ストリーミングゲーム、始まる

PS3の図

PS3とPS4は互換性がありませんでしたから、これは嬉しいニュースです

ゲームを遊ぶには、ゲームハードが必要であり、ゲームの中でできることは、そのハードによって制約を受ける。これはコンピューターゲームの宿命でした。これはゲーム専用ハードはもちろん、PCや、スマートフォンであっても、同じことが言えます。コンピューターゲームでできることの限界は、手元にあるコンピューターでできることの限界を超えません。

その宿命から、解き放たれる日が近づいてきているかもしれません。ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2015年9月16日より、ストリーミングゲームサービス「PlayStation Now(以下PS Now)」の日本国内におけるオープンβサービスを開始しました。

オープンβサービスというのは、簡単に言うと、一般に公開される大規模なテストのようなものです。誰でも利用できますけど、まだ正式版ではないので、そこんところ分かって使ってね、というサービスです。

さて、PSNowの現状を言うと、まだオープンβサービスの段階ですし、内容に関しても、ユーザーから見えればPlayStation4(以下PS4)やPSVitaなどでPlayStation3(以下PS3)の限られたタイトルが安く遊べるよ、というもので、必ずしも大きなインパクトのある内容ではないかもしれません。

しかし、大規模なストリーミングゲームのサービスがオープンβにこぎつけて、しかも、それが快適に遊べるということは、ゲーム業界にとっては大きな意味があります。PSnowについてご紹介しつつ、ストリーミングゲームの可能性についてもお話していきたいと思います。

PS Nowとは

PSVitaの図

VitaでPS3のゲームができちゃうっていうのも十分すごいんですけどね。ボタンの数が少なくてタッチパネルで代用しなければいけない場合があるのが、ちょっと難儀するところではあります

改めて、PS Nowとは、どんなサービスなのかご紹介したいと思います。ストリーミングゲーム、あるいは、クラウドゲームなどと言って、手元のコンピューターでゲームを動かさず、インターネット上のサーバーで処理する、という技術が使われています。

プレイヤーが入力した操作の情報を送信して、インターネット上のサーバーでゲームを動かし、その結果得られる映像と音をまたプレイヤー側に送る、ということですね。

これによって何ができるようになるのか。現時点に関して言うと、PS Nowでは、PS3のゲームが遊べるようになります。もうPS4が発売されて随分経つけど、PS3のゲームが遊べるってすごいことなの? と思うかもしれませんが、驚くべきは、対応ハードでしょう。PS Nowを使うことでPS3のソフトを遊ぶことができるようになるのは、PS4、そしてPSVita、さらには「ソニー製液晶テレビ ブラビア」と「ソニー製ブルーレイディスクレコーダー」の一部機種が対応しています。

つまり、ブラビアやブルーレイディスクレコーダーにPS3のコントローラーである「デュアルショック3」を接続して、ゲームが遊べる、というんですね。ゲームハードはいらないわけです。今現在、ブラビアを持っていて、なおかつゲームハードを持っていない人が、コントローラーだけを購入してPS3のゲームを楽しむという需要がどれだけあるか、という話はあるのですが、それより重要なのは、ゲームハード無しでPS3レベルのゲームが遊べるという事実です。

続いて、PS Nowで遊べるゲームや価格などもご紹介していきます。