理想のフェイス&ボディのために。
いつ、何を何回受けるべき?

1、肌トラブルがあるならその治療からスタート
a04

最初に始めるべきのは肌トラブルの解決です!


 
どんなに美形でも、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを抱えたままでは、ベストの状態には持っていけないのは当然の事実。メニューによっては肌トラブルがあると受けられないものもあります。ですから、肌トラブルがある人は、まずその改善から始めましょう。
スピーディーに肌トラブルを解決したいなら、美容皮膚科に相談するのが一番。信頼のおけるドクターに相談して、塗り薬や飲み薬、レーザーなど、幅広い選択肢の中からベストなものを選んでください。

 

2、推奨頻度は週1~2回。「痩身コース」はなるべく早めにスタート!

a05

時間のかかるボディライン、痩身は抜かりないスケジュールで


 
ウエイトを落としてボディラインを整えたいなら痩身コースということになりますが、これは結果が出るまでに少し時間がかかります。始めるタイミングとしては肌トラブルの解決とともに、準備期間の初期から始めるのが良いでしょう。早めに目標サイズやボディラインを設定しておき、達成できたらそのラインを維持するというほうが体への負担も少なく、効率的だといえます。
通うペースは週に1~2回がベスト。頻繁に通うことになるので、サロンを選ぶ際には通いやすいエリアにあることも重視しておくと良いでしょう。

 


3、フェイシャルは小顔目的と美肌目的で分けてもOK!!
a06

小顔と美肌メニューの相乗効果を狙いましょう


 
フェイシャルに関して、ブライダルエステで求められるのは「小顔にしたい」というものと「美肌になりたい」という二つ。ただし、エステのトリートメントでは小顔目的と美肌目的で内容がまったく異なります。もし両方とも実現したいのであれば2種類のメニューを交互に受けるのが良いでしょう。交互に受けることで肌状態や血流が改善し、相乗効果も期待できます。
通う期間はそれぞれの状態によりますが、週1から2週に1回くらいのペースが理想的といえます。

 


4、シェービングは試しと本番で2回
a07

シェービングは必ず試し剃りを!


 
普段はあまり受けない、ブライダルエステならではのメニューといえば、背中や顔の産毛を剃るシェービングです。これを受けるか受けないかでは当日のメイク乗りや写真写りが全く変わってきます。
ただし、鋭利な刃物で産毛を処理するわけですから、肌への負担もゼロではありません。人によっては赤みなどのトラブルを起こすことがあるので、事前にためし剃りをしておくのは必須です。
受けるタイミングは、まだリカバリーの効く1ヶ月前に試し剃りをし、およそ1週間前にもう一度本番のシェービングを行うというのが良いでしょう。

 


5、1週間をきったら……最後の最後で全身の総仕上げ!
a08

最後は自分へのご褒美も兼ねて


 
挙式1週間を切ったらジタバタしても始まりません。挙式準備やエステ通いで頑張った自分へのご褒美を兼ねて、フェイス&フルボディーのメニューをチョイスしましょう。気分的にも忙しさでストレスが溜まっている時期なので、なるべくゴージャスな気分になれそうなものをチョイスするとストレス解消にも役立ちます。
ここで厳禁なのは、駆け込み効果を狙ってハードなメニューを受けてしまうこと。即効性の高いメニューは時としてダウンタイムを伴いますから、挙式当日までに回復不可能なダメージを負ってしまう可能性があります。挙式1週間を切ったら、フェイスラインはシャープか、背中など自分では見にくいパーツにトラブルは出ていないかなど、全身点検を行うとともに
準備疲れをしっかり抜き去り、すがすがしい状態で式当日を迎えましょう。

ガイドが提唱するブライダルエステのA to Z、いかがだったでしょうか?
挙式準備の忙しさにかまけずに、しっかり準備して最高の花嫁を目指してくださいね!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。