百聞は一見に如かず

PS4の図

PS4を未来のマシンへと進化させる周辺機器、それがPS VRです

ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)がPS4用周辺機器として2016年10月13日に発売を予定しているPlayStation VR(以下PSVR)。最初にお伝えしておきたいのですが、この記事は読めばPSVRのすごさが分かる、という記事ではありません。もちろん、できるだけその魅力をご紹介するつもりではありますが、おそらくはこの記事を読んだところで、せいぜい「分かったような気になる」という程度です。

この記事は、PSVRのすごさをお伝えする為の記事ではなく、こんな文字の説明ではそのすごさは到底伝わらない、読んでみてすごそうだと思っていただいたとしても、実際に体験するとそれをはるかに超えるぐらいの衝撃がある、ということをお伝えする為の記事です。百聞は一見に如かずということわざがありますが、PSVRの体験は、まさしくそれです。

PlayStation VRってなに?

PSVRの図

いわゆる、ヘッドマウントディスプレイという、目をすっぽり覆うタイプのモニターを使います

PSVRは、元々は「プロジェクト モーフィアス」と呼ばれていた、SCEが開発している、ヘッドセットをもちいてPS4でヴァーチャルリアリティを体験する為のシステムです。

ものすごく簡単に言うと、海で泳ぐときに使うゴーグルのような形で目をすっぽり覆うモニターを頭から被って、360度、全ての視界を完全にゲーム画面で埋めてしまう、という仕組みです。

しかもその映像は立体視で表現され、音も3Dサラウンド。これを使うことによってどういうことが起こるかといいますと、いささかも大げさな表現ではなく、あたかも自分自身がゲームの世界に降り立ったかのような体験を味わうことができます。伝わらないことを承知で繰り返しますが、これは全く大げさな表現ではありません。PSVRを使うと、いかに人間が視覚に頼って世界を認識しているかということを改めて感じさせられます。

視界を完全に覆うことによって、ゲームの世界は劇的に変化します。この変化は、視覚的な変化でありながら、全身の感覚に訴えかけるような変化です。