秋はキャンプのベストシーズン

秋のキャンプシーン

秋はキャンプをはじめるベストシーズン!

キャンプやアウトドアに最高のシーズンが秋。虫や日焼けにも悩まされず、焚き火も楽しめるので、女性や子供たちをはじめて連れて行くにも最適です。

赤や黄色に染まった森を眺めながら過ごす時間、冷んやりとして引き締まった空気もアウトドアの醍醐味でしょう。

そこで今回は、僕がこれまでに秋に訪れてとてもよかったキャンプ場を5つセレクトしました。ぜひ参考にしてみてください。なお、山が色づく頃のキャンプ場の朝晩の気温は冬と同じです。くれぐれも防寒対策はしっかりと!


紅葉が楽しめるおすすめキャンプ場(首都圏)

紅葉

色づく木々を眺めながらすごすアウトドアは最高

■栃木 那須
『こっこランド』
以前、ずいぶん通ったキャンプ場です。標高450メートルですが、場内に広葉樹の森が広がっていて、色づく木々を間近に眺めながらキャンプできます。

レンタル用品や売店も充実。コインランドリーもあるなど初心者にも優しい設備が整っています。本格的な露天風呂はおすすめ! キャンプはちょっと……という女性でもキャンプが満喫できまるはず。

公式サイト
住所:栃木県那須郡那須町大島字清水場1031-1
電話:0287-77-2370


■栃木 日光
『菖蒲ケ浜キャンプ場』
ここはオートキャンプ場ではありませんが、それでも絶対におすすめ! 奥日光で中禅寺湖のほとりでキャンプができるのはここだけ。目の前に目の覚めるような紅葉と透き通った湖!! オートキャンプができないとちょっと……という人もぜひだまされたと思って行ってみてください。

キャンプ道具もリヤカーで運べば案外ラク。子供も珍しいリヤカーに帰って喜びますよ。10月いっぱいで閉場してしまうのでお早めに。

公式サイト
住所:栃木県日光市中宮祠2485
電話:
0288-55-0158(代表、フルシーズン)
0288-55-0227(5/1~10月最終土曜日まで利用可)


山伏キャンプ場

山伏キャンプ場(ホームページより)

■山梨県 道志村
『山伏キャンプ場』
山梨県~神奈川県を流れる道志川沿いにある、山中湖に一番近いオートキャンプ場。場内を流れる道志川沿いに紅葉が色づき、秋には絶好の紅葉がりが楽しめます。

区画が川沿いに広がっているため周りのテントがそれほど気にならないのがうれしいポイント。釜風呂が無料というのも良心的です。せせらぎの音を聞きながら深まる秋を感じるのは最高です。

公式サイト
住所:山梨県南都留郡道志村12753-3
電話:0554-52-2052(予約)


■山梨県 富士吉田
『PICA富士吉田』
おしゃれで素敵なキャンプ場として定評のあるPICAのなかでも、ここ富士吉田は森の中に立地。レンタル用品等も充実しており、常設のパオは冷暖房完備のため初めての人でも安心です。また、その時々で子供も参加して楽しめるワークショップも盛んなのもうれしい。

10月は色づいた自然をみつけるワークショップ「森の色合わせ」、11月は「小さな焚き火 Adventure」なども開催。(日程、内容はご確認ください)

公式サイト
住所:山梨県富士吉田市上吉田4959-4
電話:0555-30-4580(予約)


亀山湖

亀山湖の紅葉。関東でも最後のタイミングで紅葉が楽しめる

■千葉県 君津市
『君津市 稲ケ崎キャンプ場』
関東屈指のバスフィッシングポイントである亀山湖畔のキャンプ場。紅葉するタイミングが遅いため「出遅れてしまった!」というときの切り札的に利用できます。

それでも切り立った岩盤に色づく紅葉は絶景で、本当に東京から近い場所なの? と息をのむほど。市が運営しているのであまりサービスや利便生は期待できませんが、その分立地は最高。目の前で紅葉をみながらバスフィッシングができるので、紅葉みながら遊覧釣りと洒落込んでみては?

シャワーはありますがが風呂に入りたければ、車で5分の位置にある嵯峨和旅館等へ行くのも手。事前予約が必要です。

公式サイト
住所:千葉県君津市草川原866
電話:0439-39-3390


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。