「見えるから」心が動いて、「出来たから」プロになる

やりたいことを夢中になって追いかけていた時代は、あなたにもあったはずです。

河原の広いグランドを駆け回るサッカー少年の目には
ハッキリと「プロの世界」が見えています。

思いっきりバットを振って走る野球小僧の目には
ハッキリと「プロの世界」が見えています。

氷の上で舞う幼いフィギュア選手の目には
艶やかな衣装を身に付け「世界を相手に戦う姿」が見えています。

自分の姿をウィンドウに映し夢中に練習するストリートダンサーには
「スポットライトを浴びるプロのステージ」
…ハッキリと見えています。

鮮やかに目に飛び込んでくる「見える世界」は、夢や憧れを運んでくれるものです。そして、自分もやってみて「出来たから」もっと先へとチャレンジしたくなるのではないでしょうか。

やりたいこと探し「就職活動」

やりたいこと探し「就職活動」



あなたが今感じている就職活動への大きな戸惑い「やりたいこと探し」。それは、見たことのない「知らなかった世界」を突然選ばなければならなくなった苦しさなのです。

目に飛び込んでくる世界を広げて

「やりたいこと」を焦って探す前に、まずは目に飛び込んでくる世界を広げていくことが必要です。業界の本を読んだり、求人サイトで企業を探すことも必要でしょう。しかしもっと大切なことは、仕事で輝いている人を見つけることです。どんな世界でもプロの人達の顔は、時に厳しく、時に苦しい表情をしているかも知れません。それでも、その先にある達成感を知っているから、心の中には笑顔があるのです。その「笑顔の理由」を感じるために、どんどん出掛けていく、会いに行く、話を聞きにいくことが大切なことなのです。

その仕事で世の中の役に立つ
  • 求めている人に提供する
  • 困っている人の助けになる
  • 待っている人に確実に届ける
  • 不安な人に安心を与える
…そして自分自身の心の中に、大きな笑顔(達成感)を実感する。

働く楽しさを“作業の面白さ”に求めずに、もっと先にある笑顔に求めていくことが分かれば、あなたもきっと「やりたいこと」に出会えるはずです。


「仕事を条件」から探すとどうなる?

就職先に「条件」をあてはめて袋小路にはまってしまう人がいます。

・勤務地・転勤の有無・勤務時間・休日休暇・福利厚生……そして社風や人間関係

仮に求める条件が満たされたとしても、それで仕事が楽しくなるワケではありません。人間は本来「無い物ねだり」だから、いつだって不満は噴出してくるものです。初めて社会人になっていく大学生は、まずは自分からタガを外して「仕事そのものの醍醐味ややりがい」を求めていきましょう。「提供して、提供される」からこそ仕事は楽しいものになっていきます。

「やりたいこと」-いざ仕事(プロ)になれば

「やりたいこと」探しに、そんなに焦る必要はありません。本当に「やりたいこと」を見つけて就職した先輩達でも、意外なほどあっさりと手放して早期離職している現実…それは何故でしょう?

いざ仕事(プロ)になれば、それは「やらなきゃいけないこと」に変身していくからなのです。だから、もしあなたが今「やりたいこと」を見つけることが出来ていないのなら焦らずまずは「やらなきゃいけないこと」から手を付けていくことです。

「やらなきゃいけないこと」それは“働く覚悟”を持つこと………

“飯を食う”ことだけは決心して、生産的な経験をどんどん積むことです。
人は自分に負荷をかけないと力も付かないし、知恵も働きません。毎日少し無理して小さな達成感を積み上げると、そのうち魔法にかかったように「やってて良かったぁ!」という気持ちが生まれてくるものです。そして働く喜びが分かったその時に、あらためて「やりたいこと」を探せばいいのです。

人は「働くこと」に腰が引けた分だけ、どんどん視野が狭くなっていくものです。いつしか「やりたいこと」探しから「今できること」探しになっている人も多いことでしょう。新卒採用はあくまでも“伸びしろ”を期待されることだということは、忘れないでください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。