じゃがいも団子ワールドへようこそ!

kloss15

世界で唯一のじゃがいも団子博物館。写真はクロースの女王によるレクチャー風景

ドイツはじゃがいもの消費量がとても多い国です。当地のじゃがいも料理の代表格といえば、クヌーデル(Knödel ※ドイツ語の発音はクネーデルが近いです)やクロース(Kloss)と呼ばれるもちもちのお団子。ドイツ料理レストランで肉料理と一緒に出てきて、付け合せとは思えないほどの存在感を放っている、あの巨大なお団子です。

kloss1

じゃがいも団子の世界へようこそ!

じゃがいも団子はドイツ全土で親しまれている料理ですが、特に中東部のテューリンゲン地方の名物として知られているのが「テューリンゲン風クロース」。ワイマールの郊外にクロースの博物館があると聞いて、興味津々で訪ねてきました。

その名も「Thüringer Kloß-Welt」(テューリンゲンのクロースの世界)。ドイツにおもしろ博物館は数あれど、このニッチさには唸らされました。じゃがいも団子の博物館なんて、きっと世界にただ1つですよね。

それでは、世にもディープなクロースの世界をご覧ください!

世界一美味しい(かもしれない)じゃがいも団子、ここにあり!

kloss3

クッキングスクールでテューリンゲン風クロース作りに挑戦

kloss11

こんなに美味しいクロース初めて!

まず最初に「クロースの女王」から、じゃがいもとクロースの歴史についてレクチャーを受けたガイド一行。その後はクッキングスクールでクロース作りに挑戦しました。できたてのクロースに、2種類のソース(牛肉と人参)をかけていただいたのですが、これがフレッシュで美味しかったこと!ここの「テューリンゲン風クロース」は生のじゃがいものすりおろしがたくさん入っているので、しゃきしゃきした食感も楽しめるんです。今まで添え物だと思っていたじゃがいも団子の概念ががらりと変わった瞬間でした。

このほか、館内のカフェ・レストランでもクロースをいただくことができます。

本邦初公開!直伝レシピはこちら>>>ドイツ料理もっちりじゃがいも団子クヌーデルのレシピ

次のページではさらにディープな世界へ