編み込みの変形版!?人気のウォーターフォール

今回は編み込みの変形版ともいえる、人気の「ウォーターフォール」をご紹介いたします。ウォーターフォールの作り方をマスターすれば、いろんなアレンジに応用できます。基本のやり方を覚えて、ヘアスタイルに加えていきましょう!!
1

hair 公文啓敬




1

ベースのスタイル

ベースの髪型

顎下レングスのボブ

似合うスタイル

顔型 ひし形 丸 卵 
髪質 軟毛~硬毛
髪量 少ない~多い
クセ  あり~なし




ヘアアレンジの方法・やり方

1

編み込みをしていく

1. ハチのところに編み込みの網目がくるように、編み込みを始めていきます。

 

1

片側の編込みを捨てて、毛束を出すようにする

2. 写真のモデルの左手で持っている髪の下側の髪を拾います。通常の編み込みの場合、持っている髪と拾った髪を合わせながら編み込んでいくのですが、ウォーターフォールの場合はあえて合わせずに、毛束を捨てるのがポイント。

持っていた髪を手から離して、拾った髪だけで編み込んでいきましょう。

 

1

連続して編み込んでいく

3.  1から2の作業を繰り返します。毛束を捨てながら、連続して編み込んでいきます。

 

1

最後はピンで留める

4. 後頭部半分ぐらいのところまで来たら、ピンで留めて完成です。










サイド

1

hair 公文啓敬


バック

1

hair 公文啓敬


サロン:PATIONN 担当スタイリスト:公文啓敬(クモンヒロノリ)

ヘアスタイリスト公文のHP https://kumonhironori.amebaownd.com
店舗情報 http://www.pationn.jp
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。