新たな横浜の夜景を創造するアートイベント

横浜のみなとみらい地区で、10月30日(金)~11月3日(火・祝)にかけて、秋のアートイベント「スマートイルミネーション横浜2015」が開催されます。
2014年度のスマートイルミネーションの様子

スマートイルミネーション横浜2014 ※Photo:Hideo Mori


象の鼻パークと横浜港大さん橋国際客船ターミナルを中心に、国内外のアーティストによるインスタレーションや参加体験型のアートプログラム、歴史的建造物のライトアップが行われ、子どもから大人まで楽しめます。
「光の実」プロジェクト

「ひかりの実」プロジェクト

上の写真は、初年度から行われ風物詩ともなっている高橋匡太氏プロデュースの「ひかりの実」プロジェクト。果樹園で使われる紙の果実袋に絵を描き、中に小型LED電球を入れ、樹木に飾りつけます。2015年は、横浜市の児童発達支援事業所「ぴーす」に通所する250人の子どもたちが、“笑顔”を描きます。点灯すると色とりどりの小さな光とともに笑顔が広がります。
高橋匡太氏発案の「光の実」

スマートイルミネーションの風物詩「ひかりの実」


ムービングプロジェクターを駆使した野外劇『たてもののおしばい「塔(クイーン)は歌う」』では、クイーンの愛称として親しまれる、横浜税関の塔の部分に顔の映像を投影し、「クイーン」の名曲を歌います。
たてもののおしばい「塔(クイーン)は歌う」

たてもののおしばい「塔(クイーン)は歌う」(画像はイメージ)

下の写真は、2014年に発表された、高橋匡太氏と 柴幸男氏による『moving projection theater「たてもののおしばい」』で、左の建物に顔の映像と、右の建物には、言葉が投影されています。こちらは、DSA 日本空間デザイン賞 2015の優秀賞に選ばれたそうで、最新作の2015年の作品も期待されます。
2014年の「たてもののおしばい」の様子

スマートイルミネーション横浜2014の「たてもののおしばい」の様子

スマートイルミネーションは、太陽光発電や有機EL、畜光塗料、電気自動車のバッテリー利用など省エネルギーのための環境技術を発表する場にもなっており、企業、団体、学校、市民が連携した取り組みが注目されます。
電気自動車を使ったゼロエミッション茶会

電気自動車を使ったゼロエミッション茶会


次の頁では、ひかり遊びを体験できるアートプログラムと船上から眺める横浜の夜景についてご紹介します。