冷えが気になるならまずは入浴で改善

気温が下がるにつれ、この時期になるとつらい冷え性に悩まされる女性が増えてきます。お風呂に入っても手足がすぐに冷えてしまう、布団に入っても手足が冷えて眠れないなどは、冷え性の代表的な症状です。

冷え性が悪化すると、頭痛や肩こりだけでなく、冷えによる血行不良で老廃物がうまく排出されずに吹き出物やシミ、シワ、肌荒れの原因にもなってしまいます。毎日のバスタイムで上手に冷えを改善していきましょう。

熱いお湯は逆効果!適温で芯から温めて

冷えを解消するには温めることが1番とされ、入浴がとても効果的です。体を温めると血管が拡張され末端まで血流がしっかりと行き渡り、冷えが改善していきます。ただより温めようと42度位の熱いお湯に浸かるのは逆効果です。熱いお湯は交感神経を刺激して血管を収縮させ皮膚表面しか温まりません。体の芯から温まらないため、入浴後もすぐに体温が下がってしまいます。

38度~40度くらいのぬるめのお湯にじっくり入ることで副交感神経が働き、血管が広がって血液の流れが良くなります。また、足の指をお風呂に入りながら開いたり閉じたりすると、自律神経がより活性化します。ストレッチやマッサージよりも手軽なので、ぜひ取り入れてみて下さい。

冷えはもちろん美容に効果大な半身浴

体の芯から温まる半身浴は冬こそおすすめ!

体の芯から温まる半身浴は冬こそおすすめ!

じっくり浸かると言っても20分~30分の入浴をすると、心臓に負担がかかってしまいます。半身浴なら、心臓に負担もかからず安心です。半身浴では体全体が温まらないように感じるかもしれませんが、温められた下半身の血液はゆっくりと全身を循環していくため、体は内側から温まり、湯冷めもしにくくなります。

また半身浴は、冷え改善だけでなく新陳代謝を高める効果があります。新陳代謝が高まると、太りにくい体質を作ることができ、肌も美しくなります。発汗作用があるので、体内に蓄積された毒素や脂肪、余分な水分も排出できるから美容にとって良いことづくめ。

お湯の高さはおへそからこぶし1個分上(みぞおち)のあたりまでにして、腕はお湯の外に出しましょう。冬場、肩周りの冷えが気になる時は、お湯で濡らしたタオルを肩にあてると肩こりにも効果的です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。