挨拶などで使ういつもの言葉を大和言葉に変換してみると?

大和言葉に変換!挨拶などに使ういつもの言葉を変えてみる

よく使う言葉をときには大和言葉に言い換えることで、堅苦しさを避けたり、響きがやわらかくなるなどの効果が期待できるものです

ビジネス文書など比較的改まった種類のものでは、漢語表現を用いることが多いものです。漢語は短く述べることができる、文字で判断が可能などの長所があります。しかしその一方で、少々堅苦しく感じるということもあるでしょう。また、言葉を言い換えたとしても、普段の言葉すぎて軽々しくなってしまうというような問題が生じることもあります。そのような場合に重宝するのが、最近よく話題になる大和言葉というものです。ふだんの会話や手紙でよく使う言葉のいくつかを大和言葉で言い換えると、どのような言葉になるかその違いを見てみましょう。
   

普段の言葉や漢語を大和言葉に変換

次の漢語やふだんの言い回しを大和言葉に言い換えた場合、どのような言葉になるでしょうか。
1: 「祝賀」「祝い・喜び(を言葉で述べる)」
2: 「平素」「いつも」
3: 「少々」「ちょっと」
4: 「不本意 」「本意でないまでも」「そんなつもりじゃなかった」
5: 「以前から」「前から」
6: 「そのうえ」「おまけに」
7: 「仮に」「もし」
8: 「意外(と)」「案外」
9: 「多大な」「たいへん」「すごく」 
10: 「期待」「待ち望む」「楽しみに待っている」

 

「大和言葉」への変換例・解説

それぞれ次のような大和言葉に言い換えることができます。
1:「ことほぐ(寿ぐ/言祝ぐ)」
 「祝賀」「祝い・喜び(を言葉で述べる)」→「ことほぐ(寿ぐ/言祝ぐ)」
「ことほぐ」とは、(言葉で)祝賀する。喜びや祝いの言葉を述べるという意味です。使用例:「新春をことほぐ」

2:「日頃」「常日頃」
 「平素」「いつも」→「日頃」「常日頃」
「日頃は何かとお世話になりまして」「常日頃から健康には気をつけている」

3:「いささか」 
「少々」「ちょっと」→「いささか」
ほかにも、少々・少しを表す言葉には、わずか(ばかり)などの言い方もあります。また「いささか」は、少し・わずかなどの程度や数量が少ない意味のほかに、「かなり」や「案外」のような意で用いられることもあります。
使用例:「いささかなりともお役に立つことができればと存じます」「この件はいささか問題ですね」

4:「心ならずも」
 「不本意 」「本意でないまでも」「そんなつもりじゃなかった」→「心ならずも」
「心ならず」とは、自分の本意ではないのだけれど、やむを得ずなどの気持ちを表します。使用例:「心ならずもお断りするよりほかなく」

5:「かねてより」
「以前から」「前から」→「かねてより」
「かねて」とは、以前、前もって、あらかじめなどの意。
使用例:「その件については、かねてより予期していたこと」「かねてよりお付き合いをしておりましたが」

6:「あまつさえ」
「そのうえ」「おまけに」→「あまつさえ」
「あまつさえ」とは、その上、おまけになどの意。物事・状況がさらに加わる、重なるという意味。良くない、好ましくないことが重なる場合に用いられることが多い。 使用例:「昨夜からの大雪、あまつさえ、電車が運休とあっては」

7:「よしんば」
「仮に」「もし」→「よしんば」
「よしんば」とは、仮に、たとえそうであったとしてもという意味。使用例:「よしんば、失敗したとしても問題ではない」

8: 「思いのほか」
「意外」「案外」→「思いのほか」
「思いの外(おもいのほか)」とは、思っていたことと違っていたという意味。
案外、意外。使用例:「思いのほかうまくできた」

9:「ひとかたならぬ」
「多大な」「たいへん」「すごく」→「ひとかたならぬ」
「一方ならぬ(ひとかたならぬ・ひとかたならず)」とは、並の、ひととおりでない。普通でないことなど、程度の大きさを表します。「並々ならぬ」とも。使用例:「ひとかたならぬお世話になりまして」

10:「心待ち」
「期待」「待ち望む」「楽しみに待っている」→「心待ち」
「心待ち」とは、その事に期待をもって心の中で待ち望むという意味。使用例:「またお目にかかれますのを心待ちにしております」


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。