アクアクリニック トップ > 管理その他 > キスゴムに付着する、白い汚れ

キスゴムに付着する、白い汚れ


Q.ヒーターのキスゴムに、白い汚れが付きます。歯ブラシでこすると取れますが、これは一体何なのでしょうか。また、飼育生物にとって、有害でしょうか。


A.具体的に何かと言われると少し困るのですが、水道水に含まれる各種成分が付着したものだと思います。ヒーターに限らず、水温計のキスゴムなどのゴム製品によく見られます。頻繁に換水していない限り、時間の経過と共にある程度は付着が押さえられる筈です。特に有害ではありませんので、換水時にでもこすり落せば問題ありません

因みに、ガラス蓋などに良く付く白い汚れは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの結晶です。こちらは酢(酢酸)などで擦ると、簡単に取り除くことができます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。