過去には年間で「楽天ポイント」を40万ポイント獲得したこともあるという滝沢さん。月平均で約3万円相当のお金が浮いている計算に。貯めたポイントはどんなふうに使っているのでしょうか? そこには、滝沢さんなりのポイ活の楽しみ方がありました。

――楽天ポイントを効率的に貯める秘訣があれば教えてください。

 
ポイント達人の滝沢弥季(たきざわ みき)さん

ポイント達人の滝沢弥季(たきざわ みき)さん

滝沢弥季さん:有名通販サイトやブランドの公式サイトの買い物で楽天ポイントを二重取りできる「楽天Rebates」というオンライン・ポイントバックサイトを使うのも手です。

例えば、提携先には「USAGI ONLINE」や「ユニクロオンラインストア」、「ベルメゾンネット」などの有名ストアがあります。キャンペーンで高還元率になっているストアもあるので、「楽天市場」以外でオンラインショッピングをする時には、とりあえずのぞいてみるのは有効ですね。
 
――いろんな有名店が網羅されているので、使い勝手がいいですよね。私もサプリメントの購入で「iHerb」をよく利用しますが、「楽天Rebates」経由だと4~5%くらいのポイントが還元されますし、過去には20%の高還元率だったこともありました。
 
滝沢さん:まめな情報収集と計画的な買い物が、おトクを逃さない秘訣です。欲しいものは買い物かごに入れておき、「お買い物マラソン」やおトクなタイミングを見計らってまとめて購入する。じっくりと吟味するので衝動買いを防ぐことにもつながり、無駄遣いも減ります。
 
――楽天ポイントを年間40万ポイント貯めたということは、単純に月平均3万円くらいのお金が浮いている計算になります。家計にとって節約効果は絶大ですね。貯まったポイントは、どんなふうに使っていらっしゃるのですか?
 

滝沢さん:ポイントを貯め込んで大きな買い物に充てる方もいらっしゃいますが、私の場合は、貯めたらすぐ使ってしまいます。前回も少しお伝えしましたが、日々の生活費に充てています。外のスーパーマーケットで購⼊する⾷料品などは、貯めたポイントを使うために「楽天ペイ」で決済。⽇常で必ずかかる⾷費にポイントが利⽤できるのはうれしいですよね。支払いのたびにおトクを実感できるので、毎日小さな喜びを感じられ、幸せをかみしめることができます(笑)。

「楽天ペイ」は、対象エリアや店舗などで、ポイント還元や山分けのキャンペーンをやっていることもあるので、新しいキャンペーンが出ていないかどうかをチェックするのが日課になっていますね。過去に「OKストア」で還元キャンペーンをやっていた時には、500ポイントくらい貰いました。「楽天市場」でもおトクなキャンペーンはトップページにバナー表示されるので、一日一回はチェックするようにしています。
 
――電気代と携帯代の固定費は、ポイントで支払っていらっしゃると伺いました。
 
滝沢さん:そうですね。水道代だけは、ポイントでの支払いができないので、デビットカードで決済してポイントを貯めています。
 
――工夫次第でここまでポイントが貯まることを知ると、もはや現金生活には戻れないですね。

滝沢さん:正直、現金で払うのがもったいない気がしてしまいますよね。ポイントを使って決済していなかった頃と比べると、ポイントの貯まり具合が全然違いますし。何かを我慢するといった節約は大変ですしなかなか続きませんが、ちょっとした工夫をするだけで日々の生活もお金の使い方も変えずにプチリッチに過ごせるというのは、ポイ活ならではの醍醐味だと思います。

取材・文/西尾英子

【関連記事をチェック!】
年間40万円相当の「楽天ポイント」を獲得! 20代会社員のポイ活ライフとは?
日々の支払いを3つの方法に分けて家計管理とポイント獲得を両立!会社員のポイ活ライフ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。