dポイントカードって何?

2015年12月1日よりドコモが共通ポイントサービスに参入します。「dポイントカード」を新しく発行し、「Pontaカード」や「Tカード」「楽天ポイントカード」と同じように、様々な加盟店提示するだけでポイントを貯めたり使ったりすることができるようになります。

この「dポイントカード」はドコモの「d」がついていますが「docomo」ではありません。ドコモ色をできるだけ排除し、ソフトバンク利用者でもau利用者でも使えることを示しています。

dポイントカードは何が優れているの?

dポイントカードがPontaカードや楽天ポイントカードと違うのは、毎月のケータイ利用料に応じでどんどんポイントが貯まっていくという点です。この点ではソフトバンク利用者のTカードにイメージは近いでしょう。

ドコモのケータイ料金1000円につき10ポイント貯まりますので、1万円程度利用している場合は毎月100円分のポイントが貯まっていくことになります。

この自動的に貯まったポイントローソンやマクドナルドなどの加盟店で利用できるのですから、ドコモ利用者の場合は開始後すぐに作成しましょう。

ドコモ利用者はdカード GOLDを
それ以外の利用者はdカードを作ろう

左:dカード、右:dカード GOLD

左:dカード、右:dカード GOLD

ドコモ利用者
の場合は一般的な「dポイントカード」ではなく、クレジットカードの「dカード GOLD」がおすすめです。dカード GOLDには、dポイントカードの機能も搭載されているため、別途dポイントカードを持つ必要はありません。

dカード GOLD年会費は1万円(税抜)ですが、ドコモのケータイ料金で貯まるポイントが1000円につき100ポイント貯まります。例えば、毎月1万円の利用料金を支払っている場合は1ヶ月1000ポイント貯まりますので1年で1万2000ポイント。つまり、1万円の年会費の元が取れるということです。

ドコモ利用者でない場合は、回線利用料で貯まるポイントはありませんので、一般的な「dカード」が良いでしょう。年会費は初年度無料、2年目以降は前年に1回でも利用があれば無料、利用が無ければ1250円(税抜)です。

>>>なぜ「dポイントカード」ではなく「dカード」「dカード GOLD」なのでしょうか?