季節の変わり目こそスキンケアを見直すタイミング

季節の変わり目は、肌のコンディションが不安定になりがちですが、とくに秋から冬にかけてはその影響を最も受けやすくなります。一番の理由は、乾燥です。気温や湿度の低下に加え、室内では空調をかけっぱなしにしているので、肌はもうカラカラの状態。肌の乾燥はさまざまな肌トラブルの原因になり、かさつきや赤味といった肌あれ、ニキビ、ひいてはシワ、たるみといったエイジングにもつながります。

そんな時こそ、日々のスキンケアを見直すチャンス! 肌あれ対策としておすすめなのが、スキンコンディショナーと呼ばれている高機能化粧水です。コンディショナーというだけあって、肌機能を整えたり、マイナスに傾いた肌を立て直すという役割があります。

普段使っているスキンケアにプラスオンするだけで、保湿ケアが強化されますし、季節の変わり目による肌トラブルを防ぐこともできるので、この時期はとくに取り入れてほしいアイテムです。

肌あれシーズンの救世主!プチプラスキンコンディショナーを活用

いくつかあるブランドの中でも、手頃な価格で支持されているのが「肌ラボ(R)薬用 極潤(R) スキンコンディショナー(医薬部外品) 」(170ml オープン価格/ロート製薬)。今年発売ながらも、コスパの良さで注目を集めている化粧水です。ハトムギエキス、ドクダミエキスの2つの和漢植物エキスのほか、ヒアルロン酸、スクワランにスポットをあてた処方で、ニキビや肌あれなどのトラブルを防ぐだけでなくうるおいも重視。もちもちとした柔らかい肌に仕上がり、キメが整います。

うるおい効果とコスパの良さが魅力!詰め替え用パウチも便利

うるおい効果とコスパの良さが魅力!詰め替え用パウチも便利


「うるり スキンコンディショナー(医薬部外品)」(200ml オープン価格/カネボウ化粧品)は、1本で化粧水・乳液・美容液の効果を持つ多機能化粧水。オイルフリーのさっぱりとした使用感が心地よく、みずみずしい使用感があります。乾燥しているのにニキビができやすいという人に。

お手入れを手早く済ませたい派におすすめ

お手入れを手早く済ませたい派におすすめ


「ウテナ 薬用スキンコンディショナー」(医薬部外品・150ml・税抜1500円/ウテナ)は、ニキビや肌あれを防ぐ薬用タイプ。ハトムギとハーブエキスを配合していて、不安定な肌の状態を落ち着かせてくれます。また、うるおい効果もあり、角層のすみずみまでひたひたと行き渡り肌がふっくら&柔らかに。使い続けることで、肌が整い皮膚をすこやかに保ちます。

急にできてしまったニキビケアに!

急にできてしまったニキビケアに!



「明色スキンコンディショナー」(200ml・税抜950円/明色化粧品)は、洗顔後すぐに使うことで、後に使う化粧水が肌に入りやすい状態に整える、ブースター機能があります。乾燥が気になる今の時期は、化粧水もなかなか浸透しにくいですから、化粧水の前の仕込みとして取り入れるといいですね。さっぱりとしたテクスチャーで、洗顔後の肌にぴったりです。


ブースター効果で化粧水の浸透力を高める!

ブースター効果で化粧水の浸透力を高める!



そして、最後におすすめしたいのが「ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水」(500ml・税抜650円/イミュ)です。しっとりしているのにベタつかない使用感とシンプルな処方、500mlというたっぷりサイズも人気の理由。たっぷりコットンにローションを浸しコットンパックをすると、角層のすみずみまでうるおいに満たされます。

お得なサイズでたっぷり使えるのがうれしい!

お得なサイズでたっぷり使えるのがうれしい!



本格的な冬になると、ますます肌の乾燥が深刻になりますから、スキンコンディショナーを基本のお手入れに取り入れて、乾燥も肌あれも同時に防ぎましょう!

■DATA
・「肌ラボ(R) 薬用 極潤(R) スキンコンディショナー(医薬部外品)」
170ml オープン価格 ロート製薬
・「うるり スキンコンディショナー(医薬部外品)」
200ml オープン価格 カネボウ化粧品
・「ウテナ 薬用スキンコンディショナー」
医薬部外品・150ml・税抜1500円 ウテナ
・「明色スキンコンディショナー」
200ml・税抜950円 明色化粧品 
・「ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水」
500ml  650円(税抜) イミュ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。