【新商品】 TOTO 「サクア」

家族誰もが、どんなシーンでも使いやすい洗面化粧台


新築やリフォームの際に多くの方が取り入れる洗面化粧台は、洗顔だけでなく、歯磨きや化粧、掃除など、さまざまな用途に使用されるもの。各メーカーからは、デザインやサイズはもちろん、性能や使い勝手を高めた商品が多くみられます。

TOTOからは、洗面化粧台「サクア」をフルモデルチェンジ。大容量の洗面ボウルや向きを前後左右に可動できる水栓、使い勝手のいい収納などが特徴の商品です。

洗面化粧台『サクア』 【写真セット】扉:ロイミディアムウッド 【セット価格】希望小売価格:419,600円(税抜き/組立費別途) 〔内訳〕洗面化粧台(化粧鏡含む)324,600円 周辺キャビネット 95,000円

洗面化粧台『サクア』
【写真セット】扉:ロイミディアムウッド
【セット価格】希望小売価格:419,600円(税抜き/組立費別途)
〔内訳〕洗面化粧台(化粧鏡含む)324,600円 周辺キャビネット 95,000円


■スクエア形状の大容量の洗面ボウル
新しい「サクア」の大きな特徴は、底面がフラットなスクエア形状のボウル。大容量(21L)なので、洗顔や手洗いだけでなく、バケツに水をくんだり洗濯物の手洗いなどの際にも使い勝手がいいものです。また、陶器製のボウルは、汚れの付きにくい独自の仕様(セフィオンテクト)となっているので、お手入れも簡単でしょう。

■前後左右に水栓を動かすことが可能に
前後左右に向きを動かすことができる水栓も特徴のひとつ。さまざまな用途でも、大人でも子供でも使いやすいだけでなく、凸凹のないすっきりとしたデザインとなっているので、お手入れも簡単。また、水滴に空気を含ませることで、一粒一粒を大粒化し、少ない水でしっかり洗える「エアイン機能」も搭載。水と湯の境に「カチッ」とクリック感があり湯の無駄使いが防げる「エコシングル水栓」機能とあわせて、節水・CO2 削減に効果があるのも魅力です。

■化粧鏡は、収納やLED照明などの機能性もアップ
左右どちらからでも開閉でき、手元に引き出せスウィング三面鏡には、小さな化粧品などを斜めに収納する「パットレイ」が取り入れられています。中身が見えやすく、取り出しやすいのがメリット。また、鏡の端から端までのLED照明となっているので、全体を均一に明るく照らしつつ、省エネルギーにも配慮されています。

■全11色が揃い、システムバスルームとのカラーコーディネートも
扉カラーは、質感や柄にこだわった11種類。また、バスルームをリフォームする場合、洗面室も同時にリフォームするケースが多いことから、システムバスルームとのカラーコーディネートしやすい木目を中心とした扉カラーも揃っています。

洗面化粧台は、家族みんなが毎日使用し、さまざまな用途に用いる設備機器。誰もが使いやすく、洗面や掃除などでも使い勝手のよい工夫がなされた商品は、家族構成や間取りに合わせ、幅広く取り入れることができるのではないでしょうか。

■希望小売価格(組立費別途)
W=600   127,300円~(137,484円~)
W=750   142,400円~(153,792円~)
※( )は税込み価格 

[詳細情報] TOTO  



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。