若き開発者によるインディゲーム

downwellの図

白黒赤だけで描かれた画面は、このタイトルの尖ったゲーム性ととても良くマッチしています。

井戸からダンジョンに入った主人公が、とにかく下に下に落ちながら敵を倒して進んでいくアクションゲーム、「Downwell」が注目を集めています。

このタイトルは、2015年3月にサンフランシスコで開催されたゲーム開発者向けイベント「Game Developers Conference 2015」内の、「Independent Games Festival」にて、学生部門に日本人初のノミネートされたタイトルです。つまり、この時点で日本の学生が開発したゲーム、ということですね。世界中の独創的なインディゲームが集まる中、日本人学生がノミネートということで、ゲームメディアなどに注目を集めました。

そしてこのDownwellが、iOS、そしてSteam向けとしてすでにリリースされています。アイテム課金ではなく、買い切りで、iOS版が360円、Steam版が298円。

とても面白いゲームなんですが、大変にエッジが効いているといいますが、尖った作りで、必ずしも誰にでもオススメできる、というタイプのゲームではありません。そこで、最初に人を選ぶポイントを3つご紹介しておきます。この3つを聞いても「どんとこい!」と思った方は、ぜひご紹介を読んでいっていただきたいと思います。


ゲームセンターで100円入れて遊ぶような緊張感。

もう1回の図

悔しくて何度も何度もやっちゃう、そんなゲームです

人を選ぶ3つのポイントですが、1つ目、大変に難しいアクションゲームです。最初のステージでゲームオーバーになる人も少なくないんじゃないでしょうか。2つ目、ステージや敵の配置がランダムで変わります。アクションゲームでありながら、ローグライクの要素を意識してるんですね。よって、何度も失敗しながら覚える、という攻略は通用しません。3つ目、プレイヤーキャラクターのパワーアップ要素は、基本的にゲームオーバーになるたびにリセットされます。つまり、たくさんプレイすれば体力や攻撃力があがっていって、攻略しやすくなっていく、という育成的な要素はありません。

つまり、本当にプレイヤーの腕で攻略しなければいけないゲーム、ということです。暇な時に片手で操作して、パパパッとボタン押して、後は放置、みたいなゲームとは正反対です。両手でスマートフォンを握りしめて、次こそは、と集中して遊ばないと歯が立ちません。

この感じは、今では主流ではなくなった、ゲームセンターで100円を入れてやるアクションゲームの持つ独特の緊張感に似ています。プレイヤーが油断すれば殺しに来るぞ、という緊張感です。ダラダラ気楽に遊ぶのではなく、この緊張感を楽しんで腕を磨いていく、そんな遊び方を楽しみたい人にはうってつけのタイトルでしょう。