レアな地元産品が揃うショップ

kloss9

チェ・ゲバラ印の葉巻型アイスを発見!ほかにもオスタルギー感じる珍商品がざっくざく

kloss5

ちょっと変わったお土産の宝庫

併設の広々としたショップには、クロース作りに使うじゃがいもおろし器やマッシャ―、布ふきん、博物館のオリジナルグッズなどがずらり。冷凍食品を生産しているメーカー直営とあって、クロースはもちろんケーキにアイスまで様々な冷凍食品が並ぶコーナーもあります。チェ・ゲバラ印の葉巻アイスなんていうレアな商品も発見。

 


kloss6

クロースちゃんとじゃがいものお酒

その他、懐かしの人気キャラクター商品、地ビール、マスタードや酢漬けきゅうりの瓶詰など、テューリンゲン発のオスタルギー(旧東ドイツの郷愁)ただよう商品も豊富。他ではなかなか見かけないちょっと変わったお土産も見つかります。ガイドがここで出会った珍品が、キーホルダーになったクロースちゃん。なぜか目が半開きでキャラクター商品としてはどうなのだろう? と疑問を感じてしまったものの、不思議なことにだんだん可愛く見えてきました。 これぞドイツ発のゆるキャラ。いつかブレイクする日が来るかも?!

 


幻の車が集まる展示場

kloss7

じゃがいも団子博物館になぜか自動車の展示場が。旧東ドイツ時代の人気車がずらり

kloss8

当時のキャンプ風景を再現

クロース博物館の2階部分は「Kloss-Mobile」という自動車展示場になっています。旧東ドイツ時代にテューリンゲンで自動車製造をしていた国営企業「EMW(アイゼナハ―・モトーレンヴェルク)」の車両が50台以上も並ぶ巨大なガレージは圧巻。車を取り巻く当時の生活を再現したコーナーもあって興味深かったです。お気づきの方もいると思いますが、「EMW」はあの「BMW」の流れをくむ会社。ここに展示されている当時のヒット車「ヴァルトブルク」は今も熱烈なファンが多いそうで、好きな人にはたまらないかもしれません。それにしても、じゃがいも団子と自動車の組み合わせっていうのもシュールですよね……。

いたるところにオスタルギーがただよう、なんともユニークな「クロース博物館」。珍スポット好きな人はぜひ訪れてみてください。

<DATA>
Thüringer Kloss-Welt Heichelheim
住所:Hauptstr. 3 99439 Heichelheim bei Weimar
TEL:03643-4412-223
営業時間:月~金9:00~18:00 土9:00~16:00 日11:00~16:00
入場料:無料 
アクセス:ワイマール駅からタクシーで約10分

取材協力:ドイツ観光局
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。