ねじり編みで簡単に大人かわいいアレンジ!

編み込みは自分でするのは難しいですが、少し凝って見える女性らしいアレンジがしてみたいという方におすすめ。ねじり編みを左右で1本ずつ作ってピンで留めただけのアレンジですが、編み込みよりも抜け感のある、今っぽい雰囲気が完成します。アレンジが苦手な方でも簡単テクニックでワンランク上の仕上がりになりますので、ぜひ挑戦してみて下さい!
 
hair make RIKUSHI

hair make RIKUSHI

ねじり編みのベースのスタイル

26mmのアイロンでランダムカール

26ミリのアイロンでランダムカール

鎖骨ラインのミディアムスタイル。毛先にパーマがかかっています。直毛の方はアイロンで毛先を巻いておくとまとめやすく、動きも柔らかくなり可愛く作れます。
 

ねじり編みの似合うスタイル

顔型 卵 ベース 面長 逆三角
髪質 柔らかめ~やや硬め
髪量 少なめ~やや多め
クセ なし~ややクセ

 

ねじり編みのやり方・作り方

ラフに分けて割れ目を馴染ませる

おおまかで大丈夫です。

1. 最初は後ろで二つに分けます。指でざっくりすると分け目が馴染み柔らかい印象になります。
 
耳前くらいが目安

イヤートゥイヤーくらいが目安

2. 耳の前後でAとBに分けます。Bの毛束はあとから使いますので背中の方に分けておいて下さい。クリップ等があれば止めておくとアレンジしやすくなります。
 
こめかみくらいが目安です

こめかみの位置が目安です

3. Aの毛束をこめかみあたりを目安に1と2に上下で分けて下さい。
 
緩めに内巻き

緩めに内巻き

4. 取り分けた2の毛束を指で内巻きに(顔周りに向かって)ねじって下さい。この時に固くねじりすぎると崩しづらくなりますので、少し緩めにねじりましょう。
 
毛束を入れ替える

逆にならないように注意

5. ねじった2と1の毛束を外回りにツイストして入れ替えてください。逆にしてしまうとねじりがほどけてしまうので注意しましょう。
 
少し斜めに頭頂部から耳に向かって分ける

頭頂部から少し斜めに耳に向かって分ける

6. Bの毛束から約4センチ幅ほど、頭頂部から放射状に毛束を分け取って下さい(図の3)。

毛量の多い方は幅3センチほど、少ない方は幅5センチほどにするとアレンジしやすくなります。
 
a

毛束が二つに戻る

7. 分け取った3の毛束と2の毛束を合わせてひとつにして下さい。※これを4の毛束とします。

この時に手の位置が高くなると崩れやすくなってしまいますので、なるべく手の位置を下げるようにしましょう。
 
4と同じように

プロセス4,と同じように

8. ひとつに合わせた4の毛束を指で内巻き(顔周りに向かって)にねじって下さい。※プロセス4と同様です。
 
5,と同じように

プロセス5,と同じように

9. ねじった4の毛束と1の毛束を外回りにツイストして入れ替えて下さい。
※プロセス5と同様です。
 
斜めに分けると馴染みが良くなります

斜めに分けると馴染みが良くなります

10. プロセス6~9の流れを図の5、6、7と順番に取り分けて3回くり返して下さい。毛量の多い方はもう少し小分けにすると可愛く仕上がります。

 
毛先3センチくらいまでくり反す

毛先が余りすぎると最後に隠しずらくなります

11. 7まで合わせたら(1と7の毛束が残ります)最後に毛先までツイストしていきます。毛先3センチくらいの位置まで繰り返して下さい。
 
毛先が余りすぎるとやりずらい

 5センチ以上残ってしまうと隠すことが難しくなります

12. シリコンゴムで固定します。左側も同様にねじりとツイストを繰り返します。
 
根元の毛を引っ掛けてピンで止める

シリコンゴムにアメピンを引っ掛けるとやりやすい

13. 左の毛束を右の耳後ろまで持ってきてアメピンで固定して下さい。この時毛先を内側に折り込むようにして留めるときれいです。下からややナナメ上方向に向かって留めるイメージで!
 
ごむと一緒に止めると固定しやすい

下を向きながらすると首に沿わせやすくなります

14. 右の毛束も浮かないように首に沿わせながら左の耳後ろでアメピンでプロセス13と同じように固定します。毛量の多い方はアメピン2~3本使うとしっかりまとまります。
 

ねじり編みを上手く仕上げるポイント

赤い点のポイントをつまんで崩す

10箇所くらいが目安です

最後に赤い点の部分の表面の毛を指先でつまみながらくしゅっと崩します。アレンジに立体感と柔らかい質感が出るのでオシャレな雰囲気になります。
 

サイド&バック

hair make RIKUSHI

hair make RIKUSHI

hair make RIKUSHI

hair make RIKUSHI


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。