷蔵庫で早めに食べきるようにして下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。