輝くイチョウをたずねて鎌倉へ

鎌倉の紅葉は、温暖な気候のため、ちょっと遅めで11月下旬ごろから12月上旬ごろが見ごろ。イチョウはモミジより少し早く、11月下旬に黄色く色づきます。11月下旬ごろ、鎌倉に紅葉を見に行こうかな、と思ったら、イチョウの木のあるところがおすすめですよ。見事なイチョウのある荏柄天神社や白旗神社をご紹介します。
白旗神社のイチョウの木

冒頭でご紹介する白旗神社ののびやかなイチョウ


岐れ道バス停から出発~おいしいパン屋さんに立ち寄って

出発は岐れ道(わかれみち)バス停。鎌倉駅東口から、大塔宮や金沢八景駅行きバスでアクセスできます。歩くのが好きな方なら、鎌倉駅から小町通りなどをそぞろ歩き、鶴岡八幡宮を抜けて行くのもいいですね。

岐れ道バス停で降りたら、すぐ目の前はベルグフェルドというおいしいドイツパン屋さん。ざらめ糖のかかったパイ生地をカリッと焼き上げた「大耳パイ」など、さっそく、今日のおやつを購入するのはいかが? ベルグフェルドの角を入って進み、清泉小学校の脇を経て、源頼朝墓へ向かいましょう。


白旗神社・源頼朝公墓~イチョウの紅葉が見事

11月下旬ごろには、見事な金色のイチョウの木が迎えてくれます。手前にある公園のベンチで、散りゆく落ち葉を眺めつつ秋のひとときをすごすのもすてき。白旗神社には、源氏の白旗をほうふつとさせる白い旗がたくさん立っています。かつてはここに身分の高い人の遺骨を納めた法華堂がありました。
白旗神社のイチョウ

白旗神社のイチョウ


階段を登って、源頼朝公の墓にお参りしましょう。今、この鎌倉が、多くの人を魅了する歴史や自然あふれるまちとなったのも、幕府を築いた頼朝公のおかげ。森に野ざらしになった石塔のお墓は、その栄華を思うと、簡素なたたずまい。かつての幕府跡を見下ろす、高台の上に建っています。
源頼朝公の墓

源頼朝公の墓


この辺りは森の木々の陰になっていて紅葉が遅く、12月下旬~年明けごろまで、モミジの紅葉が見られることもあります。

<DATA>
■源頼朝公墓

住所:鎌倉市西御門2-6
アクセス:岐れ道バス停より徒歩5分。清泉小学校裏
YAHOO!地図